2019/07/31 14:12:15

令和になって早くも3ヶ月

7月は今日が最終日。仙台は恐ろしく暑いです。会社にスポーツドリンクを持参して熱中症対策のため会社に引きこもっています。早いもので令和になってからもう3ヶ月経過したんですね。


この3ヶ月間で印象に残ったのは新にご即位した天皇皇后両陛下のことです。諸外国からの要人との接遇のレベルの高さを知り嬉しくなっています。通訳要らずの語学力もそうですがもっと好きなのは自然で美しい立姿です。
両陛下ともに体幹の整ったバランスの良い姿勢が際立っています。両陛下は私とほぼ同世代なのですがこの差って・・・。


お二人は歴史に残る緊張した行事、衆目を集めている場面で長時間微動だにせず、かつ自然に起立し続けていらっしゃいました。いったいどの程度のご鍛錬、どのようなトレーニング方法を実践なさっておられるのだろう。


体幹トレーニングの第一人者といえばサッカーの長友佑都選手ですよね。その長友選手とダルビッシュ投手がツイッターで呟いていることが話題になっています。論点はサンデーモーニングで張本勲氏が大船渡の高校生を出場させなかった監督さんの判断を批判したことについてです。


一流現役選手のお二人は張本氏の考えをまっこう否定。張本氏は怪我を恐れるなという考え方ですが選手たちは体を大切にすべきだという考え方で放送に喝を入れていました。私は長友氏、ダルビッシュ氏に賛同しています。


まだ18やそこらの若い選手が部活動のたった一日、一試合に人生のすべてをかけさせ死力を尽くすことか美学だ、みたいな視野狭窄社会、高校野球至上主義概念からいつかは解き放つのが良いだろうと常日頃から願っていました。


私がもしも父兄の立場だったらどう考えるだろう。チームのみんなはどうでしょう。「予想可能な原因」が素でやっばり懸念どおりの怪我をしてしまい将来有望な選手生命に悪影響を被らせてしまったとしたら・・・。


チームのみんなの心に、一生の間決して忘れられない、どうしても外せない負い目、重石を負わせることになってしまうのではないでしょうか。数年単位の長い目でみたら今回の監督さんの判断にたぶん軍配を上げるだろうと思います。


令和の時代は 明るく楽しく体をいたわりあうことを批判されないスポーツの時代 に向かっていけたらいいですね。






2019/07/30 15:33:01

ところでアジェンダってどんな内容だったっけ

英語に限らず既に日本語化しているカタカナ英語であってもどうにもこうにも大和言葉から発していないあの類の言語の習得が苦手です。その時は無理矢理覚えてもちょっと間を置くとすぐに意味が頭から抜けてしまいます。


本日も忘れていた言葉「アジェンダ」をググって「ああそうだっけ」となったところです。


忘れやすいのはこれだけではありません。リベラルとかマニフェストとかアウフヘーベンみたいなのが特に苦手です。何が原因かは知りませんがどうしても脳内で拒絶反応が濃厚に出るような自覚症状があります。


リベラルについてはやればやるほど理解するどころかますます意味が理解不能に陥ります。ちょうどリベラルという言葉の迷い道に入っていた頃、橘玲さんがストレートにリベラルについて解説している本があったので購入して読みました。


そのおかげで英語で意味するリベラルと日本で使われている単語の雰囲気の違いについてはまあまあ理解しました。確かにその時だけは。それなのに・・・。やっぱりダメです。記憶を定着できていません。


さて参議院議員選挙の当選以来「NHKから国民を守る党」の立花孝志代表改め党首が毎日話題になっています。YouTubeでは政見放送の再生回数が320万回越えだそうです。そのN国党に昨日丸山穂高議員が入党しました。本日は元みんなの党の渡辺喜美氏と会派を結成。「みんなの党」という会派を起ち上げました。


渡辺喜美氏と言えばアジェンダでした。あれからまだ数年しかたっていないけどアジェンダの意味がどうも怪しいことになっていましたので例によって検索して確認しておきました。みんなの党が結成された当時はかなりの勢いがあったものでしたがわずかの期間で消滅してしまいました。政治は一寸先は闇だといいますがまさにその通りだとわかります。


余談ですがこのブログでちょっと書いたことがある「マスザワ内閣」さんの7/29公開分でなんと当選後の立花代表本人が出ていてけっこう驚きました。まっすうさん、すごい!!。今のところチャンネル登録者数4.4万人ですが近い将来には超人気ユーチューバーになるれるかも。ワクワクです。時の人になった場合はこの嘉子が早めに見出した才能だという証拠にしたいのでわざとらしくここに書いておきます。


https://www.youtube.com/watch?v=CfQL2x83eEg





2019/07/26 10:06:19

NHK受信料を19億円も払わされる東横インへの判決

参議院議員選挙が終わりました。仙台市選挙管理委員会は選挙の度に恒例となっているミスがありました。自民党の愛知候補の票が立憲民主党の方に数えられていました・・・。


仙台ではこの前もミスがあり白票を水増ししていたことが発覚しました。その対策のためなのでしょう。今回選挙では見たことのない新型の機械がありました。個人に渡されていた緑色の投票葉書のバーコードを機械の上部の透明の部分にかざすようにしてから目の前で投票用紙が1枚プリントアウトされました。そして有権者の私にその1枚が配布されました。


投開票作業の方法そのものを改革して欲しいです。今時手作業なんてやめてマークシート方式とかにできないんですかねえ。瞬時にデータ化できるはずだし山本太郎と山田太郎の間違いみたいなことを防げる手があるのに敢えて旧態依然とした方法にこだわり改善しないのはどうしてなんだろう。


ところで私も仕事で利用したことのある東横インさんに気の毒な判決が出ていました。NHKに受信料を19億円余りも支払え、という超高額なものです。公共放送っていったい・・・。地域に貢献している民間企業からそんなに絞りとれるほどの何を放送して受信者に与えたというのか。価値観のギャップに愕然とします。


ホテルは建物を建てて建築屋や家具屋さんをうるおし、その後は雇用をし、食事を提供し周辺地域を活性化しています。初期投資、維持費には莫大なお金がかかります。ビジネスホテルですからお客様からいただく宿泊料も普段の日はそうも高いわけではありません。1泊5000円とか7000円とかでお洗濯、お掃除をした部屋を提供して得たお金の中から「19億円以上!」も払わせられるだなんて気が遠くなります。


可哀想すぎる。東横インは好きなホテルなので出張で利用するお父さんたち(女子も含む)が宿泊料が値上げされておにぎりの具材をけちる嵌めになるダメージを受けるのはファンとして見るに堪えません。NHK受信料の理不尽は日本人全員にとっての大問題です。


怖い話です。水道は水道局に支払いしたくないなら井戸を掘っても雨水をためてもなんとかしようがあります。電力会社に払いたくないなら自家発電とかソーラーという手がある。しかし現代文明の機械を持てばスクランブルを拒むNHK受信料を自分で拒む権利が認められていません。「対岸の火事」ではないのです。


他のビジネスホテルや旅館、病院、社員寮の各室ごとのテレビがこの憂き目に遭う可能性があります。そして昨今可決された法律により今後はスマホ、カーナビ、ガラケーに至る1台ごとの機械に請求書が配布されちゃう時代が到来するかもしれないとインターネット上では大騒ぎになっています。技術的にはあっさりと可能なスクランブル放送が実施されればどれだけの人たちの家計と企業の経費が助かることか。


こんなふうなアコギな取り立てをするから今回の参議院議員選挙では異変が起きました。立花孝志代表率いるNHKから国民を守る党が政党要件を満たす程度に得票できました。もしもこの判決が選挙前だったらもっと比例代表の得票数が獲得できたかもしれないと考えています。立花代表は昔NHKに勤務していた時代の個人情報、ご自分の給料明細まで公表し、実際にいかに高給取りだったのかや、NHK内部のいろいろな問題点を指摘し続けています。立花代表のYouTubeは法律の説明なども丁寧なので、どこぞのゴシップ雑誌を見るより面白おかしく知識が付きます。


ところで文句をたらたらと書いた私は朝ドラが大好き。見ている番組はほとんどNHK(笑)。スクランブル放送が実施されても受信料を払って見る側にまわるつもりです。


だけど家にテレビが無くてスマホだけの人、受信を求めていない、NHKを要らないという生活をしたい人にまで「電波の押し売り」をするのを止めて欲しいのです。災害とニュースなど、公共の部分だけスクランブルを解除して有料放送部分と分ければ解決できる問題だろうと考えています。


以下引用です。


東横イン、NHK受信料19億円支払い命令確定



7/25(木) 17:53配信








 ホテルの客室に設置されたテレビの受信料を支払っていないとして、NHKがビジネスホテルチェーン大手「東横イン」とグループ会社に支払いを求めた訴訟で、最高裁第2小法廷(菅野博之裁判長)は東横イン側の上告を退ける決定をした。東横イン側に計約19億3500万円の支払いを命じた2審判決が確定した。決定は24日付。4裁判官全員一致の結論。NHKによると、受信料訴訟で認められた支払額では過去最高。

 訴訟では、全国230カ所余りのホテルに設置されたテレビについて、平成24年1月〜26年1月に未払いとなっていた約3万4000台分の受信料が争われた。

 東横イン側は「NHKとの間に一部は支払いを免除するとの合意があった」として、一部の支払い免除を主張したが、1審東京地裁判決は「放送法は合意による免除を許可していない」と退け、受信料の支払いを命じた。2審東京高裁は1審判決を支持した上で、1審が請求を棄却したホテル1カ所についても受信契約の締結と約560万円の支払いも命じ、NHKの訴えを全面的に認めた。東横イン側が上告していた。

 NHK広報局は「主張が認められたと受け止めている」。東横イン側の代理人弁護士は「当方の主張が受け入れられず、極めて残念だ」とコメントした。







https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190725-00000556-san-soci









コメント一覧

No.14883 嘉子さんのコメント 2019/07/26 17:51:16
りゅうさんコメントありがとうございます。

No.14882 りゅうさんのコメント 2019/07/26 16:43:35
N国党やら、訳の分からぬ政党ができて参院選で当選者が。国政の場に何故?と思っていたら、このような背景もあるのですね。なるほど合点。


会社概要

会社名
(有)グラントップ
カナ
グラントップ
免許番号
宮城県知事免許(5)4809
代表者
山田 嘉子
所在地
9811107
宮城県仙台市太白区東中田2丁目1−38
TEL
代表:022-741-0730
FAX
代表:022-741-2335
営業時間
09:30〜17:30
定休日
土日・祝 毎週水曜日午後
夏季・年末年始・大型連休
最寄駅
東北線南仙台
バス乗車4分
バス停名東中田六丁目分
バス停歩3分
メール送信はこちら
ログイン
 


123

このページのトップへ