2016/11/30 11:53:06

学力世界5位じゃイマイチ

お気に入りの「逃げ恥」。昨夜は10時20分からの放送でちょっと眠い時間帯でした。昼間はネットで羽生結弦選手が織田信成さんと動画で恋ダンスをしているカッコいい様子が人気だというので見ました。羽生結弦ファンですのでスケートとは別なおちゃめでキレキレなダンスを見られて超得した気分です。


羽生結弦さんは先日も世界最高を出す文字通り「世界一」の選手です。フィギュアスケートでは世界一の選手のいる日本ですが、学業中の子供たちのレベルとはさてどれくらいのものでしょうか。


先日、国際学力テストの結果が発表されていました。前回より成績の向上が顕著にありました。まずは関係各位のご努力を称えたいです。ゆとり教育の弊害から少しずつ回復しています。授業時間数や内容の充実が学力向上に役立つと証明されたようです。良くはなってきてはいるのですがそれでも、私の心の中は少々ざわついています。


だって小学4年生の算数は5位。シンガポール、香港、韓国、台湾の下だったんです。中学2年生も5位ですよ。ちなみにシンガポールは算数、理科の小4、中2のすべてが1位でした。シンガポールに大きく水を開けられていて何も感じない大人でいたくはないです。


二重国籍問題でお馴染み蓮舫代表が民主党政権時に行った事業仕分けで「2位じゃダメなんですか。」と発言したことをしばしば思い出します。あの時の彼女は一位を目指さなくても的なニュアンスで、学問科学技術分野等の予算を削減し、停滞を招きまくりました。


あの時あの言葉に「・・・」と絶句したり反感を持った人の心の中には「日本は一位を目指すべきだし、技術的には日本って一位でしょ」みたいな自負心がきっとあっただろうと推測しています。でも、学力テストは一位だ、二位だどころではなくてメダルに届かない5位!! もしも仮に今の大人たちの技術が世界で一番だったとしても、次世代を担う日本の子供たちの学力が5位のままでは継承する基礎知識が追い付かず、やがて他国に引き離されつつありそうで気が揉めます。


逃げ恥のヒラマサさんみたいに理知的で仕事が出来る子供たちがいっぱい育ったらいいなあ、なんて妄想しちゃっています。因数分解と話すと素因数分解ですね。って返すあたりに萌えます。


http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG25H2X_Z21C16A1CR8000/






2016/11/28 15:15:08

お酒と音楽の取締り

日々の暮らしの中でほぼ毎日私が楽しんでいるものは、お酒と音楽です。そのお酒と音楽に関するドイツの話題にびっくりしました。イスラム教の集団がドイツで自主的な取締りをしていて・・・。という記事が話題になっていました。


判決は無罪となっていました。服装がなんちゃらかんちゃらとあり、私にはそのあたりのさじ加減を判断する知識は無いので、よそ様の感覚にどうこういうことは差し控えます。ただ、公の警察官でもない人たちが、他の宗教を信じている昔からそこに住んでいる人たちの生活に口出しをして、自分たちの宗教感による法律を根拠に取り締まりをして、それで判決は無罪!?と、驚いています。


それとともに、いや、この変な空気というか動きはドイツだけのことではないじゃないか。自分の居る日本だってあったじゃないか。と思い出しました。沖縄県の高江のヘリパットのところでもありましたよね。反対派が道路で勝手に検問をしたり道路を封鎖していたあのことです。


だから洋の東西を問わず警察じゃない人たちが、自分と考えの違う人相手に、勝手になんやかんやと自分の考えを集団で押し付ける行為をしているのは、実は他国のことだけではない。そして法の専門家による判決では市民感情とは異なり必ずしも有罪にはなっているとは限らない。世界中が今までとは違う空気の動きになっていることを否応なく察しています。


秋きぬと目にはさやかに見えねども風の音にぞおどろかれぬる


と歌人は秋の気配の訪れを詠みました。季節の風ではなく、宗教・政治の風は、はっきりとは見えないけど確実に違う時代に近づいているような気配があります。


ドイツをイメージするときにはビールが真っ先に上がります。ドイツ人がもしもビールを飲むことを禁じられた国になったら、それってどこの国の人なんだろうと思うくらいに案じられます。フランクフルトの大皿の脇にあるのが、お水とかノンアルコール飲料で、酒場は世の中から無くなり、音楽は生活に無くなったとして、その戒律の中に暮らすドイツ人をイメージできません。


音楽産業や水商売の就業者達の生活維持は?酒造業者やそれの素材の作物を育てている農家さんはどうなるのだろう・・・。文化芸術の大半が音楽やお酒と密接にかかわっています。そのどちらも禁じられた社会なんて味気なくて想像したくもないです。価値観も宗教感も全く違うのですから、どちらがいいとか悪いとかの問題ではありません。「そういうものなの」です。飲酒を禁じた昔のアメリカでは、かつてアルカポネのあの時代がありました。なぜ暗黒時代が到来し、結局こうなってきたかを思い出させられています。


「イスラム法警察」集団に無罪判決 ドイツで


http://www.bbc.com/japanese/38060713




コメント一覧

No.13506 りゅうさんのコメント 2016/12/01 17:09:59
アルカポネ、そういう時代があったことを想い出しました。こちら、酒なくして何のお楽しみが?です。

2016/11/25 12:47:59

民進党さんイチオシの手土産はちっちゃな自動車部品1つ

寒いですね。冬の時期はクリスマスやお正月、年末年始の帰省などでプレゼント交換が盛んにおこなわれます。訪問先にお邪魔するときに、ちょっとした手土産をお持ちするのが一般的です。選ぶ時は相手の方に喜んでいただけるかどうか会う人を思い描き趣味を調べたりします。自分の品選びのセンスを発揮し、会話を盛り上げるチャンスに使いたいと願い神経を使うと同時に、その作業そのものが楽しかったりします。


そんなプレゼント交換は国と国との要人が会う時にも行われます。


品選びで私の想像をはるかに超えるサプライズなものをお土産に推奨していた国会議員がいらっしゃいました。アメリカ時期大統領、大金持ちのトランプ氏に初対面であげるなら世界シェア60%くらいの優れた製品、自動車の点火プラグ(日本製の小さなマッチ箱ほどの大きさのもの)を持参すべきだったのだそうです。民進党蓮舫代表が国会で力説なさっていました。私なら自動車部品をコロリと一つだけ貰ったとしてもどうしていいかわからないから「・・・・」となっちゃうけど。


安倍総理大臣がトランプ次期大統領とお会いするときに、ゴルフセットを「私費で」持参したのがずいぶんとお気に召さなかったようで国会ですごい剣幕で追及していました。普通の人なら趣味のゴルフセット(日本製の金ピカ)の方が絶対にうれしいはずだと思うんですがねえ。例によって青筋を立てて責め立てていました。部品を手に持ってね。会話の内容について総理はまったく話していないのに蓮舫氏はいつの間にか「ゴルフ談義」をしたことにして話を進めたりしていていました。(呆)。


数万人単位の民進党支持者の皆さんは蓮舫氏に共感しているのでしょうから、なんて素晴らしい選択だ。と大絶賛中に違いありません。アメリカ時期大統領に差し上げるに相応しい素晴らしい部品なのですから、今年の冬の爆発的な人気商品間違いなし。民進党支持者のお子さんたちはサンタさんにねだるのでしょうね。さあ、クリスマスプレゼントに間に合うよう、今のうちからお早めに点火プラグのみでのご予約を!どうぞ!


※蓮舫代表は相変わらず戸籍謄本の公開をかたくなに拒んでいます。二重国籍疑惑については白黒つくまで継続して追い続けます。


http://jpsoku.blog.jp/archives/1062655404.html







会社概要

会社名
(有)グラントップ
カナ
グラントップ
免許番号
宮城県知事免許(5)4809
代表者
山田 嘉子
所在地
9811107
宮城県仙台市太白区東中田2丁目1−38
TEL
代表:022-741-0730
FAX
代表:022-741-2335
営業時間
09:30〜17:30
定休日
土日・祝 毎週水曜日午後
夏季・年末年始・大型連休
最寄駅
東北線南仙台
バス乗車4分
バス停名東中田六丁目分
バス停歩3分
メール送信はこちら
ログイン
 


123

このページのトップへ