2011/05/31 13:03:27

特売チラシで感激

新聞の折込広告が少しずつ戻ってきています。チラシそのものが入り始めたのはもっと前からですが、肝心の「内容が戻ってきている」という意味です。


スーパーの折込は大好きで見るのですが、震災直後からは「特売」という感じよりも店が開いています・・・。という風なところ。本日、火曜日は、パワーが震災前に近いくらい「お値打ち品」が満載になっていました。いままでも、火曜日はお買い得商品が多い曜日でしたので、懐かしい感触です。


55円均一とか、77円均一とか、タイムサービスという、日常のチラシの文字が各店で見られ、まさに安いと感じるほどの営業努力が感じられます。競争が戻ってきているうれしさがあります。


震災直後は、品物がお店に陳列してくれているだけでありがたく、出むくことができる範囲に店の姿や建物があることだけで感謝していました。台風一過の日本晴れの晴天の今日。5月末日の近所のスーパーはそれぞれの品揃えと価格を競い合い、お客様にアピールしています。


品物があるってうれしい。店があるってうれしい。そして選べるってうれしい。


あの日から2ヶ月半でここまで取り戻した日本の底力に乾杯です。ほんとうに繰り返しながれる例のテレビコマーシャルではありませんが、゜日本はすごい国。みんなでやればきっとできる・・・。という事実を身近な生活で日々、目の当たりにしています。


壊れていた店はきれいに修繕されて開店しています。空きだらけだった棚には品物が戻りました。牛乳もヨーグルトも、納豆もあります。個数制限もありません。食べ放題に納豆が購入できる喜び・・・。


流通関係者とすべての生産者と、なっとうのフィルムや印刷会社さんや、書ききれない全員に「ありがとう」という気持ちです。


明日から6月。ますます元気にがんばろう。宮城。がんばろう東北、頑張ろうニッポンです。





2011/05/28 17:22:21

ツツジの名所

宮城県にはツツジの名所が各地にあります。山全体が朱色にそまるのは、南三陸町と本吉町の境目あたりにある「田束山」です。山を見渡すとこれでもか・・・。というほどの本数のつつじが斜面に咲き誇ります。あまりの数に、圧倒されてしまった記憶があります。


先日、知人がその方面を通ったら、その花の名所が気になって仕方なかったとか。仕事でなければさぞ、寄り道したかったのでしょうね。そういった山全体がつつじに覆われるのは、気仙沼方面の徳仙丈山も同じです。


石巻の場合は街中の日和山公園です。海を見渡す斜面におおぶりの花が丸く刈り込まれて手入れされています。もっと近場ですと、そのへんの公園。たいていつつじが植えてありますから、それなりに楽しめます。


山は、例年よりも大分観光客の足が遠のいて、しずかな見ごろになっているようなニュースがありました。


今は、どこもかしこもつつじの花が最高の見ごろを迎えています。残念ながら週末なのに雨。それも強烈な・・・。花の色が雨でとけてながれてしまわなければいいのですが・・・。





2011/05/27 12:55:18

減額 株主総会対策A

「白紙委任状」というのが不動産取引などを扱うテレビドラマで登場しますよね。ドラマの小道具としては、たいてい、ダーティな場面のアイテムです。白紙委任状を渡した人はたいてい困ったことになって大いに苦悩する・・・。というのが定番です。どんな弊害がもたらされるのか・・・。人生を生きてきた人。危機に瀕したことがあるひとならその怖さについての説明は不要のはずです。株主総会に白紙委任状を出す影響について、この創作では焦点をあててみたいと思います。


では、いつもどおり、嘉子の創作「減額」続きです。


尾宅は上司のメンバーリストのチェックを手伝いながらあることを思いだしました。問題のアパートの大家様が自分たちの不動産管理会社の株主でもあった・・・。という事実です。先代の社長の時代に大家様と先代社長は仲良しだった。だから、付き合いでほんの少しの数の株式を取得していたのでした。尾宅はそんな話をアパートの談話室で、誰かが話題に上げていたことを思い出したのです。


おそらく大家様は今回の株主総会に出席するのではないか・・・。


上司は尾宅の指摘にドキリとしました。多くの株主は減額問題を社会の噂で聞いていたとしても、それほど深い思い入れはないはずだ。決算書の不備かミス程度と説明てしまおう。悪気なんてなかったことに・・・。そうすればきっと今回はなんとかなる・・・。という内容の対策をプランしてみたりしていました。


でも、被害者本人が株主として議決権を持っているのではどんな影響があるかしれません。当事者が事細かに事実関係を会場参加者に説明をしてしまえば、オレはどんな反論で説明をしきれるのだろう・・・・。


ああ。降格は間違いないだろうなあ。と上司はいよいよぬるくなるビールに手を伸ばすことすらできません。


大家様の減額問題の情報が、言い訳し通せなくなるだろう。総会で、株主さま全員に白日の下にさらされたら、会社の信用はさらに地に落ちることだろう。そういえば、秋口にテレビで地方の雑居ビルの強制捜査風景が中継されたことがあったよなあ・・・。そんな、一年を上司はふりかえっています。


当日の総会議案がすべて執行部案どおり可決されなければ、対策を命じられたこのオレ自身が無能だとして社長の評価を下げられる可能性があるのです。


強制捜査当時、カメラ目線でテレビインタビューに答えていた尾宅は、関連会社社員となり、いまはすっかり溶け込んでいます。


「大丈夫ですよ。例年どおりに株主さんたちから郵送された「委任状」があるんでしょう。たいていの株主なんて出席はしないじゃないですか。委任状の宛先は社長にしてあるんですから。もう総会なんかしなくたって、思い通りに可決したも同然。委任状の数が全部取締役会の賛成票に取り込めるんですから、否決の心配は無用です。貴方の評価はアップ間違いなしです。出世したら、この尾宅をとりたててくださいね。」としょぼくれてまるまった上司の背中をポンとたたき、ニヤついたまなざしで上司を見詰めました。


委任状ねえ・・・。


上司は株主票の「打出の小槌」の存在に気付いたように急に元気になっていくのを感じたのです・・・。歪んだ唇にはいつしか水滴すら乾いたジョッキが傾けられ、ぬるく気の抜けたビールは飲み干されていました・・・。


つづく。






会社概要

会社名
(有)グラントップ
カナ
グラントップ
免許番号
宮城県知事免許(5)4809
代表者
山田 嘉子
所在地
9811107
宮城県仙台市太白区東中田2丁目1−38
TEL
代表:022-741-0730
FAX
代表:022-741-2335
営業時間
09:30〜17:30
定休日
土日・祝 毎週水曜日午後
夏季・年末年始・大型連休
最寄駅
東北線南仙台
バス乗車4分
バス停名東中田六丁目分
バス停歩3分
メール送信はこちら
ログイン
 


123

このページのトップへ