2011/06/29 16:11:19

原子力発電賛成が90%

東北電力の株主総会は「株主提案」である原発「反対」は否決されました。結果は見えていたとしても、どこかで期待していた人はたくさんいただろうと思います。賛成というか反対というか・・・。90対10でした。


質問者は福島の事故を受けて危険性や命の重要性を訴え原発廃止を求めていました。プルトニウムに関する国際世論の考え、何万年も危険が危惧される核のゴミ問題、それぞれに調査をし、よく考えた上で質問に立っていたようですが、会社としての方針を大きく変えるまでの力には至らなかったようです。


東北電力のエリアには青森県六ヶ所村があり、核の再利用にもかかわる地域です。作り出し、利用し、捨て去る・・・・。核燃料との付き合いをずっとずっとこの東北から追い出すことは困難です。


株主らは、巨大な賠償金の必要性までリスクとして捉えたとき、いったい継続がいいのか廃止がいいのどうか・・・。その双方を比較した具体的数字の根拠を求めて質問しましたが、本日、具体的に明確な説明があったとは認識できませんでした。


長い目での視点と、地域住民の安全確保・理解という課題があります。今回の東日本大震災の被災地として「世界に向けて脱原発をアピールし、株価下落から脱することができるのては?」という意見もありましたが、「判断は市場がするもの」です。


総合判断として経営陣としては原発については、このまま安全に努めながら・・・。さらに万全に態勢を整えるとしか返答の仕様がなかったようです。


NHK朝の連続テレビ小説「おひさま」でヒロシマの原爆で恋人を失う女教師の慟哭が、今朝、映し出されていました。


「爆弾」ではありませんが、テロの危険による原発への攻撃を心配した声もありました。原子力発電は、安全利用を目的として、多くの人がその恩恵を享受しています。ですが被爆国であり、事故処理の終息が見えない今日、やはり「怖い」というのがこの地方に住むただの住民一人としての本音です。


低炭素社会を目指し、放射能を撒き散らしたのでは、どちらが地球を守り人類のためになるかわかりません。くれぐれも、世界中の原子力発電所の安全が確保されることをねがいます。本末転倒の事態にならないよう一層の努力と緊張感の維持が求められます。





2011/06/27 19:53:49

除湿機で葛藤

カビがいかに怖い病気をもたらすか・・・。というテレビ番組が放送される時期ですね。かくいう私も、カビのせいで不愉快な思いをしたことがあります。この冬には、かび臭くなってしまったこたつ布団もラグも、枕も、なにからなにまで捨てて、すべて新品に入れ替えを完了しました。


ですから、震災前から自宅では、におわない・・・カビくさくない・・・あたらしいものを利用しています。だから、梅雨時にまたもカビさせるのは絶対にもったいない。また全部入れ替えなんてイヤです。


そこで、節電とはいわれていますが、室内は除湿機をかけたりして対策をしています。そのかわりその他はトイレの便座も、かなりの家電製品についてはけっこう頑張っています。ほとんどのものの電源はコンセントすら指していません。


そんな程度で許してもらいたのですが・・・。まさか、カビだらけにしてまで節電をしなきゃいけないのかなあ。





2011/06/25 14:19:37

まだ3ヶ月だから

被災した人と話をしました。建物被害があり建て直しをするか、リフォームするか・・・。そんないろいろについてをどうするか思案中のようです。連日の余震は相変わらずです。その方の居住地は震度4もめずらしくありません。浸水は大分マシになってきたらしいですが、それでも予断を許しません。


補助が受けられる期限は2年以内とか3年以内とか項目ごとにありますから、それまでになんとかすることでしょう。


「まだ3ヶ月だから・・・。」


そうですね。そんなにスグになにもかも決められる人ばかりのはずはありません。状況が違うのです。場所、収入、家族構成・・・。みんなそれぞれです。復興、復旧、現状維持・・・。全員が一斉になんでも同じ速度で、できるわけではありません。それぞれのペースで考えていいのですね。


「エアコンは手配した。」とのこと。暑さはまったなし。こちらの決断はすごく早かったそうです。






会社概要

会社名
(有)グラントップ
カナ
グラントップ
免許番号
宮城県知事免許(5)4809
代表者
山田 嘉子
所在地
9811107
宮城県仙台市太白区東中田2丁目1−38
TEL
代表:022-741-0730
FAX
代表:022-741-2335
営業時間
09:30〜17:30
定休日
土日・祝 毎週水曜日午後
夏季・年末年始・大型連休
最寄駅
東北線南仙台
バス乗車4分
バス停名東中田六丁目分
バス停歩3分
メール送信はこちら
ログイン
 


123

このページのトップへ