2019/09/24 10:38:59

私について #322 (第9回 ラグビー ワールドカップ 2019)

9月20日、日本対ロシア戦を皮切りに4年に一度のラグビーの祭典が始まった。1987年に第1回大会が開催されたなど、実はラグビーワールドカップの歴史は浅い上、2007年の第6回大会のフランス以外、過去の開催ホスト国はほとんどが英連邦の国であり、今回日本が開催ホスト国に選出されたのは、ある意味意外な出来事だったのかもしれない。また、ラグビーは英国で生まれ、オックスフォード大学とケンブリッジ大学の定期戦を伝統の一戦とするなど、上流社会の雰囲気をまとっているのが一種の誇りで、そのことが競技人口の制限と国際化やプロ化の遅れを招いてきたと言われている。そして興味深いのは、ラグビーの世界では、サッカーと同じように、イングランド・スコットランド・ウェールズは、実質的にはイギリスの正式名称である、United Kingdom of Great Britain and Northern Irelandの地域の一つにもかかわらず、それぞれが一つの国として参加していることである。ましてやイギリスの一部地域である北アイルランドの選手にいたっては、アイルランドの選手として参加していることだ。「以前は我々の領土だった」と言って、今は他国である領土を力ずくで奪ってしまう国がある今日この頃にもかかわらず、ラグビーの世界は独特な世界を醸し出している。


日本でのワールドカップ開催ということもあり、ここ最近は、新宿駅や明治神宮前駅では世界各国から自国応援に来日したと思われる、インバウンドの方々が多く見受けられ、とても華やかな雰囲気に包まれているのが心地よい。来年の東京オリンピック・パラリンピックも控え、しばらくは日本各地は国際色豊かな景色が続くだろう。


ゲームに関しては、日本は初戦硬さが見られた中、序盤は苦しい展開もあったが徐々に力を見せ始め、結果30対10で勝利した。次戦は現在世界ランク2位 優勝候補の、アイルランド戦だが、前回大会で強豪南アフリカを破った実績があるので、今回もやってくれるのではないか、との期待が膨らんでくる。地元開催という特別なプレッシャーがあるが、何とか予選を突破し、決勝トーナメントに駒を進めてもらいたい。日本国民の応援を背負って頑張ってほしい!!





2019/09/13 10:04:39

私について #321 (日産、旧経営陣のモラル)

2018年11月、元社長兼最高経営責任者 カルロス・ゴーンが東京地検特捜部に金融商品取引法違反の容疑で逮捕されて以来、日産経営陣のスキャンダルは、まだ終息の気配が無い。それどころか、カルロス・ゴーンを日産から追い出した張本人である、前社長兼最高経営責任者 西川広人の不正報酬受領が発覚し、取締役会決議によって、彼はその地位を追われた。カルロス・ゴーンによる、会社を食い物にしたような、一般人からすれば間違いなく背任行為とみられる、数々の振る舞いで、日産という会社そのもののガバナンスが問われていた矢先、こともあろうか、その後の会社立て直しを誓った西川までもが、自分に都合の良い不適切な報酬を得ていたとは・・・。今年6月に一部報道で報酬疑惑が明るみに出て以降、東京証券取引所を傘下に持つ日本取引所グループ(JPX)は西川の不正報酬について、日産で投資家向け広報を担当する幹部に何度も説明を求めたそうだが、それが発端で本格的に経営陣が危機感を持ち始め、今回の取締役会の判断に至った。


時代の変化とともに、ここ数年自動車業界にも大きなうねりが起こってきた中、日産にとっても正念場であったはずだが、昨年来のカルロス・ゴーン、西川広人など社長兼最高経営責任者による金銭に絡むスキャンダルが後を絶たない状況。足元の業績悪化は深刻であり、今年7月には2023年3月末までに生産ライン14拠点でライン停止や縮小、従業員12,500人の削減に着手すると発表したばかりで、いずれも従業員が痛みを伴う過酷なリストラだ。


加えて、日産は金融市場において資金調達するための社債発行(2,500億円)を延期せざるを得なくなった。株式市場でも過去1年で日産の時価総額は約3割(1兆3,000億円)減少するなど、市場から厳しい視線を向けられている。米国格付け会社S&Pは今年5月に日産の格付け見通しをネガティブに引き下げた。


2018年11月のゴーンショック以降、世界の多くの視線が当たっていた最中の、新たな経営陣によるスキャンダラスな出来事で、今後の日産の行方は益々混沌としてしまった感がある。単独で2万人以上、連結で14万人弱の従業員を抱える大企業の経営者としてのモラルはいかばかりのものだったのか。グローバル企業日産の窮地を救える救世主の到来を強く望む。






会社概要

会社名
Grande Plaine
カナ
グランド プラン
免許番号
東京都知事免許(2)93934
代表者
大原 仁
所在地
1510064
東京都渋谷区上原2丁目17−2アハトインセルン 101
TEL
代表:03-5738-7028
FAX
代表:03-5738-7029
営業時間
10:00〜17:00
定休日
不定休
最寄駅
小田急線代々木上原
徒歩10分
メール送信はこちら
ログイン
 


このページのトップへ