2012/01/31 10:25:07

薄着族の危険な取材

大雪のせいて橋が折れてしまうほどの日々。豪雪地帯の降雪量はものすごいですね。雪おろしをすると言っても、どこに捨てようがあるのか考えがおよびません。


そんな地域の取材を見るたびについ、老婆心で気がもめて仕方がありません。つまりテレビに出る人たちのことです。わざわざ雪を目当てに行く人々は何を考えているのでしょう。大雪とわかりきっていて行くくせに、特派員の足元はいつもの都会的な短い靴。皮かどうかまではちょっと見にはわかりません。


手は手袋なし。頭は帽子なし。コートは薄手・・・・。寒そうに震えています。濡れてかわいそう・・・。ああ、雪に素手で触れた手が真っ赤・・・。


途中で大雪のため道が封鎖されてしまったり、孤立した場合の防寒対策など、考えうる危険はたくさんある場所でのことです。何かあったら、スタッフの命にかかわる危険すらあります。


こんな、めちゃくちゃな準備不足、取材姿勢を恥ずかしくは思わないのでしょうか。あんな薄着の恰好のままの担当者を取材映像として平気で全国放送で流すなんて!! 登山者の遭難が出るたびに、「準備がどうこう」訳知り顔でコメントする同じ放送局が、自分の大事な仲間のスタッフをこのように出してるなんて・・・。


放送局の会社としての危機管理能力と無神経を疑うほどです。アナウンサーを寒がらせればウケるとでも勘違いしているのでしょうか?


お葬式には喪服、学校には学校の制服などと、行く場所で支度を変えるのが社会人でしょうに。雪国に取材にいくなら、雪国にふさわしい服装になぜしないのですか?例年以上に異常があり危険だから取材にいくのでしょう?なら、例年以上に神経をとがらせて、より十分すぎるほどの防寒対策をほどこし、見本となるような取材をさせるのが放送局の務めです。


雪国にはそれようにコートも長靴も手袋も売っています。地域経済活性化というのなら、その場で現地調達してお金をおとしてあげたらいいじゃない。と思います。


あんな恰好でテレビに映るから、若者がやせガマンまでして薄着で体調を崩すように、自然に誘導されちゃんうです。お手本の人がしっかりあったかくして、脳に血液をよく循環させて、しっかりした内容と中身のある取材落ち着いた語り口で報道をしてくれた方がずっと社会貢献です。


薄着さんを見ている方が、風邪ひきを心配したり、着替える暇さえ与えられないのかと、放送局での雇われ方や、取材スタッフの命に対する粗末な扱われ方をいちいち心配してあげなくちゃいけないかなんて・・・。視聴者はよけいな神経を使わずにニュースの理解が深まるのですから。


さて、今日はどの放送局の誰がその薄着さん映像をさらすのでしょうか。お天気おねえさんをはじめ、毎日、寒々とした「薄着さん」を探す変な心配がまだまだつづきそうです。ねえ、みなさんたのみますから、ちゃんとあったかくしてくださいよ。





2012/01/27 17:27:48

入居申込書で

賃貸物件の取り扱いをしていますと、必ずお世話になるのが「入居申込書」です。入居者の生年月日を記入していただく欄がありますが、書式ひな形でちょっと気になることがあります。本部で修正してくれたらいいな・・・。と思いつつなんとなく連絡が遠慮でつい、後回しにしてしまって今まできています。


気になる箇所、それはTとSがありますがHがないことです。つまり大正と昭和生まれの人が申込書を書くという想定でこの書式を作成したのでしょうが、イマドキでは平成生まれがなんと24歳になるというご時世です。新婚さん、学生さんは平成こそが主流にすら・・・。


というわけで、いつかはだれかがしなくちゃない作業ですから、早い方がいいはずですね。やはり来週あたりでも勇気を出して連絡することにします。いつぞやは改ページプレビューの話をこのブログに書きましたが、例の白紙プリント的に最後の1行がプリントされます。つまりこの書式は気づかないと2ページにわたりプリントされてしまうのです。


契約書とか重説も改ページの必要性があったりなかったりでいろいろ混在しているのです。ですから事務仕事でややスリルのあるひとときです。


使いにくいところを修正する必要性が発生するおかげで、パソコン音痴の私でも、知らないことをクリアするためには勉強が必要になりますね。役にたったた私の恩人(書式)です。


年号の点は数年前、接客したお客様が「どれを私は選べば・・・。」とご質問をいただいて気づいた次第です。その時は平成のHを手書きして〇していただきました。平成生まれへの若さに対する羨望の本音がポロリと出て、話が盛り上がってなかなか楽しかったものでした。


書類一枚に残った小さな選択肢。大正生まれの方を契約者ご本人として新規に賃貸住宅にお世話することはまず、考えにくいですね。この年齢のお年よりと出会うチャンスは稀なことでしょう。だって、一番若い大正15年生まれでも今年は満86歳!!になりますから。大家様がご了承くださるでしょうか・・・。


「明治は遠くなりにけり」がいつしか「大正は遠くなりにけり」・・・。書式作成の当時から、時が流れました。降りしきる外の雪をみながら、いつのまにか変わっていた時代の流れを感じています。





2012/01/26 15:13:50

寝室で手を伸ばした先にあるもの

この冬の寒さは例年より体に厳しく感じます。その上、明け方に地震があるとドキッとします。でも、地震慣れしたのか、単に寒いからものぐさになったのか、今回はテレビすらつけず、そのままやり過ごしました。怖がりのくせに、いつのまにか震度1.2.3程度では逃げなくなってしまっています。家が壊れないことはわかりましたから。


それにしても、関東方面で地震が起きる確率が4年以内に70‰とすると、かなり注意深く用心が必要です。昨年助けていただいたのですから、もしもの時はこちらに避難してくるだろう人々をどう助け合えるのかが課題です。なにせ、東北と関東では人口密度が違いすぎますから、同じ面積が何事かあっても、困る人の割合が高すぎます。


クジラが死んでいるとか、地震エコーがどうだとか、電磁波がどうとか、小さい地震の回数が・・・。とか。入る情報は心配ごとにつながることばかり。パニックになってからでは手に入りにくい携帯ラジオとか乾電池とか、カセットコンロとかをぜひ、落ち着いている今の時期から着々と準備した人が、困難に直面した時に少しでも難を軽くできるのでしょうね。


ところで、1年近くなりますが、何度がご紹介している例の携帯型のLED懐中電灯は相変わらずハンドバックの常備品。手放してはいませんよ。ある人曰く、マッチとかライターもあったらいいかも・・・。とか。備えは人それぞれですね。


ちなみに、私の寝室の防災自慢をさせてください。ベット付近のカーテンにはLEDの懐中電灯がクリップで止められる5センチくらいの小さなものをパチンとつけています。いつもどおり100円均一で見つけました。カーテンへ手を伸ばせば届く位置ですから、深夜、停電しても大丈夫。洗濯バサミのようなもので止めてあるので揺れても落ちません。毎日そのまま開閉して生活していますがつけてることを忘れています。大きいものだど頭に落ちると危険です。軽量のもの限定です。


足元に物が散乱しても、カーテンレールからカーテンが外れない限りは、手探りで明かりにたどり着く・・・。という仕組みです。水とビスケットとラジオも枕元にあります。必要にならないことを祈りながら、防災への工夫を楽しんで?います。


非常食が古くなりそうですから、そろそろ食べて、新しいものへ買い換えが必要です。この非常食管理の賞味期限と食欲との兼ね合いの調整こそが一番難し防災対策です。スティーブジョブズさんの演説を知ってから「今日が人生最後の日となるかも。」と考えると、行動に反映するのは「食欲」でした。好きな食事を迷わず食べる。(笑)。なんてね。


結局、防災用の食品はどおしても減らない・・・。


そうそう、食べ物は1階と2階に分散して管理していた方がいいかもしれません。知人宅が津波で浸水してしまい、全員が2階に避難して助かったのですが、台所の食べ物が水に浸かり食べることができません・・・・。当分の間家が孤立したため、自衛隊が船で救助に来てくれるまで雪を食べたりしてしのいでいたのこと。今のうちに一部を運んでおくだけでできることですので、低地の方はぜひいますぐご準備を。いつくるかわかりませんので。






会社概要

会社名
(有)グラントップ
カナ
グラントップ
免許番号
宮城県知事免許(5)4809
代表者
山田 嘉子
所在地
9811107
宮城県仙台市太白区東中田2丁目1−38
TEL
代表:022-741-0730
FAX
代表:022-741-2335
営業時間
09:30〜17:30
定休日
土日・祝 毎週水曜日午後
夏季・年末年始・大型連休
最寄駅
東北線南仙台
バス乗車4分
バス停名東中田六丁目分
バス停歩3分
メール送信はこちら
ログイン
 


123

このページのトップへ