2016/08/27 16:34:30

私について #246 (プロ野球の魅力低下がはなはだしい!)

子供の頃から野球は好きだったし、実際、大学までプレーヤーであった。世代的に子供の頃は長嶋茂雄、王貞治を見ながら育ったこともあり、いつも巨人びいきで、その期待通り巨人は強かった。しかし、長嶋、王が選手を引退してからは、テレビでプロ野球中継をじっくり見る気持ちは失せていった。両氏とも選手引退後監督になられたが、自分にとっては長嶋選手、王選手に強い憧れがあった。そういった意味では、ここ数十年来、プロ野球は興味の持てるものではなくなっていた。


それにしても、今のプロ野球はつまらない。両リーグとも現時点で1強5弱、2強4弱となってしまいっていて、8月末にして勝敗は決したと言える状況だ。各球団のファンにとって、現在上位にいるチームのファンならともかく、それ以外のファンにとっては何を目指して応援したら良いのか、と言う感じだろう。それにたまに中継を見ることがあるが、プレー自体の質が落ちてるような場面が見られ、高いお金を取って観客を集めるに相応しくない、素人のようなプレーが多すぎる。シーズンが終わって本塁打30本以上、打点100以上を記録する選手が何人いるのか。プロ野球のだいご味は、華麗な守備、力強いピッチング、ホームラン、勝負強さ、それらを観客に見せることで感動させる事だと思うが。


イチロー選手をはじめ、今や優れた選手はメジャーリーグに行って成功を収めてしまうからかもしれないが、日本のプロ野球のレベル低下は由々しき問題だ。日本のプロ野球指導者に一言申し上げたい。キャンプではもっと厳しく千本ノックで選手を鍛え、シーズンを通して優勝を争えるチーム作りを目指していただきたい。ゲーム差10以上のチームでリーグ優勝を競うプロ野球なんてぜんぜんおもしろくない。





2016/08/19 11:12:38

私について #245 (寝不足は続く!)

日本人アスリートの活躍で、今日も十分な睡眠をとることはできなかった。しかし、躍動する日本人アスリートたちは国民に感動を与え続けてくれて、自分的には頂いた感動の方が睡眠不足による疲労感よりとても大きかったことが良かった。


女子バドミントンダブルス 高橋礼華選手・松友美佐紀選手ペア金メダル、シングルス 奥原希望選手 銅メダル。いずれも、自分達より20cm程背の高い、男子顔負けのパワフルな相手から、角度のあるスマッシュを受けながらも、死力を尽くしもぎ取った栄冠だ。パワーでは勝負できないが、知力と技でその劣勢を跳ね除けた。奥原選手は金メダルは逃したものの、シングルス準決勝まで勝ち進み、最後は身長差23cmのインド人選手に惜敗した。しかし、あの戦いぶりは日本人の多くを身震いさせたのは間違いないだろう。


女子レスリング53kg級 吉田沙保里選手はオリンピック女子個人種目4連覇はならなかった。「たくさんの方に応援していただいたのに、銀メダルに終わってしまって申し訳ないです。日本選手団の主将として金メダルを取らないといけなかったのに、ごめんなさい。最後は勝てるだろうと思っていたのですが、取り返しのつかないことになってしまって…」。天国のお父様へのメッセージだったのか、吉田選手の号泣する姿を見るのはつらかった。吉田選手にとって何の元気付けにはならないが、どんな人でもそうであるが、いつかは頂点から落ちることは避けられないのだから、再度立ち上がって挑戦してほしいと思う。銀メダルだって十分価値のあるものだから。63kg級 川井梨沙子選手も金メダルを獲得する等、昨日に続き、吉田選手に憧れて成長してきた選手たちが、20代前半の若さで金メダルを獲得する等、吉田選手が日本女子レスリング界に残してきた功績は計り知れないものがある。そのことを日本国民は良く知っている。心機一転、再度頂点を目指してほしい。






2016/08/18 13:35:48

私について #244 (リオデジャネイロで躍動する日本のアスリート達)

お盆シーズンと言うことで仕事は忙しくないが、日本のアスリートたちの活躍で、もう1週間以上寝不足が続いていて、おりからの暑さもあり、自分的には体調は万全とは言えない。大会前からメダル期待のかかっていた競技において、若干悔いの残る結果となってしまった選手もいたようだが、彼らの活躍をテレビで見ている自分たちにとっては、感動を与えてくれるシーンが多く見られテレビの前から離れられない状況が続いている。


アスリートにとってメダルを取ることは最終目標であることは間違いないだろうが、観客としてはメダルは取れなかったけど、感動を与えてもらった場面は多々見られた。そんな中、メダル獲得数は順調に増えていき、競泳・柔道・体操・ウエイトリフティング等かなり期待値の高かった競技、そしてシンクロナイズドスイミング・テニス等、久々にメダルを取り、カヌー競技でもメダル獲得となった。卓球では女子は団体、男子は個人・団体でのメダル獲得。いずれの結果も観客の心に大きな感動を与えてくれた。


昨夜は伊調馨選手の女子個人種目の4連覇がかかっていたレスリング58kg級を見ようとテレビ観戦していたが、48kg級登坂絵莉選手、69kg級土性沙羅選手もあれよあれよと決勝まで勝ち進み、結局、3人とも金メダルを獲得し、伊調選手は4連覇を果たした。その中でも凄かったのは、3人ともポイント上劣勢の中、最後の10秒足らずで劣勢を跳ね返し頂点にたったことだ。これはまさに神業であり、体が震えるほどの感動を覚えた。


今日以降も、伊調選手同様女子個人種目4連覇がかかるレスリング53kg級、吉田沙保里選手、女子バドミントン シングルス 奥原希望選手、ダブルス 高橋礼華選手・松友美佐紀選手の活躍が期待されている。スポーツの祭典もあと数日。その後のパラリンピックのことも考えると今しばらくは寝不足が続きそうだ。







会社概要

会社名
Grande Plaine
カナ
グランド プラン
免許番号
東京都知事免許(2)93934
代表者
大原 仁
所在地
1510064
東京都渋谷区上原2丁目17−2アハトインセルン 101
TEL
代表:03-5738-7028
FAX
代表:03-5738-7029
営業時間
10:00〜17:00
定休日
不定休
最寄駅
小田急線代々木上原
徒歩10分
メール送信はこちら
ログイン
 


12

このページのトップへ