2014/09/30 15:36:20

ついにアマゾンで第1位獲得「大嫌韓時代」

在特会会長の書籍「大嫌韓時代」について昨日6位と紹介しましたら、本日はなんとアマゾンのベストセラーで検索しましたら、総合第一位の売り上げになっていました!!


すごいですね。テレビ、マスコミからはものすごいバッシングの的になっている方の活動を紹介した本が、この世にあまた出版されている「すべての本の売り上げの中で一番」になっているのですから。


それだけ「在日特権とは何か」、「何をマスコミは隠そうとしているのか」を積極的に知ろうとする日本人がたくさんいることがわかりました。お金を払い本を買って、ちゃんと知識としたい、知りたい、学びたいと渇望する、本を買ったひとりひとりの思いが伺えます。


本を購入したり読んだ方たちの評価は絶好調です。褒めている☆マークが圧倒的にたくさん並んでいます。一番多い評価は最高の星5つが多数でした。


この本が話題になりましたのは本の発売前に、某書店の紹介文が炎上し、今まで興味の無かった方たちも含めて一気に大きな注目を集めたことも一因ではないか、と考えられます。その炎上したお店にはたくさんのお客様が本を買い求めに来店しているのだそうです。


これまで、いろいろな問題に関しマスコミが激しく糾弾する陰には、たいてい、日本人が本当のことを知れば改善をしなくてはならないと考える事柄が隠れている、という傾向が顕著であることを幾度となく学んできています。


だから、在特会をことさらに悪者として取り上げ、問題視して騒ぐ、ということは、特定の人々には知られたくない、都合の悪い何かを隔しているからではないか、という仮説が建てられます。


従軍慰安婦問題記事の一部を朝日新聞が取り消し謝罪するまでの32年間、この問題に疑義を呈しただけで、正しい歴史を語った側が不当ないじめを受けてきました。南京大虐殺もでたらめな証拠写真を使い日本バッシングが展開されてきました。


日本人の多くがマスコミの偏向報道のやり方について手の内を学んできました。今は、ヘイトスピーチと称する言論弾圧活動に舞台が移って来ているように見受けられます。


本の店頭販売を阻害する行為をしてまで、隠したい真実がそこにあるからそのような活動をされていのではないか、と考えた人々が是非にと購入し続けているからこの第一位獲得という数値になったのでしょう。


今迄には見られなかった草の根レベル、個人的な政治に対する興味を示す動きととらえられます。


今後のチェック項目としては、紙媒体の新聞等でこのベストセラー本が「ランキング」されるかどうかです。売れていたとしても「圏外」扱いで本の題名すら報じられず、売れている事実が隠ぺいされるかもしれません。朝日新聞は週刊誌の広告掲載を拒否したり言葉を黒塗りしたりしました。マスコミは「報道しない自由・伝えない自由」は頻繁に行使されています。


さて、桜井会長の本は売れなかったことにされるか、または社会の潮流として「ベストセラーになった本」として正しく取り上げられるのか?ぜひ興味のある方はチェックしてみてはいかがですか。





2014/09/29 11:53:28

大嫌韓時代 ベストセラーに!!

旧社会党の土井たか子氏が亡くなりました。土井氏と言えば、拉致問題について今の真実を知った日本人から見れば当時信じがたい主張をしていた政治家として再認識されるべき人物でもあります。


今も北に拘束されている多くの方々の苦労を想えばなにも言わずにいられない気持ちになってしまいます。当時、土井氏をはじめとした政治家らが北に対して毅然とした違う主張を展開してさえいれば、こんなにたくさんの方たちがさらわれてしまうようなことにならなかったのではなかったのか。


女性の社会進出など土井氏の功責がまるでないとは言えない。しかし、一方では日本の国益にとって、多くの被害者らの人生に取り返しのつかないことがあったことを、埋没させる気にはなれません。


当時の戦後教育を受けたことによる国民の意識や、情報を目隠しをされていた歴史、ある国に対しては厳重なタブーを強いられ恐怖漲る時代を生きてきた一人の日本人として、時代の区切りが来ているような感慨を持ちます。


夏の終わりから秋の初めに拉致被害者の再調査結果が発表されるのだと期待して待っていながらも、北朝鮮はのらりくらりとした対応です。一刻も早い奪還を願わずにいられません。


そんな朝鮮や韓国に関する話題の本があります。マスコミがさかんに「ヘイトスピーチ」としてやり玉にあげる桜井氏の著作です。差別表現だと決めつけられ、まるで悪の代表かのように報じられています。


しかし、彼らの主張の内容のひとつひとつ。声を限りに訴えなければいられないほどの中身を、テレビなどの大手マスコミできちんと検証されていないことに疑問を抱く日本人は多いのではないでしょうか。


話題の組織、在日特権を許さない市民の会。どんな主張をしているのかを知ることも、土井氏と対局を為す考えを知るうえで参考になります。「在特会」代表の桜井誠氏の新作「大嫌韓時代」は、なんと発売直後にしてアマゾンのベストセラー入り、総合第6位になったそうです。政治部門では第1位とのこと。すごい勢いです。


早速購入し読んでみました。どうして在特会がこのような主張をしているのか、歴史や設立の過程が書かれておりました。現状がとてもわかりやすい書き方でそれぞれの国の人達の心も含めて解説されていました。


マスコミの取り上げでは差別、ヘイトとレッテル張りをされてしまっていますが、そのレッテルを貼られる前の、声を上げたくなった気持ち、「そもそも」 を知ることができました。


在特会は違うところでも話題ですね。大阪の橋本市長と対話をする、しない、公開生放送をノーカットで。など橋本氏と桜井氏の会談方法についても盛り上がっているようです。


土井氏が活躍していた既存メディアのみに依存していた頃には考えられないほどの「嫌韓の勢い」があることが本の売れ方でわかります。





2014/09/26 13:32:16

住宅ローンと賢い奥様の関係

25日、全日宮城県本部の法定研修がありました。後半の講義で住宅ローン審査について取り上げており、銀行から融資を受ける際の実務的なことを学びました。


余談、なのか本筋なのかはともかく、かなり印象的な言及がありました。と、申しますのはローンを申し込もうとする方の奥様についてです。たとえば共有でなく、旦那様が住宅ローンを申し込む想定でのこと。講義ではもっと細かい設定説明がありましたがここはブログですので話を簡略化します。


奥様が借入をする本人でなく、旦那様の職業が銀行側からみるとなにかと不安定で融資をためらうケースがあったとします。


しかし、奥様の取得資格が役にたつことがあるというのです。例としてあがったのが、今人気の英語の有名資格。たぶんわかる方にはわかると思いますが、スコアが高い方は、住宅ローンの破綻が少ないからとても受けが良いそうです。


もっと銀行さんの印象が良いのが看護師さんだそうで、就職を希望すればいつの時代でも引く手あまたですので、たとえ現在は働いていなくても奥様が看護師資格を持っているだけで銀行側から見れば安心材料とのこと。旦那様の収入が少なくなれば奥様が頑張ると考えられるので、融資をしていただきやすいのだそうです。


よく、内助の功と言いますが、資格があるとこのような役立ち方があるんですね。ただし、資格ならなんでも、ではなく傾向があることも大いに参考になります。


旦那様と自分の生活拠点である住宅取得に、資格取得の努力を認めてもらえ、結果的に夫婦互いに良くなれるとすれば頑張った甲斐があります。今、職場にいなくてもしっかりとしたお守りになるようです。


お若い女性たちに、自分磨きの参考として「学問のすすめ」をしてみたくなりました。(笑)。






会社概要

会社名
(有)グラントップ
カナ
グラントップ
免許番号
宮城県知事免許(5)4809
代表者
山田 嘉子
所在地
9811107
宮城県仙台市太白区東中田2丁目1−38
TEL
代表:022-741-0730
FAX
代表:022-741-2335
営業時間
09:30〜17:30
定休日
土日・祝 毎週水曜日午後
夏季・年末年始・大型連休
最寄駅
東北線南仙台
バス乗車4分
バス停名東中田六丁目分
バス停歩3分
メール送信はこちら
ログイン
 


123

このページのトップへ