2019/12/28 19:55:43

続けるかどうするかを3択にしてみた

昨日のブログで来年もブログを続けるかどうか迷っていることに言及しました。


一晩考えた結果、卒業時期を決めなきゃないって法律があるわけじゃなし、誰かと契約しているわけじゃなし。


ここは敢えて 最後を決めておかない という取り組み方でどうだろう・・・。


学校とかだと6年 3年とか 区切りで卒業ってなる。


一方で会社の存続とかは日本の老舗なんて奈良時代あたりから建築業を継続している会社も存在しているとも聞いたことがある。


ものには始めと最後を決めた方がいいものと、続けられるうちは希望してそれが可能ならやり続けるものの二通りがあるらしい。


どちらを選択したいと私が考えるか、昨夜は2択で考えていたけど経済学の本を読んでいたら一番選択に適しているのは3択らしいんですよね。


本日足した一枝は 決めない。というもの。


1  やる


2  やめる


3  決めない


決めない自由、緩く適当に、書きたいときにはガンガン書きまくりネタが無いときはもしかしたらずっと休むみたいな選択肢もアリかなって思い至りました。


というわけで、


令和2年もどうぞよろしくお願いします。





2019/12/27 19:50:33

ブログ開始から丸11年経過した

令和元年という歴史の節目の一年でした。寿ぐムードで新時代を迎えることが出来ました。悲しみを伴わない歴史の転換というのもいいものですね。昨日はわが宮城県の丸森町に天皇皇后両陛下がご即位後初めて被災した方たちを気遣いお見舞いにいらしてくださいました。被災地の方たちはどれほど励まされたことでしょう。


個人的にはいろいろと例年には行わなかった能動的な動きをした一年でした。それに伴い、いくつかのことが変わりました。


総合的に差し引きしてみますと、良い事の方が勝ったと言い切っても良さそうなので素直に喜ぶことにしています。


事務所は大掃除を終えて松飾りも飾ってお正月準備は万端です。


振り返りますとこのブログももうかれこれ丸11年もやっています。最初は2009年1月からです。ここで切ればちょうど平成から令和時代の節目で区切りとしては綺麗なので来年もこのままブログを書き続けるかどうかについて思案中です。


だから来年もよろしく


と書くべきなのか、


今までありがとうございました


とするべきなのかについては本日はとりあえず保留ってところにしておいてください。







2019/12/20 9:38:46

日本発 両替商に期待

令和元年12月も残すところあと10日余りになりました。年末年始のお休みを利用してに海外旅行に行くひともたくさんいらっしゃるのでしょうね。その時に必要になるのが訪問先で使用するための各国通貨です。その外国のお金と我が国通貨である円を両替する方法がこれからもしかしたら大激変するかもという話題がありました。


私の好きな竹田恒泰氏が12月11日、156か国の通貨に対応できるXcoinについての記者会見をしていました。一時間ものだったけど記者会見の始まりで説明30分、後半30分は質問となっていたので竹田氏が説明をしている前半約30分だけを見ました。


感想は「すごいっ」「本当にこれ、実現できたらいいじゃん」と声には出さなかったけど内心で歓喜の雄叫びをあげました。世界の通貨事情が激変するのかも。もしかしたら日本発で世の中が地球規模で新時代を迎えるのかもと興奮気味です。


たしかに外国へ旅行に行った際、旅行者はホテルで両替するとお高いから街でどうのこうの、みたいな手間暇をかける必要に迫られています。その辺りの不便さとか理不尽さに気づき、それを解消すべくすでに数年前から商売にしていたとは・・・・。


両替商という古くて新しい用語にまず新鮮さを覚えました。


NHK朝ドラの「朝が来た」ではヒロインの実家と嫁ぎ先が両替商でした。ドラマでは江戸時代末期に商売が成り立たなくなり明治時代には無くなっっちゃた風な描かれ方でしたのでもう今は存在していない商売だろう、みたいな出鱈目な認識しかなかった。


そうか、通貨の両替って今もこんなに外国人との間にあるのだから両替商なる商売は、この令和の時代だって成り立っているのだ、というごく当たり前なことにまるっきり思い至っていなかった私って。己の無知さ加減!!穴掘って入りたい。どんだけ馬鹿で世間知らずだったことよ。と嘆くことしきりです。


こういう無知人間がゴマンといる中で、一方ではこんな風に誰も着手していない新しい仕組みを法律に抵触しないよう形にするまで動いていける行動力のあるお方もいらっしゃる。もう、竹田恒泰氏の力量にただただ感服するしかありません。


せっかくでしたので竹田恒泰氏のいつものチャンネルの方もついでにチェック。両替商を始めたきっかけの物語を知りました。お財布の中に思い出の紙幣を入れていた話。こういうほっこり話っていいなあ。日本発のこのコインが将来どう成長していくのか、とても楽しみです。







会社概要

会社名
(有)グラントップ
カナ
グラントップ
免許番号
宮城県知事免許(5)4809
代表者
山田 嘉子
所在地
9811107
宮城県仙台市太白区東中田2丁目1−38
TEL
代表:022-741-0730
FAX
代表:022-741-2335
営業時間
09:30〜17:30
定休日
土日・祝 毎週水曜日午後
夏季・年末年始・大型連休
最寄駅
東北線南仙台
バス乗車4分
バス停名東中田六丁目分
バス停歩3分
メール送信はこちら
ログイン
 


123

このページのトップへ