2015/10/16 12:05:15

私について #212 (日本でも起こっているとんでもない不正事件)

横浜市都筑区の大型マンションが傾いている問題で、売り主の三井不動産グループが、傾いた棟を含む全4棟の建て替えと住戸を購入価格以上で買い取る方針を示した。全世帯700以上、今後数年かけて4棟建て替えとなれば期間は3年以上、費用は200億円以上かかるとの予測だが、建て替えに伴う全居住者の引っ越し費用を考えれば、その額で収まることは無いだろう。


それにしてもなんでこんなことが起こるのだろうか?ドイツの大手自動車会社の不正問題で世界中が大騒ぎになっているが、業種やスケールは違うとは言え、日本でもこのような不正が行われている。地震国日本において、ましてや世界最高の建築技術を誇る日本の施工会社が手抜き工事を見抜けないでいた。もしかしたら施工会社も知っていたのかもしれないが・・・。700戸以上の大型マンションの基礎工事で起こった不正事件。ある意味多くの人の命に係わる、絶対にほっておけない事件だ。


東洋ゴム、今回の旭化成建材によるデータ改ざん。いずれも、大型ビル建設・大型住宅建設に絡む案件で、宅建業者としても強い憤りを感じる。ここもと、企業のコンプライアンス強化で良い意味での企業内内部告発が当たり前になっている世の中で、こんな不正がいつまでもばれないでいると思っていたのか?悪意は無かったかもしれないが、その時のいい加減な対応で、後になって世間一般に多大な負担を強いることとなる。一部の人間の思慮の無い対応で、企業全体は信用を失い、そこで働いている人たちは煮え湯を飲まされる。プロフェッショナルとして働いている人たちの仕事に対するプライド。ほんの一部の人達のいい加減な行動で、その崇高なものが台無しにされてしまうのはあまりにも残念だ。





2015/10/14 11:16:07

私について #211 (グローバル化の意味)

先日、自分の所属する不動産協会渋谷支部主催の新入会員懇親会が開催された。過去一年に入会された新入会員と支部役員との交流の場として、ここ数年自分も参加させていただいているが、年を追うごとにその顔ぶれが国際化していることが印象的だった。ここ数年の円安とアジア地域における経済発展で、それら地域の不動産価格が激しく上昇したようで、今では東京の不動産はとても割安に見えるとのことだった。中には十数億円単位の投資資金が見えている業者さんもおり、物件探しに日々奔走しているとのことだった。とても頼もしい話だと思った。


日本はGDP世界第3位の経済大国である。しかしながら、特に民間ベースで海外から日本の不動産のような実物資産に資金が流入してくることはあまりなかった。それは、海外からの民間資金の流入で沸き立っているニューヨークやロンドンの事情とは明らかに異なっていた。ここ最近、海外資金の流入で日本の不動産が買われていることに、我々日本人が何を思うかは人によって異なると思うが、自分的には、やっと日本も本当の意味でグローバル化してきた、との印象を持っている。日本から海外に行くことだけがグローバル化ではなく、日本国内で海外からの人や資金を受け入れることもできて初めてグローバル化が完成するのだと思う。


折しも、環太平洋経済連携協定(TPP)も大筋合意となった。実際の発効には今後各国が国内で調整しなければいけないことがあるようだが、この流れこそ本当のグローバル化なのだと思う。自国にとって有利になることしか主張しない姿勢から、参加12か国がそれぞれ妥協点を見出しながら、様々な障壁をなくしていこうと努力をし平和的な経済発展を目指す。今後はEUはもちろんTPP関係国以外とも同様な経済連携協定が結ばれていけば、各国の経済発展と平和社会の実現が現実化していくことだろう。







会社概要

会社名
Grande Plaine
カナ
グランド プラン
免許番号
東京都知事免許(2)93934
代表者
大原 仁
所在地
1510064
東京都渋谷区上原2丁目17−2アハトインセルン 101
TEL
代表:03-5738-7028
FAX
代表:03-5738-7029
営業時間
10:00〜17:00
定休日
不定休
最寄駅
小田急線代々木上原
徒歩10分
メール送信はこちら
ログイン
 


123

このページのトップへ