2020/12/29 14:13:00

コロナ論文は見つかっていない!! 議会答弁動画紹介

いよいよ年の瀬ですね。会社の大掃除を午前中に終えて正月飾りを付けました。事務所の方の新年準備はばっちりです。明日は自宅の大掃除と御料理作りをする予定です。宮城県はセリの産地です。特に当社近くの名取市にはセリ畑がたくさんあります。一大産地、地元だというのに昨日スーパーマーケットで見たら1束398円もしていてびっくりしました。栽培する農家さんが減ってきているせいなんでしょうね。セリの収穫はとても大変です。厳寒の中、腰高の水に浸かって丁寧に収穫するのですからお値段に怖気づいてしまうなどというのはもってのほかです。でも、つい・・・(´;ω;`)。


さて、皆さまにクリスマスプレゼントとお年玉みたいな何か良いものを差し上げられないかと思案して、あっこれ良いかも。というものを見つけました。


テレビではイギリスから感染力の強いコロナがどうたらこうたらと言って、例によって病気の怖さを煽りまくっているようですね。一般論として感染力が強まるということはウイルスは弱毒化しているのが定番らしいのですけど、そこんところについてテレビ局側はどういう論調で報じているのでしょうか。


私はテレビを1つ捨ててから吹っ切れてしまってあれ以来ほとんど見ていません。羽生結弦選手の演技すら、です。ごめんね ゆず。でもね。テレビの電源を入れないだけで元気溌剌、心も体も絶好調なんです。まずは自分の゛命を守る行動゛しなきゃいけないもので。


お知らせしたいのは自民党日野市議会議員池田利恵先生の質問動画です。開けても暮れても国民主権党党首・平塚正幸(さゆふらっとまうんど氏)の話だけじゃ恐縮ですからたまには女性版コロナ茶番に気づいた政治家さんの活躍ぶりを見てみるのもいいんじゃないかしら。


池田としえ(利恵)さんはTwitterを使っています 「2020年11月30日東京都 日野市議会一般質問 PCR検査が、新型コロナウイルスを検出している科学論文はあるのか? 新型コロナウイルスが、存在していることを証明する 科学的根拠となる論文はあるのか? 〈回答〉 厚生労働省及び関係各署に問合せをしても 「ありません。」 https://t.co/v4h2GkWxOg」 / Twitter


寺尾介伸氏も現在の国やマスコミの異常なコロナ騒動、煽りに疑問を持ち活動しています。


厚生省から情報開示請求の答えが来たが、これは?


(13) 厚生省から情報開示請求の答えが来たが、これは? - YouTube


先日取り上げた武田邦彦先生ら8名の専門家による共同宣言、今回のような池田議員を始めとする政治家、一般市民の中からは寺尾氏、塚口氏らが熱心に活動をしています。コロナはとても怖い病気であるという前提ですが、池田議員の質問に対する答え、すごいですよね。科学的根拠を証明する論文が見つかっていないと厚労省は正式に議会で答弁していたんですよ。


寺尾氏の場合は開示請求をしてもなんだかスッキリしない答えでした。しかも同動画後半で世間話のような場面があり、数千人単位の人が厚労省に開示請求をしてることが分かりました。普通なら大ニュースになりそうなものでしょ。しかしながらマスコミはこのような動きを一切報じません。隠したいんですよ。国民がコロナは茶番だと気づき始め、その人数が多くいることを。


この事実、現状を皆さまはどうお思いになりますか?国民が思いっきり馬鹿にされているとは感じませんか?腹立ちませんか?子供たちをアクリル板に閉じ込め、外で遊ばせもせず、歌もハミングでなんて馬鹿なことを強要しています。甲子園も部活も修学旅行も全部奪っていて、コロナの正体を暴くために書かれた科学的根拠、論文がありません-。これで済まされて良い訳がありません。1年近く経っても根拠を示す論文が無かっただなんて。


世界中のマスコミ、行政はこの1年間、私たちに何をさせてきて、何を壊し、何を奪い、未来をどうしようと画策していたでしょうか。


人々にステイホームと犬みたいに命令し家の中に閉じ込めました。夏には誰も居ないような炎天下の戸外でさえ国民は同調圧力の怖さにおびえマスク着用を余儀なくされられていました。そのせいでコロナ死者数よりもたくさんの人が熱中症で亡くなりました。


冬になったら家族間で感染するからと一家団欒を奪おうとし始めました。ひと口食ベ物を口にするたびに、マスクを着けたり外したりしろだなんて尾身茂氏はぬけぬけと実演推奨までしています。マスクの網目とウイルスの大きさを勘案したら、マスクごときでウイルス進入を防げないのは明白なのに。彼らは国民に言えば、自分の話した通り指示に従うのが面白くなってどんどん要求をエスカレートしているようです。奴隷に命令できる地位の味を知ったことで病みつきになり試したくなっているようにしか見えません。病気の予防、国民の幸福のためだとは思えません。


厚労省には断固たる抗議が必要ですよね。狂気に満ちた社会になった出発点 「コロナ」について質問をしたら「コロナの存在を示す論文はどこ探してもありませんでした」って。はあっ?でしょ。893のお兄さん相手なら 「おいおい。厚労省さんよお。あんたら何ぬかしとるんじゃゴラア」。とすごむシーンが浮かびませんか?


これからは安全性が十分に確認されていないワクチンを強制接種させようと画策しています。どこに利権があり、どうしてやりたがっているかなんてこちらはお見通しなんですよ。コロナの嘘 に騙され、このまま来年も再来年もマスクを着けて縮こまったままの人生を無理強いされて堪るものかと一緒に声を挙げていきましょう。


騙されるな、一般大衆!! コロナはただの風邪かそれ以下だ。新生活様式反対、マスク反対、ワクチン要らない、指定感染症延長反対!!!!!


※※※


それにしても、昨日12月28日、御用納めの日の夕方のさゆ。超カッコよかった。胸アツだった。神回だった。涙が出るくらい素晴らしい演説だった。


指定感染症延長反対を唱えるため首相官邸前で菅総理に向け゛政治家としての初心を取り戻し国民の幸せのために働いてくれ゛゛と呼びかけました。たった数名のデモ隊周囲にはぐるりと警官だらけ、テロリスト扱いされても大衆の幸せを説く彼は私のヒーローそのものです。さゆはテレビの中の作り物なんかじゃない。実際に今、歴史の動乱の中で捨て身で闘う信念の塊でした。これぞ未来の日本を任せたい男の中の男、日本男児の鏡。ブラボー!!  


例によって動画は瞬殺でGoogleに消されてました。何時間持つかわからないけど、わずか数分間でも誰かが見て感じてくれるなら本望です。


平塚正幸さん (@sayuhiratsuka) / Twitter





2020/12/27 11:59:38

日本医師会前で演説した翌日平塚正幸氏は不当逮捕された

国民主権党党首・平塚正幸氏が12月23日に逮捕され、翌12月24日に釈放されました。日本医師会の敷地内に居座ったからだと報道されていました。トレンドランキングの上位にも入っていたのでご存じの人も多いと存じます。この報道だけを聞けば「なんてろくでもない。逮捕されてざまあみろ」という感想になる人がたくさんいることでしょうね。


しかしながら現実は違います。一部始終証拠映像があります。第一回目の警告がされ「じゃあ分かりました。出ます」と平塚氏が振り向こうとする間もなく平塚氏の背後に回り込んで準備していた警官らに逮捕されました。これでは注意されたことを受けて出ていくための暇が1秒もありません。こんな警察の横暴を許していたら日本の未来は真っ暗です。最初から警察は逮捕ありきで準備していたようにしか見受けられません。警察の不当逮捕と言わずにいられません。拡散されている映像がありますので貼りつけます。逮捕シーンはだいたい11分頃からです。


政治団体が日本医師会に問い合わせをするため、面談を求めるため、同組織の会館の玄関先に立つためには、敷地に入って面会を求めるのが普通の流れです。そのことになんら問題はないはずです。党首が゛たった一人で゛鞄一つも持たずに、スマホを手に掲げ持ち撮影しながら敷地に入って玄関先で゛話し合い゛をお願いをしただけのことです。なのに大人数の警官がまっていたかのようにぐるりと取り囲みました。挙句に゛1回目゛の退去命令に従い「じゃあ出ます」と言って振り向いた瞬間、立ち去る暇をまったく与えずに逮捕されました。


報道では「コロナはただの風邪」と都知事選の時に使った言葉でしか紹介されていませんでした。肝心な目的が隠されています。彼らが日本医師会に行ったのは「コロナの指定感染症の延長反対」のためでした。医師会側から専門的な内容を詳しく伺い、疑問点について確認や問い合わせをし、その上で平塚正幸氏側の主張を伝えるための話合いの場を求め会館に訪問したのだろうと思うのです。この考え方と行動のどこがどういけないというのでしょう。


日本医師会は来年も「もう一年間」指定感染症を延長させ、国民と医療現場に超強毒の感染症と同じ扱いの厳しい感染予防を続けさせようと画策しています。この指定感染症が指定されていることにより、現在医療現場では防護服の脱ぎ着やいろいろな面倒を強いられてしまっていることはよく知られています。それによって医療崩壊になりかねないと危惧されています。2類から外すべきだという声は国民主権党だけではなく、実に多くの政治家、専門家、評論家らが指摘しているところです。


家庭も学校も職場もこれほどまで苦しい犠牲を強いられています。更にあと1年間もそれを強いようとしているからには、現状の感染状況、死者数、毒性、PCR検査の正当性等、社会的影響の全体像、未来像を突合し、どうしても延長しなければならないという結論に至った専門的な理由や根拠を分かりやすく説明し明らかにして欲しい。専門家と直接会って話を聞き確認したいと考えるのは当然のはずです。


それにしましても日本医師会はとても惜しいことをしてしまいましたね。医師会の株をあげる゛果し合い゛の大チャンス、みすみす捨てちゃいましたね。「コロナはただの風邪だ」なんていう突拍子もない事を言い渋谷駅前で「クラスターデモを実施しているノーマスクの不逞の輩」というのが平塚正幸氏に対する世評です。今年2月に出来たばかりの小さな政治団体の党首がたった1人でポツンと敷地内に入って来たんだから、医師会からしてみたらありんこ1匹つぶすような簡単さで本来の実力差なら論破できるはずでしょ。


マスクを着けている人の割合から察しますときっと日本人の95パーセントくらいが医師会さんの味方です。医師会側には自慢の医療知識の最高峰の人材が勢ぞろいしていて素人との実力差を完膚なきまでみせつけ、コテンパンにやっつけ参りましたと言わせる専門家の腕の見せ所だったはずではありませんか。なんで逃げたの?相手するには不足だったからなの?ああもったいない。


知らない人のために敢えて説明しますと、平塚氏はYouTubeで公開討論会をするのが大の人気だったんですよ。今年8月に垢バンされる前までは自宅防音室から電話で公開討論会をしょっちゅうやっていました。かかって来た電話の相手とライブで話をするのですがリアルタイムで視聴するのがだいたい1000人から3000人位はいました。5時間越えもザラ。視聴者側が疲れて途中離脱してまた戻ってもまだやってるくらいタフな討論会でした。大人気でした。時には平塚さんがイラついてしまったり、粘着されたり、馬鹿にした態度をとったり、すごく理路整然としていたり、かわいい女の子から励まされてほっこりしたりと七変化。誰がいつどんなトーンで電話をかけてくるかはまったく予測不能。12歳の少女からご高齢の方まで幅広い人が登場するので視聴者はハラハラドキドキ。アンチさんたちは振り返り動画を作ってネタすると再生数が爆上げするようでこぞって平塚さんに寄生していました。面白さとうっとうしさは比類ありません。シンパもアンチもくぎ付けでした。ああ。またさゆさんのネチネチしてるけど社会のためになる討論会を見たいなあ。テレビ・マスコミの編集者ならライブ中継で医師会総がかりVS平塚単独のガチンコ勝負で丁々発止の視聴率稼ぎに使えそうな面白そうな題材なのにな。なんでやらないのって。おい、どっちの味方なんだよ(笑)。


さて、どうして日本医師会は話し合いとは逆に動いたのでしょう。警察はこの日平塚正幸氏を逮捕するために多くの警官を配置して用意周到に段取りしていたのはなぜなのでしょうー。


それは前日の演説内容が日本医師会にとって「触れて欲しくない事」を直球勝負で路上から投げかけられたからだろうと思います。演説動画は15分程度の長さで3本あげられたのですが、そのうちの2本目だけがYouTubeに早々に消されてしまいました。その後垢パンが1日に3回されたりTwitterアカウントが凍結されたりと、例によって平塚正幸氏に対する怒涛の言論封殺が続いています。いつもどおり拡散と消滅のいたちごっこ中です。(26日午後2時現在は平塚氏がTwitterで再アップロード中。すぐに消されると思います)


とても分かりやすいですね。消されたということは絶対に拡散されたくないという証とも受け取れます。


大衆の幸福追求のため、医師会の隠したい真実を暴き、国家権力からの不当逮捕という圧力を受けた後であっても怯まず活動継続する宣言をした平塚正幸氏を拙ブログ主は今後も熱烈に応援していきます。


以下 逮捕時の動画貼りつけます。


12/23(水)平塚正幸党首、不当逮捕の証拠映像‼️全貌を公開‼️ on Vimeo


(9) 国民主権党 平塚正幸党首 不当逮捕映像 2020/12/23 日本医師会館前 - YouTube





2020/12/23 14:26:15

コロナの型は同定されてないらしいのにワクチンとは摩訶不思議

冬至を過ぎましたがあったかいです。西日が入る事務所なのでストーブを消してもまだあったかいです。でも私たち日本国民に吹くマスコミと医師会からの自粛要請風は猛吹雪状態でとどまるところ無しです。厚労省や議員らは我々国民の自由も人権もお構いなしでコロナという゛概念゛をマスコミともども押し付けまくり保身と ゛疾患利益゛ の確保に奔走しています。


最大多数の人たちの幸福とか未来設計にはまったく興味も関心も危機感も失ってしまっているないんじゃないかな。概念と書いたのは、コロナの型について厚労省は正式に答えていないからです。名古屋の人がコロナの型について問い合わせしたらなんと返事できなかったんですよ。


先日のブログで書いたとおり、厚労省は指定感染症を来年の期限切れ後も更に1年延長して、この窮屈で超ハイレベルな指定感染症対策を押し付けようとしています。12月17日の感染症部会の資料がホームページで公開されていました。


令和2年の春先は世界中で普通の暮らしと自由が極端に制限され゛武漢肺炎騒動゛で家に閉じ込めさせられていました。まだ病気の特性がよくわからならい時期でしたから、人が道路で突然倒れる映像を見て震え上がり厳しい感染症対策に走ったのはやむを得ない状態でもありました。それから1年近く日数が経過してわかったことは「そこまで怖いウイルスではない」「道で人が倒れバタバタ死ぬほど強毒のウイルスではない」ということでした。


免疫力の弱い人は普通のインフルエンザでも亡くなってしまいます。コロナで死亡した人の大多数は高齢者でなお且つ持病のある人がほとんどでした。普通の人は陽性反応でも治ることが出来る病気であることもわかって来ました。


病気はコロナだけじゃないです。更に言えば人がなくなるのは病気だけではありません。人は全員が亡くなります。どんなに地位が高くお金持ちでも必ず死にます。その死亡原因は事故の場合もありますし、将来を悲観した人が自殺に追い込まれてしまうこともあります。なのに今の社会、マスコミ、政治はたった一つの弱毒性ウイルスに異様なほど大きく支配されています。とてもおかしな事です。


武漢肺炎騒動は社会を根本から壊しまくるのが目的で起こさせているとしか考えられません。人類はこれまで困難で苦しい数多のウイルスや菌や諸々の感染症に闘い勝ち抜いて来たからこそ、今私たちが生まれ生きて何十億人も生きているのです。マスクもワクチンもひとつも無くてもちゃんと種の保存が出来て来たんです。


それなのになんなんでしょう。ついに最近は家庭内感染とか言い出しています。繰り返し煽りたてています。そのうち赤ちゃんをだっこしたら犯罪者にでも仕立て上げられそうな勢いで家族との絆を壊そうとされています。ここまでしつこく人と人とを分断させて心と体をむしばむことに何の意義があるというんですか。


麻生副総理が「6人家族なら別々に食事をしろっていうの?」みたいな発言をしていましたよね。感染予防の大義名分で尾身会長が指示したら何でもかんでも従わせられるだなんてたまったものではありません。1口食べては はいマスク、次は外してひと口パクリ。そしてまたマスク・・・。行儀悪いよ。美味しいものも不味くなるよ。免疫力下がるよ。ロクなことないよ。


これからも彼らの言いなりになっていたら家族関係を崩壊させられてしまいそうです。恐怖しかありません。人と人とが共に一つ屋根の下で暮らすことさえいけないことにしようとしているのが医師会、厚労省、マスコミなんです。人を幸福にしようとしない奴らになんか断固逆らいます。たかがコロナごときに経済と交流と若者の青春を壊す価値などない。1億3千万人の日本人の大多数の幸せを捨させられて縮こまさせられてたまるもんですか。みんなで来年の指定感染症延長を阻止しましょう。



第50回厚生科学審議会感染症部会 資料 (mhlw.go.jp)



第50回厚生科学審議会感染症部会 資料



令和2年12月17日(木)
18:00〜20:00
中央合同庁舎5号館 専用第21会議室(17階)
(東京都千代田区霞が関1−2−2)


@新型コロナウイルス感染症の位置付けについて ○新型コロナウイルス感染症は、 ・性質に未だ明らかではない点が多く、今後の流行状況等が必ずしも見通せない状況。 ・他方、指定感染症の指定は、原則1年まで(1年延長により最長2年まで)であり、 指定感染症としての指定を延長するかどうか、感染症法上の位置付けをどうするか、検討する必要。 ○検討に当たっては、新型コロナウイルス感染症の感染力・罹患した場合の重篤性に鑑み、 ・新型コロナ対策として実施している措置と1〜5類感染症、新型インフルエンザ等感染症で取りうる措置を比較し つつ、 ・医療資源を重症化リスクのある者等に重点化するといった柔軟な対応を可能とする方策を検討する必要。 ※ 新型コロナウイルス感染症については、本年8月28日に対策本部で決定した「今後の取組」を踏まえ、入院措置の対象を限定する政令改正を実施。







会社概要

会社名
(有)グラントップ
カナ
グラントップ
免許番号
宮城県知事免許(5)4809
代表者
山田 嘉子
所在地
9811107
宮城県仙台市太白区東中田2丁目1−38
TEL
代表:022-741-0730
FAX
代表:022-741-2335
営業時間
09:30〜17:30
定休日
土日・祝 毎週水曜日午後
夏季・年末年始・大型連休
最寄駅
東北線南仙台
バス乗車4分
バス停名東中田六丁目分
バス停歩3分
メール送信はこちら
ログイン
 


123

このページのトップへ