2013/08/31 13:33:43

電気料金値上げ

東北電力の、電気料金が家庭向け8.94%、企業向け15.24%明日から値上げなります。燃料費高騰がその理由とか。銀行の普通預金は、もう低いのが当たり前気分。金利が0.03%前後をいったりきたりがしばらく続いています。デフレ慣れした世の中。、コンマ以下の%を見ることだらけの昨今。今回の値上げ幅は文字通り桁違いです。


仕方ないなあ。原発もほとんど動いていないし。心配しながら、原発を稼働するくらいなら、多少の負担はガマンしよう・・・。


でも・・・。


ちょっと前の記事では、ガソリンスタント゜がこのところどんどん閉店に追い込まれてる。理由は燃費の良い車が出来たから、ガソリンが昔のように売れないせいらしいことが語られていましたっけ。ガソリンは石油製品じゃないの?


需要が減れば、値段が下がる。


円安の為替、シリアなどの国際情勢もあるでしょうが、どうもひっかかります。


だったら、車で余ったガソリンを、そのぶん、発電にまわして使えばどうなの?スタンドつぶれるくらい売れないんでしょ。若者風いに言えば、「ちょうどよくね?」、的発想です。


わかりやすい解説で聞けないものでしょうかね。量が違いすぎる?


プラスマイナスで,ならして、ちょうど石油関係だからやりくりついて、ラッキー。


という次第にもっていく方法はないの?などと、化学まるっきり無知のド素人おばさんとしては解せない気分。


一口に石油といっても、いろいろなものがあって、熱を出し、燃やせるというだけでなんでもいいものではないらしいくらいは知っています。車同志でも、ガソリンと軽油を間違えて入れると、車がどうにかなっちゃうらしいし・・・。セルフスタンドでは気をつけて間違えないようにしています。


火力発電って、石油の値上がりでっていうけれど、具体的には、軽油?灯油、ガソリン?石油と言いつつも、何を燃やして電気が来ているんだろう?


スタンドで売れないガソリンと発電との因果関係は、単純に代用できるものではないからなのかもしれませんね。





2013/08/30 18:20:08

対馬の森林競売中止

昨日心配していたことが、早くも解決したようです。反響が多く、たくさんの声が寄せられたことが良い結果につながったようです。昨日の私同様、同じように案じる気持ちの方がたくさんいたのでしょうね。


対馬の貴重な種であるヤマネコのいる大事な場所が外国の所有にならずにすむようですので、ほっとしました。


長崎県対馬市が購入するそうです。財政が必ずしも潤沢とは限らない中で、市の方たちの英断に感謝します。環境保護を勘案した決断。将来の対馬地域の子孫のために、お金だけでは残せない、失えばもう二度と取り戻すことが困難な希望の「種」を残す一助となりました。


別の記事では、石原環境大臣も関心を持っていらしたとのこと。それだけ、大事な土地であったことがわかります。


日本の法律の整備がなければ、今後同様の懸念が各地で続くことになります。


不動産で仕事をさせていただいているわが身にとっては、取引をするしないにかかわらず、土地が誰のものであるか、どう生かすべきか、どのような形式と、折り合いで利用をするのがその場所にとっていいのか・・・。などと、考えることがあります。


競売中止については、以下の記事でわかりました。


東北にいるため、九州の地図はめったに注意して見ることはないのですが、これからは身近に感じるエリアになりそうです。


http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130829/dst13082923430017-n1.htm





2013/08/29 13:40:13

対馬の森林競売

先日、TPPに関連し、不動産取引と外国との関係を懸念するブログを書きました。先ほど、インターネットで発見した記事なのですが、対馬の森林が競売にかけられていて、外国資本により買収される恐れがあるそうです。心配が現実になってしまいそうで気がかりです。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130829-00000073-san-soci


森林保護に関する法制度の整備ができなかったのでしょうか・・・。入札期限はもう数日しかありません。有志の募金を集い、森林を外国に手渡さないための方法がないか、以前、違う島で集め、国有化されたお金があります。あの時の募金を、意志確認が取れた寄付者の方の分を、対馬に使用できるように承諾いただいたり交渉できないか、知恵者の方の活躍を期待したくなります。


大事な場所を守るためのお金を集める活動を開始すれば、と、みなさんの力の結集を期待したくなります。


日本ほど、緑が鬱蒼としげり、きれいな水がある場所は、地球上に多いわけではないそうです。中国大陸は広いのですが、その割には巨木が少ないそうです。大陸や半島にはなぜ、巨木が無いのか・・・。を渡部昇一さんの講演として聞いたことがあります。


理由は、戦争が多く、木が巨木になるまで育つことを待てない。利用するので何百年もの間、そこに存在していることができない人為的理由が考えられる、という学説でした。


日本は、木を大事にする文化があります。神社ではご神木を守りいつくしみます。しかし、戦争にさらされた地域では、木を大事にしている暇がなく、伐採され、利用されていきます。


対馬の豊かな森で育った木が外国の人は欲しいのか、近いからか、多くのその国の人たちが対馬に来るせいなのかはわかりません。お金にするために、対馬の巨木を売り飛ばされ、やがて、荒涼たる赤茶けた大地にかの地がなってしまう懸念があります。


宮城に住んでおりますと、地図を眺めても、対馬は遠く離れていて、具体的なイメージがなかなかわかりません。それでも、対馬の森が他所の国の人のものにならないように願っています。






会社概要

会社名
(有)グラントップ
カナ
グラントップ
免許番号
宮城県知事免許(5)4809
代表者
山田 嘉子
所在地
9811107
宮城県仙台市太白区東中田2丁目1−38
TEL
代表:022-741-0730
FAX
代表:022-741-2335
営業時間
09:30〜17:30
定休日
土日・祝 毎週水曜日午後
夏季・年末年始・大型連休
最寄駅
東北線南仙台
バス乗車4分
バス停名東中田六丁目分
バス停歩3分
メール送信はこちら
ログイン
 


123

このページのトップへ