2020/04/21 9:56:05

私について #335 (原油価格急落が意味するもの)

日々の生活や企業の生産活動そして社会インフラなど、そのどれもはエネルギーが無ければ成立しない。そのエネルギー得るためをには原油が必須で、それも常に安定的に供給される必要がある。ただ残念なことに、歴史的に原油をめぐって様々な争いごとは絶えることは無かったわけで、原油自給率が数パーセントしかない日本は、事が起きれば大きな影響を受けてきた。自分が覚えている出来事は、1970から1980年代に起こったオイルショックで、原油価格急騰を受け日本経済や社会生活が大きく揺らいだことだ。それこそトイレットペーパーが店頭から消え、多くの物資の価格も上昇した。しかし、幸いなことに日本は企業努力と理性的な国民が多かったこともあり、その後のオイルショックおいても無難に危機を乗り越え、世界第3位の経済大国の地位を得ることができた。そんなことを思い返してみると、基本的に原油価格が急上昇すると経済・社会が混乱するという流れがほとんどだった。


4月20日、米国ニューヨーク商業取引所の原油先物相場は、価格の指標となる米国産WTI(ウエストテキサス インターミディエート)原油の先物価格(5月限)が1バレル=マイナス37.63ドルで取引を終えた。これは原油先物取引が1983年に始まって以来の最低水準だとのこと。このマイナス37.63ドルの意味は、売り手が1バレル=37.63ドル支払って原油を引き渡すということ。通常の売買であれば売り手は物を渡してお金を受け取るが、この場合は物もお金も買い手に渡さないといけない。なぜそんなことになるかというと、一つにはこの取引が先物取引で、その取引最終日が4月21日とあと一日しかないので売りたい人は次の日までに売らなければならないこと。二つ目は原油先物取引は、売り手にとってはお金を受け取ると同時に現物の原油を買い手に渡す必要があること。ここで厄介なのは、原油の現物を保有するには石油タンクとかに貯蔵しておく必要があり、それにはそれ相当の費用がかかることが避けられない。今回お金を払ってまで原油を打った売り手は、原油を保有し続けるコストを考えるとお金を払っても原油を渡した方が良いとの判断で売却した。明らかに大損をしてしまったことになる。一方買い方はお金をもらって原油を手に入れたわけで、理論的には大儲けしたことになる。


今回のマイナス価格での引け値は、売買のテクニカルな事象から起こったもので実態を反映したものではない。しかし、感染症拡大で全世界の経済、社会活動が停止状態となっているため、原油は消費が進まずダブついた状態になっていて、物の価格を決定する需給関係のバランスが大きく崩れてしまっているのが現実なので、価格が上昇に転ずることは期待できない。本来、経済・社会活動を人間の体とすれば原油は血液のようなものであるが、現時点では産業廃棄物レベルに成り下がってしまった。これは異常事態であり、我々としても、電力料金やガソリン価格が下がることを喜んでいる場合ではない。


欧米では危機直後にもかかわらず、政府は目先厳しい状況に置かれる企業や国民への救済を実施した、と言われている。そして今、感染者、犠牲者数のカーブがピークアウトしてきたとのことで、経済、社会活動の再開の道を探り始めている。何よりも大切なものは人の命であることは万人が認めることだが、経済、社会活動を止めたままにすれば、別の形で人の命が危うくなることが意識され始めた。それは日本でも同じはずだが、危機直後の日本の政治家の対応の鈍さを見ていると実に心もとない。今ここにある危機はこれからが正念場だ。政治ショーに明け暮れている場合ではない!







2020/04/18 10:58:05

私について #334 (政治3流の国!)

日本人そして日本の文化・伝統が世界でも脚光を浴びるようになり、ここ数年インバウンドと呼ばれる海外からの旅行者が多く日本を訪れるようになった。昨年はラグビーワールドカップが開催され、世界の多くの人たちが日本人そして日本の文化・伝統に益々興味を持つようになり、やっと日本もグローバルな世界へその第一歩を踏み出したことを強く感じるようになった。しかし、無情にも世界的な感染症拡大で人・物・金の流れが止まり、同時に日本へのインバウンド流入も途絶えた。この状況がいつまで続くのか全く見当がつかない中、インバウンド流入が途絶えたのはしょうがないとしても、感染症蔓延リスクの中、国民の明日の生活がどうなるかがわからなくなってしまった感が強くなってきた。こじんまりと生活している自分はなんとか今しのぐことはできているが、世の中には今この時の生活に追われている人が多くいることが推察される。経済がほぼ完全にストップしてしまった中で、多くの人たちが職と収入を失っているのが現状。この状況を少しでも和らげることができるのは政治家、それもその頂点に立つ総理大臣だと思うけど、ここ一か月の彼の言動を見ていると、比較的温厚な性格である自分にも腹が立つ場面が多くなってきた。意思決定能力の無さと第3者から見れば彼のプライベートな部分のメディアでの露出。どれをとってもはっきり言って失望感溢れる醜態の連続。


60年以上生きてきた中で、日本は経済1流、政治3流と言われてきたが、その概念はほとんど変わらないままだと思う。ただ1流の経済はここ数年の真の経済のグローバル化でその地位が危ぶまれてきている一方、日本は文化・伝統の面で世界で脚光を浴びるようになってきたが、それはとても誇らしいことだと思う。その流れは今後も維持していかないといけない。


今ここにある危機は、中長期に渡って企業に襲い掛かる危機である金融危機とは異なるもので、我々一般国民に短期的に直接襲い掛かるものだ。だからこそ時間をかけずに危機に陥っている人たちへ救いの手を差し伸べる必要がある。感染症拡大阻止と一般国民救済は同時に進める必要がある。「総額108兆円規模の緊急経済対策を実施する」などの政治家独特の枕詞はいらない。とにかく早く国民へお金を渡す必要がある。谷は深いかもしれないが、日本人には高い山を登りなおす力はあるはずだから。







2020/04/11 11:21:07

私について #333 (忍耐強く生きるとき)

日本でも一部地域で緊急事態宣言が発出されたこともあり、今起こっている事の重大さを再認識することとなった今日この頃。今年1月23日「建国以来の非常事態」で中国湖北省武漢で公共交通機関までも止める都市封鎖が実施された時にニュースが映し出していた人のいない武漢の街を見たとき、それは日本ではとても起こりえないこと、と高を括っていたが、いよいよ東京でもそれに似た景色を見るようになってしまった。それも他人事のことではなく、自分もその舞台に立っている現実。目に見えない敵との戦いは終わりを予測することが難しく、地球上全ての人々の生活や経済のリズムを壊し始めた。今なお一日で数百人の人が亡くなられている国がある一方、それからは持ちこたえているが、感染者の急増で医療崩壊寸前まできている日本の状況は、幸いにも今健康でいる自分にとっても,いつ自分の身に降りかかってくるか不安な思いに駆られてしまう。仕事は無いわけではないが、人の動きがかなり鈍くなった今はあまり忙しいとは言えないことが心配だ。


Stay homeと笑顔で都知事が毎日おっしゃるので、一時間ほどの散歩ついでの買い物以外は家にいることが多くなった。よって運動不足になりがちになっている今日この頃だが、ここ10年程通っているホットヨガ スタジオが会員用に送信してくれているYouTubeを見ながら、自宅で運動している。スタジオでやるほど気持ちは入らないが、体を動かす動機付けにはなるので助かっている。


今は世界中の人たちにとって忍耐強さが求められている時。明けない夜はない、ことを再確認し、この事態から一刻も早く逃れられることを願う。






会社概要

会社名
Grande Plaine
カナ
グランド プラン
免許番号
東京都知事免許(2)93934
代表者
大原 仁
所在地
1510064
東京都渋谷区上原2丁目17−2アハトインセルン 101
TEL
代表:03-5738-7028
FAX
代表:03-5738-7029
営業時間
10:00〜17:00
定休日
不定休
最寄駅
小田急線代々木上原
徒歩10分
メール送信はこちら
ログイン
 


12

このページのトップへ