2010/01/30 14:16:41

私道の電柱使用料

 先日、何年分もの電柱使用料金をいただきました。とある私道にある、細い1本の電柱のおかげです。

 その私道持分を持ったときから、この電柱の使用料金がもらえていないことに気づいてホンの少しですが疑問に思っていました。持分があるのになぜ何の連絡も支払いも名義変更・確認などがないのだろうかと。

 共有の私道で何人もの所有者がいるので、年間1500円の何十分の一の何年分とかいう世界ですから、みなさんが驚くような金額ではありません。無いよりはもらえたほうがうれしいという程度の金額のものです。このたび、近所関係に聞き込みをしなくても、自然に無事に疑問が解決できました。では、なぜ、自分で調査をしなかったのに、何年分もいまさらながらいただけたのか・・・。
 
 その私道は、昔、とある造成業者さんが作り、分譲していったわけです。私道は、その都度、接する土地の所有者に持分を分けていき、ついに完売。しかし、電柱使用料の支払い先の名義は、造成・分譲した会社の名義のままだったわけです。電柱も、電力さんのものではないし、分譲業者さんは手広くやっているので、いちいち1本ずつチェックしてなかったのでしょうね。
 ところが、他の箇所でも、似たように、本当は私道の持ち主に払うべきものが、分譲会社のままのものがあることが発覚。たくさん電柱を必要とするその会社さん(電力さんではありません)は、全地域の、全部の電柱の私道所有者を洗い出すことにしたそうです。そして、一人ずつ調査・支払い・その他の確認をしていっているわけでした。
 日中は不在のお宅も多いので、気が遠くなる作業です。しかし、大事で必要な作業ですね。登記を調べても、所有者が移転したり、電話番号が調べられなかったりしていて、確認作業はかなり大変なのです。
 
 もしかしたら、皆さんにも、何年も知らずにたまっていた電柱使用料の入金があるかもしれませんね。ところで、気がつかづに、何年分も、既にお金をもらってしまった分譲会社さんと支払い義務のある会社さん。いままでのお金はどう処理していくのでしょうか・・・。新たな疑問が・・・。



2010/01/28 10:48:58

家賃支払いでポイント獲得

 ポイントの続きです。賃貸住宅を借りている方の中には、管理会社さんから、○○カードに入会して、家賃をそこから支払うのがお貸しする条件です。などと、言われて、カード払いで家賃を支払っている方たちも多いはずです。各社とも○○利用料の割引とか、○○サービスなど、くふうされている魅力的な「オマケ」のサービスもあって目を引きますね。転勤で他所の物件にご入居の場合、関連会社のアパートご入居で、賃料や仲介手数料が割引サービス・・・。ということもあります。

 なぜ、アパートの管理会社さんは、カード払いを条件にするのでしょうか。推定する答えは、信用力の調査のためと、事務手続などの簡易化かなあ。と思います。カード会社の審査を条件としている、連帯保証人代行会社さんもあります。

 つまり、アパートの入居審査をクレジットカード会社さんとタイアップして行うとします。カード会社には、豊富な情報があります。それをもとに、ブラックリストで賃料の支払いが滞り、大家さんに迷惑がかかってしまいそうな入居者を、なにも知らずに入れてしまい、トラブルの発生することを防止できると考えられるからです。一度滞納する人が入ってしまいますと、とりたて、立ち退き、その他大変な労力と時間が、かかるわけですから。

 お客様にとっては、カードによってポイントが溜まり、その他のサービスも効率よく手に入れるチャンスになりますから、管理会社さん、入居者さんともに、うれしいシステムですね。(カード審査でお入りになれなかった方はまた、違ったお部屋を探していただくことにはなりますが・・・。)

 ただし、ご入居者さまたちは、ご注意も必要です。つまり、家賃はきちんと遅れずに支払いましょうということです。なにかの拍子に支払いが滞り、繰り返されてしまっては、次のアパート探しに支障をきたすことになってしまうことも。信用は、積み重ねが大切ですから、支払日に預金残高不足にならないように、チェックしておきましょう。

 もちろん、これは、カードの利用の有無だけが問題ではありません。ポイントのたまるカード払いでも、ポイントのつかない銀行の自動送金サービスにしても、支払日は、銀行でご記帳・送金・残高チェックなどのお手続きをお願いします。
 



2010/01/26 13:57:58

住宅版エコポイント

 エコポイントで薄型テレビなどが好調な売れ行きです。とある家電メーカーさんのテレビコマーシャルは、台所で使う電化製品でしたが、ポイントが付かない製品のせいなのでしょうか。自虐的な構成で、アピールしていました。

 さて、住宅版エコポイント制度の準備が始まっています。期待して取り組む販売会社さんは、たくさんあることでしょうね。不動産業者としても、住宅購入のための土地探しなど、ビジネスチャンスが広がることを期待しています。
 国土交通省では、内容理解のための、セミナーなどが予定されています。あたらしい制度は、販売側も勉強しないと、お客様に対応できませんから、けっこう頭の体操になります。もちろん、お客様もせっかくのチャンスですから、逃す手はありません。双方ともオトクになってほしいものです。

 エコポイントも定額給付金も、そういえば、漢字を読み間違えた麻生総理の時に、とにかく見切り発車のようにスタートしたものでした。いろいろ非難されながらも、今ではこうして、少しでも国内で消費の動機付けになっているところをみますと、やらないよりはやってよかった政策なのでしょう。だからこそ、政権が変わっても、期間延長するのでしょうから。自民党の経済政策は、消費発掘自立系といったところでしょうか。

 鳩山総理は、先日、四字熟語の朝三暮四の意味を質問されてました。残念ながら、不正解でした。理数系の総理には少し難易度が高かったのかもしれません。いずれの政党党首でも、国語力万全というのは難しいのでしょう。民主党になってからの景気対策は、子供手当てとか、○○無償化とか、どちらかというと、施し配布依存系?。

えっ? エコポイントだって施し・・・と言えなくもないかもって・・・。

さて、どちらの考え・政策の方が経済効果が上がるのでしょうか。まずは結果待ちです。




会社概要

会社名
(有)グラントップ
カナ
グラントップ
免許番号
宮城県知事免許(5)4809
代表者
山田 嘉子
所在地
9811107
宮城県仙台市太白区東中田2丁目1−38
TEL
代表:022-741-0730
FAX
代表:022-741-2335
営業時間
09:30〜17:30
定休日
土日・祝 毎週水曜日午後
夏季・年末年始・大型連休
最寄駅
東北線南仙台
バス乗車4分
バス停名東中田六丁目分
バス停歩3分
メール送信はこちら
ログイン
 


123

このページのトップへ