2017/08/31 11:45:43

おとり広告で初の措置命令

不動産業界としては不名誉なことですが、おとり広告で初の措置命令が出されました。常に公正取引に努め、誠実な仕事を行っている同業者にとっては許し難いことです。ほとんどの宅建業者はまじめに仕事をしています。こうしたごく一部の業者の過ちにより、長年積み上げた業界の信頼を揺るがせ不信感が抱かれてしまいかねない事態をとても残念に思います。不正行為を強く非難します。


不動産業者は言葉の表現方法、距離の表記方法など細かい決まり事を守った上で消費者の皆さまに誤解のないよう注意したうえで広告を掲載します。紙媒体、インターネット広告を問わず神経質なほどトラブル予防に十分に心を砕いて募集活動をしています。


今回は実在しないマンションの部屋を賃借できるかのように装って広告したとして、景品表示法違反(おとり広告)に問われています。ありもしないものを偽って表示しているのですから実に卑怯なやり口です。


この卑劣なおとり広告のせいで、希望を膨らませてお部屋探しをしていたお客様方の心は踏みにじられたことでしょう。無数の人の無駄をさせられた時間損失を償う術はありません。


http://www.sankei.com/west/news/170830/wst1708300066-n1.html


ミニミニ福岡、実在しないマンションの部屋で「おとり広告」 景品表示法違反で措置命令


福岡県は30日、実在しないマンションの部屋を賃借できるように装って広告したとして、景品表示法違反(おとり広告)で、不動産賃貸・仲介業「ミニミニ」グループ会社の「ミニミニ福岡」(福岡市)に対し表示の取りやめや再発防止策を求める措置命令を出した。県によると、不動産のおとり広告で都道府県が同法に基づき措置命令を出したのは全国で初めて。


 福岡県によると、同社は福岡市博多区内に実在するマンションで存在しない部屋番号を使い、今年3〜5月に23物件をインターネットの自社サイトなどに表示した。


 県の聞き取りに対し、同社責任者は「取り扱う物件を多く見せかけて集客したかった」と話しているという。


 ミニミニ福岡の担当者は取材に「反省している。厳重にチェックするなどし、再発防止に努めたい」と話した。





2017/08/30 11:18:39

シーシェパードをテロ等準備罪が撃退

宮城県石巻市鮎川地区は古くからの捕鯨の街です。日本の漁師さんたちは捕鯨で得たクジラの命を余すところなく大切に頂いてきました。肉を食用にしその他の部分でアクセサリーや工芸品などに加工していました。そんな捕鯨文化を私は享受できる環境の下で育てられました。


中学か高校生くらいだったころに両親からプレゼントされた私のお気に入りはクジラの歯で作ったネックレスでした。イルカの赤ちゃんような形です。何度使っても素材の色が変色するようなこともなく、デザインも可愛いので大好きです。当時石巻の旧市内にお店があった吉村商店さんから購入したものだったと記憶しています。そこで検索してみたら吉村商店さんのホームページがあり、いくつかの作品の写真が掲載されていました。私の持っているものにそっくりの作品がアップされていました。


手造りですので自分のものとはふっくら具合、印象が少々違います。それぞれが世界に一つだけなのがわかり懐かしくうれしいです。くじらがおめでたい素材として尊ばれていたのは知りませんでした。今流行りのパワーなんとかになるでしょうから久しぶりにまた着用してみようかな。


さて、こうした鯨歯の工芸を作るためには当然材料となる鯨が必要です。正当な手続きを経ている我が国の調査捕鯨に対し、環境保護という「へ理屈」をつけて暴力行為、危険行為を繰り返していたシーシェパードのニュースが報じられていました。今年は日本の調査捕鯨の妨害活動は行わない、というものでした。


彼らが妨害を今年は止めると判断するに至った理由が実に分かり易かったです。テロ等準備罪のおかげだったのです。日本で野党の皆さんが成立させまいと必死になって妨害し、あちら側の主張に好意的な新聞社が廃案にしようと世論誘導に励んでいました。与党が法律を成立させたおかげで早速具体的な効果が得られました。歓迎すべきことです。テロリストらは法律が成立すれば自分たちが困るからあれほど必死に嫌がっていたのだと裏付けられました。


良かったよかった。あのやり方はあまりにも危険極まりない愚行でしたもの。これで調査を担当している皆さん方が命の危険にさらされてしまう可能性がかなり減りました。まずは今年は一安心です。しかしまだまだ完全に彼らが活動をやめたわけではありませんから油断はできません。鯨の街に鯨の食文化や工芸の賑わいが戻ってくればいいですね。海の生態系を守りつつ利用と保護がバランスよく継続していくことを願っています。


以下 一部抜粋


活動団体のシー・シェパードの創設者ポール・ワトソンが、南極海における日本の調査捕鯨に対する妨害活動を中止することを2017年8月28日、公式サイト上で発表した。


団体の活動資金が限られていることと、日本でテロ等準備罪が施行されたことにより、活動の継続が難しくなったとコメントしている。


https://www.j-cast.com/2017/08/29306991.html







2017/08/29 13:06:20

憲法改正待ったなし!

今朝6時半にラジオを付けましたら北朝鮮のミサイルが日本の上空を通過し、襟裳岬沖に・・・。と非常に緊張した様子の放送をしていました。毎日不穏な状況続きです。


我が国日本は「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して」※日本国憲法前文参照 暮らしています。それなのによってたかって「平和を愛していないような振る舞いをする諸国民が公正でもなければ信義とは程遠い態度で信頼を裏切り続け」無慈悲な刃を突き付け焦土とする脅しを嬉々として公言してはばからずにいます。


先日産経新聞はミサイルが上空のものすごく高い位置で核爆発すると送電線や電気設備がやられて停電してしまう、電化製品が全部壊されてしまって使えなくなる、みたいな恐ろしいシミュレーションを図解入りで掲載していました。生活に甚大な支障がでると理解しました。「電磁パルス攻撃」というものだそうです。そういわれてもどうしようもないから、とにかく素人でも出来るような当たり前の備え(いつもの防災対策)は手抜きせずにしておきます。


北朝鮮は予定していたグアム周辺ではなくて北の方に魔物を放ちました。危険区域の色分けには我が宮城県が含まれていました。先日の予定では西日本が脅威にさらされていましたから我が国はどこに居ても安心できません。


とにかく一刻も早く多くの国民が願う形の憲法に改正をして欲しいです。大規模災害や万一に備えるためにまず緊急事態条項を定めること。憲法9条2項を削除。あと重複している条文削除と英文が原文で押し付けられたせいで変な日本語になっているところを普通の日本語にすれば国民も自衛隊の皆さんもどんなにか安心できるようになれることか。と私は考えています。


しかし、せっかく国会発議できる議席を奇跡的に持っている今の日本の政治の表舞台では不甲斐ない野党の皆さんが足の引っ張り合いに明け暮れています。議論さえ俎上には断じて乗せまいと必死になっています。日本人の生命財産を守ることより他国の思惑に与することが目的なではなのかと思わざるを得ないほどです。憲法9条があれば他国は攻撃してこない、といつも仰って方たちがいます。でも現実はこの通りです。


この状況を打開するため櫻井よしこさんをはじめ国内では改憲の運動を行っている人たちがいます。私はできれば2項削除を望んでいますが、現実を直視すれば与党内の調整もありますから折り合いが必要だという考え方もあります。そこで安倍総理大臣の「加憲」の考え方を受け入れてる方向に変えた方々もいらっしゃいます。


まずは議論そのものをタブー視する歴史観、空気感から日本人が卒業することが第一歩です。その次に議員らが発議をし、更にその次に国民が皆で考え抜き国民投票で選択することになります。占領下で押し付けられた憲法を保持したまま、思考停止させられている人はとても多いのが実情です。明らかな誤字さえ修正出来ないような状態が当たり前だとは思えません。国民が丸腰状態から救われるためには外交努力だけでは不十分です。国内努力もまた重要です。


9月1日は防災の日ですね。緊急事態条項が必要だと考える理由、防災と憲法についてのアニメ動画を貼り付けて置きます。


https://www.youtube.com/watch?v=p3qmN-52XQg


以下は文中で紹介した「電磁パルス攻撃」についての記事です。


http://www.sankei.com/premium/news/170827/prm1708270021-n1.html





コメント一覧

No.13991 嘉子さんのコメント 2017/08/30 16:09:38
りゅうさんコメントありがとうございます。現代は電気が無くては社会を回していけませんので出来る限り早急に皆で頑張って対抗策を整えたいですね。

No.13990 りゅうさんのコメント 2017/08/30 10:55:31
「電子パルス攻撃」、初めて見た言葉。サイバー攻撃どころではない。怖いですね。


会社概要

会社名
(有)グラントップ
カナ
グラントップ
免許番号
宮城県知事免許(5)4809
代表者
山田 嘉子
所在地
9811107
宮城県仙台市太白区東中田2丁目1−38
TEL
代表:022-741-0730
FAX
代表:022-741-2335
営業時間
09:30〜17:30
定休日
土日・祝 毎週水曜日午後
夏季・年末年始・大型連休
最寄駅
東北線南仙台
バス乗車4分
バス停名東中田六丁目分
バス停歩3分
メール送信はこちら
ログイン
 


123

このページのトップへ