2015/12/17 15:34:02

私について #222 (原油市場と株式市場)

2015年12月15日、米議会の与野党幹部は40年続いた米国産原油の輸出禁輸措置を撤廃する法案を提出することで合意した。米国は第一次石油ショック後の1975年、エネルギー不足への対策として、米国産原油の輸出を原則禁止したが、40年たった今、シェール革命とともに米国の立場が大きく転換することとなった。


水圧破砕法などの新しい採掘技術で米国はシェールオイルを増産し、2014年にはサウジアラビアを抜いて世界最大の産油国となった。一方で国内在庫が膨らみ、米国内のガソリン価格は大幅に下落し、業界からは輸出解禁を求める声が強まってきた。何はともあれ、いよいよ米国産原油が世界に流通し始めることとなってきた。そうはいっても米国産原油がすぐに日本に輸出されることにはならないようだが、今まで中東原油産油国の動向に振り回されていた原油大輸入国日本にとって、米国の輸出解禁は朗報と言える。


ここもと、原油価格は米国の原油生産が急増してきた中で、価格下落が顕著となっている。世界の原油市場の価格動向に大きな影響力を持っていた中東産油国も、米国の増産に気おされる形でその支配力を失ってきた。メディアは、原油価格の下落と米国のゼロ金利解除による市場の不安感が世界の株式市場を押し下げている、と連日報道していた。昨日、不安の一つであった米国のゼロ金利解除が現実のものとなったが、世界の株式市場は急反発した。「米国産原油の輸出禁輸措置の撤廃」のニュースが、今後、原油市場と世界の株式市場にどんな影響をもたらすか?じっくりと注視していきたい。





2015/12/16 10:38:48

私について #221 (変貌を続ける東京の街並み)

東京に長く住んでいて今さら思うこと。1970年代後半大学生の頃、西新宿の淀橋浄水場跡地に高層ビルが建ち始め、その結果それらがファッショナブルなエリアとして注目され始め、それら高層ビルの高層階でデートするのが一つの流行りだったことがとても懐かしい。それ以後、東京は日本の高度成長の名残りを残す中で、日本の首都として毎年変貌を遂げていった。1980年代には「Japan as Number One」が世界的なベストセラーとなり、東京は世界の金融・経済の一大拠点としてもてはやされた。その後バブル崩壊で東京は世界の金融・経済の一大拠点としての地位を追われることとなったが、ここ数年のインバウンド旅行者の急増と2020年の東京オリンピック・パラリンピック招致の成功も追い風となり、再び世界から注目される都市となった。


東京駅周辺は、サラリーマン時代丸の内側が大きく変貌したが、ここ数年は八重洲・京橋・日本橋あたりの変貌が著しい。最近八重洲に行くことがあったが、古めかしく細長かった鉄鋼ビルが立派なビルに建て替わっていて、近日中にオープンするというところまでになっていた。今後も日本橋・京橋エリアも次々と建て替えが行われる計画があるようだ。新宿駅南口、甲州街道南側には多層構造の公共交通機関の交通結節点が2016年春に完成予定で、大規模ターミナルにしては交通インフラにまとまりが無かった新宿を大きく変える可能性がある。そしてその東側には複合ビルJR新宿ミライナタワーも開業する。渋谷駅周辺の再開発工事は既存ビルの取り壊しが急ピッチで進んでおり景色が大きく変わった。完成はまだまだ先の話だが、JR埼京線の渋谷駅ホームの付け替えを含め、渋谷駅周辺の景色の変化を見るのが今から楽しみだ。銀座周辺も、以前ここにどんなビルがあったかわからなくなるくらい、既存のビルは取り壊され新たなビルが建設されている。


英フィナンシャル・タイムズ(FT)グループがまとめたアジア・太平洋地域の2015年の都市ランキングで東京は首位シンガポールに続き第2位にランクされた。2年前の前回調査では第9位とのことで、今回大躍進を遂げた。インフラ・経済成長性・ビジネス環境が大きく評価を上げたのが要因とのこと。以前からそうであったが、ニューヨーク・ロンドンなど欧米の大都市に比べても、東京は群を抜いて街の規模が大きいしインフラも発達している。その規模はシンガポールの比ではない。しかし、それはグローバルではあまり評価を受けていなかった気がする。しかし、ここ数年のインバウンド旅行者など来日外国人が増加し、彼らが実際東京を見て経験し東京の良さを理解し始めた証のような気がする。現在も日々変化をと遂げている大都市東京。今度は世界中の人が住みたいと思う、都市ランキングの一位を目指せるような都市にできたら良いと思う。






2015/12/06 15:24:35

私について #220 (ぶれない経営哲学)

星野リゾート代表の星野佳路氏のインタビュー記事を読んだが氏の明確な経営戦略・哲学が簡潔にまとめられていた。


1.1991年に実家の星野温泉(星野リゾート)の社長に就任してから、星野リゾートは運営会社になることを目標とし現在のビジネスモデルを築き上げた。ホテル業界では、1970年〜1980年代に所有と運営の分離が始まった。この業界において「所有する」ということは「投資する」ということ。「運営する」ということは接客して、食事を作って、掃除するという「サービスを提供する」こと。「運営する」=「サービスを提供する」ことは「所有する」=「投資する」こととは根本的に違うノウハウだ。世界にはホテルを所有したいけど、運営はしたくない人の方が多い。食事も掃除もサービス提供もやりたくない人はいっぱいいる。そこは専門である運営会社に任せましょうとなっている。


2.運営会社から見ると、所有しないことは借金をしなくてもよい、ということ。バランスシート上の資産や負債を増やさなくて済む。それで得られるのが展開の速さ。星野リゾートは2001年にリゾナーレ小淵沢の運営を受託し、軽井沢から一歩踏み出した。それから15年間で、軽井沢に1軒だった施設は35軒になっている。これだけ増やせたのは所有をしなかったからだ。1軒が35軒になって、借金もそれに比例して増えていたら、金融機関に疑念を与えたかもしれないが、運営に特化しフィービジネスに切り替えたことが星野リゾートが成長してきたポイントだと感じている。2012年には実家である「星のや軽井沢」も売却済みだ。所有と運営を分離することは自分にとっては何ら特別な事ではない。


とても理にかなっているし、経営者としての強い覚悟を感じさせてくれるコメントだ。日本においてはあのバブル時代、多くの企業経営者が欲の皮を突っ張らせ、所有会社が運営に、運営会社が所有にまで手を伸ばし、バブル崩壊とともに自分たちの本業までぼろぼろにしてしまった苦い経験がある。自分と同世代に近い星野代表は、バブル時代日本で起こったことを凝視し、現在の氏の経営哲学にあてはめたのだろうか。


最近、星野リゾートが運営する「星野リゾートトマム」が中国のコングロマリットであるフォースングループ(復星集団)の傘下の企業が所有者となることになり、星野代表は周りから若干白い目で見られているようだ。しかし、もともと「星野リゾートトマム」は米国系ファンドのグローブが80%を所有しており、運営を行っている星野リゾートは20%しか所有していない。だからこれについては株式の80%を所有するグローブの決断であり、星野リゾートはトマムの運営を続けていくというシナリオだとのこと。すべからく星野代表のぶれない経営哲学。なんともあっぱれである。







会社概要

会社名
Grande Plaine
カナ
グランド プラン
免許番号
東京都知事免許(2)93934
代表者
大原 仁
所在地
1510064
東京都渋谷区上原2丁目17−2アハトインセルン 101
TEL
代表:03-5738-7028
FAX
代表:03-5738-7029
営業時間
10:00〜17:00
定休日
不定休
最寄駅
小田急線代々木上原
徒歩10分
メール送信はこちら
ログイン
 


12

このページのトップへ