2019/03/22 10:23:59

イチローさんの引退

最近のテレビは騒々しいだけであまり見なくなってきていましたが昨夜ばかりは別。珍しくチャンネルをどこにしようか迷いました。イチローさんの試合と羽生結弦選手の試合があったからです。ついでに世俗的ではありますが家電芸人も興味深くて・・・。(笑)


試合終了後にイチローさんが記者会見をするというのでまあまあ遅くまで起きていたのですが待ちきれず結局は就寝。今朝のニュースで確認しました。あれほど偉大な選手でさえも舞台を去る日が来るのだと「諸行無常」、鴨長明の一節が頭脳の中に流れました。


イチローさんについては拙ブログで以前取り上げたことがあります。小学生の時の作文が素晴らしかったことを紹介したくて書いたものでした。


どの会見なのかは不明ですがテレビではたくさんの悔しい想いをしてきたこと、近所の人から笑われても野球を頑張って来たことなどが語られ特集されていました。


ブログ主はイチローさんを想うと自然と背筋が伸びて意識が良い方へ変化します。ほんの一歩でもイチローさんの努力の真似をしたい、近づきたい、もしかしたら今よりはちょっとはマシな自分になれるかもしれないと身を律する意識が芽生えます。


そんな良い気分になれた時はいつもの日よりはほんの少しではありますがだらついた日常に新風が吹き込み、自分にとっては良い一日だった、有意義だったと自信が持てるまで何かに夢中になれたりします。


努力のお手本、努力を結果に結びつけた偉人、努力で目標を達成していく姿に感動する時間を共有できた喜びがありました。私がイチローさんを素晴らしいと思うのは単なる肉体的な練習や努力だけでなくそこに戦術、頭脳的な作戦、思慮というか哲学的要素が多分に感じられるところです。道具を大事にするところ、バットをそっと置くあのしぐさは他の選手では見られない光景です。


日常のたゆまぬ努力と努力を継続することは言うは易く行うは難しです。しかしその困難な行いを3歳から45歳になってもなお継続してきたからこそ引退の花道が待っていました。


3月の卒業シーズンで今年は天皇陛下のご譲位による改元が待っています。平成の偉人の引き時としてこれほど相応しい時期、舞台があるのかと神がかった運命の不思議さがあります。






2019/03/18 10:00:03

そのお金で違う何かが買えるけど

3月の日曜日は新生活を始める準備のためか色々なお店が賑わっていてなによりです。昨日、長町のヨークベニマルに行ったら向かいのIKEAの駐車場入り口は満車のためか長い車列が出来ていました。家具や小物をそろえるのでしょうね。


買い物をする時に気をつけなくてはならないのが以前書いたクーポン券やポイントの呪縛ですが、もっとありがちなのが視野狭窄。買うことに夢中になって視点が狭くなるという現象です。


例えばAを買うかBを買うかと迷う場面。片方は高い、もう一方はほどほど。立派なものが欲しいのはやまやまなれど、予算もあります。ある本に書いてあったのですが「その差額で欲しかった〇〇が〇個買える」という選択肢を追加して考えるという解決策が紹介されてありました。


例えばドラム式洗濯乾燥機と普通の洗濯機で迷っていて、ドラム式洗濯乾燥機が高い場合・・・。差額で出来る他の事を頭の中でイメージして、その差額を出費することで失う他の買い物と比較検討してどちらを買うか決定するという手法です。


差額が10万円だったとして、10万円で素敵な流行の洋服や靴やバックを買うイメージをし、洗濯乾燥機が機能的なことの引き換えに手持ちの服の枚数を減らす価値が自分にとってあるのかどうか・・・。10万円分、クリーニング屋さんにお任せして楽が出来るとしたら何回分だろう・・・。みたいなやり方で考える訳らしいです。


地域によっては水道料金が高いために長期的にみるとドラム式洗濯乾燥機の方が経済的になることもあるらしい。機能性が優れていることで時間とストレスが軽減されるメリットがあるかもしれない。


Aを買うか、Bにするか、の2択で考察するだけでなく、もう一歩広げてBにすることで得られる何かを選択肢に加えて思考することでより良い判断が出来たらいいいですよね。









2019/03/11 9:39:47

セルフレジより店員さんが好きだったりして

今日3月11日は東日本大震災から8年です。


黙祷をしました。


この8年で変化したことはいろいろあります。日付が日付だけにどうしても震災時との比較になってしまいますが、あの時困ったことの一つに買い物がありました。東日本大震災の時も北海道地震の時も買い物に苦労したなあなんて思い出しました。


今日の私はありがたい事に豊富な品物に囲まれ暮らせています。窮地の時のお店の人たちの底力はイカシテいましたっけ。停電でレジが動かなくても知恵を働かせて頑張って販売してくれました。心意気に感謝したものでした。


8年前から本日までて私が感じた近所のスーパーマーケットの変化は「セルフレジ」が一般化してきたことです。ウジエスーパーさんやデイリーポートさんでは店員さんが入力した後、お金を払うところだけ。自分でお金を機械に投入するやり方です。ヨークベニマルさんの場合は品物の入力と支払いの両方を自分でする形です。


このセルフレジですが、機械に自分でお金を入れるやり方の初体験はたしか岩沼市玉浦地区にある大きなスーパーマーケットでのことでした。ここは津波で被災した方たちが集団で移転してきた世帯が多い地域です。オープンから程なくしていってみた時にレジの近代化に感動したっけなあ・・・。


近所のヤマザワはずっと全部のレジでベテランの店員さんたちが精算をしてくれていました。ところが、まだ1か月も経過していないと思われるのですがセルフレジがついにヤマザワにも導入されました。


1回目は平日でした。店員さんたちに呼びかけられてやってみました。あたりを見回すと対面のレジには〇人くらいずつ待っていて列を作っているというのにセルフレジの方には空きがあっても人が来ません。最初だからとまどっているのかなと思い気にしなかったのですが2回目の昨日もまたセルフレジは人気がないままでした。


自分はというと1回目はどんなものかと興味しんしんで初トライ。nanacoとにこかカードの違い程度で難なくクリアです。2回目の昨日は空いている方に行きました。だって日曜日はポイント10倍セールで店内はハイテンションで混雑していますから。あれー?やっぱりセルフレジは数台の空きがあるのに、皆さん根気よく〇人待ちくらいでも並んでいらっしゃる・・・。なんでだろう。


私の推理ですが、店員さんにレジ打ちをやって欲しいからこそ他店ではなくヤマザワに来ているのかもとガッテンしました。だってヤマザワの上手な店員さんたちってものすごくさばき方がうまいのです。結構な人数が並んでいても大してイラついたことがありません。むしろ惚れ惚れしつつ待ち時間に手さばきを見ているのが楽しいくらいです。


常連のお客様たちにとっては慣れないセルフレジでドキドキまごまごするくらいなら、店員さんのいるレジに並んだ方がストレスなく快適で楽しいからじっと並んで待っているのかも。なんてったって「絆」も出来ることですし。


急いでいるときの選択肢も出来たから、そのうちレジのバランスが取れるようになっていくのだろうなと思います。







会社概要

会社名
(有)グラントップ
カナ
グラントップ
免許番号
宮城県知事免許(4)4809
代表者
山田 嘉子
所在地
9811107
宮城県仙台市太白区東中田2丁目1−38
TEL
代表:022-741-0730
FAX
代表:022-741-2335
営業時間
09:00〜17:30
定休日
土日・祝
夏季・年末年始・大型連休
最寄駅
東北線南仙台
バス乗車4分
バス停名東中田六丁目分
バス停歩3分
メール送信はこちら
ログイン
 


123

このページのトップへ