2020/09/29 9:35:56

100万人の署名集めで思い出した事件

昨日は大村愛知県知事の非道を放置しないために社会で起きている具体的な動きについて書きました。ところで、知事のリコール、署名活動が成功するためには100万人近い県民の署名を集めないと達成できない模様です。


この署名100万人という膨大な数字を聞いてある事件の署名数を思い出しました。私が昔、ある報道を聞いた時に「このテレビの伝えている数字は本当に集められ得るものなのだろうか・・・」と感じた事件です。ブログ主は署名集めの手伝いをしたら一日中立っていてもせいぜい数人にしか書いて貰えなかった苦い経験がありましたので数の膨大さにとても驚きました。


もしも、当時のこの報道が本当なのだとしたら、こんなに早く大量の署名を集める技術、コツを、リコール運動を実施なさっている皆さんはぜひこの方たちから伝授していただいたら如何でしょうかね。


こちらの署名は容疑者に対する量刑を裁判に任せるだけでは足りないと思った人達が署名でどうこうしようとする活動でした。この事件の容疑者は無罪を主張し冤罪だと話しているとウィキペディアには書いてありました。


私の関心はこの事件から派生した別件にもあります。この女児に関する事件について、被害者遺族が開催した記者会見会場に取材のため入場しようとした人物(仮にAさんとします)が受けた暴行事件です。まだ犯人逮捕に至ったかどうかくらいの微妙な時期に起きたことだったと記憶していますが、Aさんはある人物に廊下で倒され、首を圧迫され、持っていたカメラと鍵を奪われてしまいました。


警察は当日中に犯人特定ができており、千葉県庁の建物に設置された防犯カメラにも暴行の様子が記録されていたにも関わらず、なぜか担当刑事はAさんに対し暴言を吐いた上で被害届受理を断固として拒みました。それによりこの別件の方はAさんが執念で犯人を隠蔽し続けようとする警察と死闘を繰り広げることになりました。


相手は県警。組織全体対ただの一般市民一人(ユーチューバー)です。Aさんは弁護士を付けるお金が無いので自分の力だけでかなりの日数を要しましたが、いろいろな方面からなんとか被害届けの受理にまでこぎつけさせ、さらに一歩一歩地道な抗議活動を続けて、やっと昨年、この暴行事件の決着までもっていきました。


Aさんの手元には犯人が川に捨てたところから揚げられたフジツボのついたカメラが戻り犯人は罪状に応じた裁きを受け決着を見ました。このAさんの事件の結末についての報告動画を見た時は喜びとともにボーっとしました。Aさんはこの案件に延々と年をまたぎ取り組み続け、その様子を子細に撮り続け、YouTube上で公表し続けていました。大量かつ長時間の、粘りに粘ったシリーズ動画を我が身の精神の弱さからチラ見して理解したつもりになっていた視聴者として深い感慨にふけりました。他人ごとでも理不尽さに腹が立ち、体に悪いやり取りの連続でした。


国家とは、警察とは、治安維持とは、市民と警察との関係とは、取材とは、社会の見守りと警戒とは・・・。そういったいろいろな事を考えされられたことが今も忘れられません。Aさんは自分の事件の解決をもってこの事件とは距離を置く考えを述べていました。ただし被害届受理を拒んだ担当刑事に対する恨みだけは温存するそうですけどね。


傍観者に過ぎない私の素朴な疑問はまだ消えていません。どうして千葉県警は被害届受理を頑なに嫌がり続けたのだろうか。淡々と処理すればすぐに終わりそうな事件でした。でも当初から相当な期間はそうしようとはしなかった・・・。Aさんほどの執念と証拠が揃っていてさえ解決までに長時間を要し困難を極めたとことは摩訶不思議です。


とにもかくにも、そんなこんなのマスコミでは流されていなかった派生事件まで起きていたこの事件です。テレビは延々と女児の動画を流しては犯人とされる人物許すまじ、近所の大人でも怖い人がいるのだから子供たちは警戒しなさいという趣旨で連日連夜大々的にこの事件を扱っていました。その悲しい事件関連の社会の美談、世界から集まった署名・100万件以上、この膨大な数字が実はそんなにたくさんは集まっていなかった・・・。なんてことは断じてないんですよね。


こちらの事件の署名は外国語で書かれているのが大半でしょうから、どうやってその信ぴょう性を確かめて報道していたのかなと当時から興味を持って視聴していました。今更ですけどこの事件で為された署名活動の、その辺の具体的手法について知りたいです。世界を驚かせるほどに画期的且つ効率的な作業手順が分かって、やり方を共有できれば、今後あらゆる事案で行われるであろう署名集めを劇的に捗らせられるはずです。


知事のリコール運動の場合は一人一人、実在する人物が本当に書いたのかどうかを確認する作業があるのだと聞きました。温故知新といいますから、ブログ主の記憶の掘り起こしはきっと公益性、ありますよね。愛知県知事リコール運動達成にむけて成果を出せたら他県民ですが喜ばしいです。



以下記事の一部を引用しました。


「松戸ベトナム女児殺害事件」父の慟哭 「リンちゃんてんこくいけよ。あいたいよ」
国内 社会 新潮45 2018年7月号掲載


https://www.dailyshincho.jp/article/2018/06220620/?all=1


(一部略)


 届け出てから間もなく、ハオさんは街頭で署名を呼び掛けた。まずは柏駅前で、続いて上野駅、千葉駅とそれぞれ1週間、立ち続けた。


「朝の10時から夜の8時まで。駅に立つ前に警察に申請しないといけないんです。申請書類を書くのは最初、友人に手伝ってもらい、次からは自分でやりました」


 一緒に呼び掛けてくれる日本人やベトナム人も現れ、その数は多い時で10人ほどに。海外からも署名は届いた。そうした地道な活動が奏功したのか、第2期の4月9日に提出した段階で、署名者は約113万人に達した。日本の居住者が約6万9千人、ベトナムが約105万人で、残りが両国以外の居住者だった。






2020/09/28 10:52:26

桜井誠氏あいちトリカエナハーレ2020会場前で

昨日27日は愛知県名古屋市からのライブ中継と渋谷駅前のクラスターデモの中継を見ました。どちらもすさまじい勢いの妨害と、それを防御する主催者側とのバトルが繰り広げられていました。


やらせ無しのガチの戦いというのは、テレビや舞台、プロレスの作り物、俳優さんや演者さんたちが演技をまことしやかにそれらしくやっているのとは迫力が違います。どうなってしまうのかと相当な心配が混じりますからかなりドキドキします。


まず昼間は桜井誠氏の路上バトルを視聴しました。桜井氏が名古屋に行った理由はあいちトリカエナハーレを主催したためでした。これは以前、愛知県が公費を使い実行した「あいちトリエンナーレ2019」を批判するためのイベントです。「あいちトリカエナハーレ2020」と名打ち、名古屋市の会場で2日間にわたり展示物を展示しました。前回は桜井氏がチマチョゴリを着用・披露して存在感を印象付けたあのイベントの2回目です。


忘れている方もいると思いますので敢えて説明します。今、愛知県では愛知県の大村知事が高須院長を代表とした県民らによりリコール運動を起こされているまっ最中です。


あいちトリエンナーレ2019では、昭和天皇の御真影をバーナーで焼き、その灰を足で踏みつけにするという、日本人としてはとうてい許し難い展示を芸術だと述べたにとどまらず、大炎上後も開き直りのような態度を取り続けていることに大批判が集まっています。その他の作品も安倍総理に似せた人形を踏ませる光景であったり、英霊を侮辱する張り紙をベタベタと集めた表現でこき下ろしたりと醜悪かつさんざんな内容でした。


でも内容が多くの人につまびらかにされていたわけではなく、テレビしか視聴しない人が知る情報はかならずしも十分でないように思っています。マスコミ報道はいわゆる従軍慰安婦関連作品に目を向けさせるような偏った報道姿勢で目くらましを図っていました。一番義憤が爆発するはずの昭和天皇の御真影の焼却はひどすぎてテレビが放送すら出来かねたのか、隠す意図があったのかまではわかりません。


誰のための、何のための展示なのかと侮辱のオンパレードの内容に我々の税金を投入してまで運営されたことに義憤を感じた人は大多数であっただろうと想像しています。勝手に自費でやるのと、公費を使って行うのとでは意味が異なります。愛知県側は事前に国や名古屋市にはこのような展示をすることを隠していたと報じらてれていました。


このようなとんでもない展示に異を唱えるために桜井氏らは半沢直樹風の行動をとりました。やられたらやり返す。です。前回はそっくりのものを作り、対象物をとりかえることで向こう様のおっしゃる芸術とやらの物まねをして見せたわけです。あちらが良いとするのならば、こっちの表現もアリでしょ。ねっ。というしごく当たり前の理屈です。


ところが妨害者側、先方にとってはこっちがやるのはいいけど、あんたらはやっちゃダメという認識のようで・・・。すさまじい音量と圧でクラスター(集団)になり罵声を連呼していました。ところがです。なんだかまこりんちゃん、この絶叫の中にありながらもとても生き生き溌剌としていました。


久しぶりの街頭演説、嬉しそうでした。だって桜井氏は武漢肺炎感染防止のため徹底した自粛を続けていましたからね。公衆に向けて生で話しをしたくてうずうずしていたのは察して余りあります。マスクを外し、2メートルの間隔をとった上でカウンターの人たちに説教していました。良く通る声でした。


氏曰く、「多文化共生、多文化共生というのなら、この桜井と共生してみせろやっ」。確かに(笑)。です。目の前の桜井氏と共生できないとすれば、初手から全然共生する気なんかないじゃん。と共感する聴衆がクスクス笑いしていました。攻撃側の悪口はワンパターンで批判の内容が具体性に欠け、聴衆の意思を引き付けうるだけの説得力、根拠が示されてはいませんでした。ただ大音量で騒いでいただけでした。


今年の展示内容を私は観ていませんが、日本第一党党側の発表によりますと名古屋市からは差別的な展示物は無いと判断されて会場を借りることが出来たようでした。最初は愛知県の施設を使う予定でしたが一度出た許可が取り消されるという珍妙な出来事もあったようでした。名古屋市の河村市長はリコール運動を推進する側にたっているようです。さて。どういう決着になるのでしょうか。









2020/09/25 10:31:34

仙台市のいじめ問題を思い出した

菅義偉氏が内閣総理大臣になり組閣も決まり一段落しました。少し前の話ですがユーミンこと松任谷由実氏が安倍前総理大臣の辞任に関して率直な気持ちを話たことに突っかかり炎上しまくっていた某有名人がいました。


世の中には自分の考えや気持ちと同じ方向を向いていないことを公然と話す人物を断固として許せない気持ちを持つ人達がいます。そのような考えの人の中でも全員が全員同じ行動をとるとは限りません。


仮に自分がムカッっとしたとがあったとしても、そこで批判を表に出さずに止めることが出来る人と、残念ながらそう出来ない人、看過できない人の2つに分かれます。今回の炎上した人はおそらく看過できないタイプだったのでしょう。


今回の件に限定すれば、私の感想は世間様と同じでした。あれは言い過ぎ、ひどいと思いました。炎上やむなしという風に捉えました。ひどい言いようをしたユーミンさんへの批判者に対する批判はされてしかるべきであろうと。


ところで、私が直近に読んだ本は 


ヒトはいじめをやめられない  中野信子 小学館新書 です。


いじめの始まりは「間違っている人を正す」という気持ちから発生します。 P60 のだそうです。


で、SNSの炎上は


あの人は正しくないことを言っている、共同体のルールに従わない人なので、攻撃してもいい人ですよというお墨付を自分は得ていると思い込み、正義を振りかざして、あらゆる言葉を使って相手を痛めつけているのです。 P61


更に著書では有名なスタンフォード大学の監獄実験を例にあげてから・・・。


誰でもシステムと状況次第で悪魔になり得る、そして正義という一種の脳内麻薬の中毒になってしまうことがわかります。P66


と結んでいました。


私はハタと。なりました。ユーミンを批判した人はたぶん自分の正義感?からだったのかな。で、ユーミンをこき下ろし罵倒した有名人の言論を批判した人も正義感からなんだろうな。で、ここにこうして書いている私も正義感からなのなかあ?


さらに読み進めましたら仙台市のいじめ問題もこの本に取り上げられていました。p112 。2017年4月に起きた仙台市内の中学2年生の自殺についてでした。教育長や校長の発言の変遷についての記述があり、仙台市民のブログ主は当時の憤りを思い出したところです。


この、いじめ問題は地元仙台市民らににとって、なんとしても次世代の子供達の命と幸せをを守ることが必須課題だとして共有認識されたように分析しています。なぜなら仙台市長選挙ではこの騒動の後、いじめ問題に取り組むことを公約にした郡和子氏が仙台市長に当選したからです。


その後の仙台市の教育界では、新市長の元で「いじめ問題」は良い方向に向かっているのでしょうか。それともむしろ隠蔽がひどくなり、どこかに泣きながら耐え忍んでいる心引きちぎられるほど切ない想いの児童、生徒がいるのでしょうか・・・。外部の一市民の立場では伺い知る由もありません。


令和2年度は武漢肺炎禍でいつもの年とは劇的に違う環境に置かれている学校現場はどのような状態になっているのかと案じています。その一方でもしかしたら密室となる教室にいる時間が減ったことでかえっていじめられっ子にとっては望ましい環境、無事なのかも・・・。とも考えました。


今年の大パニックにより子供たちは教室を離れていていても学習する方法があることに社会は気づき実践を始めました。ここでは善悪、弊害の有無についての考察は脇に置きます。とにかく社会変革の年になったことは間違いありません。


中野氏によりますと、脳科学的には 6月と10月から11月が安心ホルモンのセロトニンの合成量のバランスが崩れ気持ちが不安定になりがちなのだそうです。もう少しでこの季節になります。人類初、感染防止策を強度に求められる状況下で現場を預かる良心的な教育関係者の皆様のご苦労を察しますと本当に頭が下がります。






会社概要

会社名
(有)グラントップ
カナ
グラントップ
免許番号
宮城県知事免許(5)4809
代表者
山田 嘉子
所在地
9811107
宮城県仙台市太白区東中田2丁目1−38
TEL
代表:022-741-0730
FAX
代表:022-741-2335
営業時間
09:30〜17:30
定休日
土日・祝 毎週水曜日午後
夏季・年末年始・大型連休
最寄駅
東北線南仙台
バス乗車4分
バス停名東中田六丁目分
バス停歩3分
メール送信はこちら
ログイン
 


123

このページのトップへ