2021/04/30 14:26:59

小池都政の独裁について過去ブログで言及していたよ

昨日29日から大型連休開始。なのに各地域の知事さん方は地元民をどれほど締め付ける、楽しいものから遠ざけるかが政治家の腕の見せ所と勘違い。甚だしい人権無視の方向に舵を切りそのとんでも無さが加速度的に増しています。


日本各地でそれ緊急事態宣言だ、飲食店はさっさ店閉めろ、酒飲むな、路上でも酒飲むな、公園は閉じろ、夜8時になったら電気を消せとかってわけのわからない感染予防効果の裏付けもろくすっぼないまま行動を制限されています。行動だけでなく、強烈な言論統制まで(´;ω;`)。とくに緑のあの人はやりたい放題。東京都の小池知事に対してはカンニング竹山氏のように苦言を呈するだけでもご法度の世界が出現しています。


昨年の都知事選挙。東京都民の皆様が呆れるほど大量に彼女に投票して選んだ民意の果てがこれなんですよ。だから言ったでしょ。こうなりそうなこと知ってたから。


拙ブログ主は昨年の都知事選挙の時から日本第一党党首・桜井誠氏とコロナはただの風邪の平塚正幸国民主権党党首を押しに押して書き続けていたっていうのに。なんで皆さんは・・・。嘆いても詮無い事です。


まあ、修正点があるとしたら、今だったら東京都知事押しは 平塚正幸国民主権党党首 一択。他の選択肢なんて皆無ですけどね。武漢肺炎発生まだ日が浅かった当時は内心コロナについて平塚氏の考えは理解しつつもどうしてもおっかなびっくりが残っていました。だから致し方ありません。ごめんなさいね。さゆさん。今から挽回するよう鋭意努力します<(_ _)>。


さて。慎ましい保守系大和撫子を自称する拙ブログ主なので奥ゆかしくしていたいけどついつい自画自賛しちゃいたくなる過去記事を見つけちゃいました。我ながらけっこう大したもんじゃん。なんてね。


小池百合子氏のひどさ、都民ファーストのなんだかんだについて、4年前の2017年9月28日に私がちんたら書いていたのを見つけました。小池都知事には独裁者的な下地があり、すでに万人の知るところだったんですよ。とっくにね。


でも何故か日本人は大事なことを忘れやすい。喉元過ぎれば熱さを忘れるで、学習能力が弱いっていうかなんていうか。


都知事選挙直前はコロナ対策の宣伝のため都民の血税を投入してテレビに出ずっぱり。顔を見せるイメージ工作に勝利する謎の手腕を発揮。ちゃっかり椅子をキープしました。


平塚さんが都知事だったら、あるいは千葉県知事に当選してくれていたら今頃はどんな社会だったんだろう。PCR検査は廃止、ゴールデンウイーク自粛は無。マスクを外してお外で元気に子供達も大人たちも大賑わいで免疫力を高めていたでしょう。そんな楽しくて活力ある日本に出来ただろうにって。


あら。小池都知事の悪口を書くつもりが、結局は平塚正幸氏を切望するラブレターになっちゃってた💕。


2017年09月28日 | 嘉子の不動産ブログ | (有)グラントップ (zennichi.net)




コメント一覧

No.15978 嘉子さんのコメント 2021/05/01 15:48:15
たっくんさん コメントありがとうございます。

うーん🤔。拝むのがお仏さんだけじゃ足りないのかなあ?
⛩ 神棚もセットでお願いします 👏👏

No.15977 たっくんさんのコメント 2021/04/30 18:28:21
山田のお姉さん、こんばんは。とにかく今の日本は犯罪でも迷惑行為じゃないことでも あれはダメ、これもダメ。(笑) 70数年前日本が戦争していた時もこんな感じだったんでしょうか?
毎朝仏壇に手を合わせる時、コロナどっかへ行きますようにと願いながら拝むのですが相変わらずコロナ騒動は収まりませんね。(苦笑)

2021/04/29 19:22:42

よしこちゃいの鰹節

本日は4月29日。私の中では天皇誕生日だとしっくり来ますが、今なら昭和の日と言わないといけないのでしょう。昭和の時代が長かったせいで、私の中で天皇陛下というと昭和天皇のお姿が一番しっくり来ます。ごめんなさい。上皇陛下(´;ω;`)。天皇陛下(´;ω;`)。


せっかく昭和を懐かしむためのおめでたい日ですので、昭和関連話でも。昭和と言えば家電の三種の神器がありましたよね。テレビ、冷蔵庫、洗濯機のことです。


さて。時代は令和3年。このうち未だに3つとも家庭に鎮座していますが一つ若者の部屋から無くなりつつあるものがありますよね。そう。テレビです。20歳以下の若者は今時時間に縛られるテレビなんか視聴していないらしいですよね。インターネットの動画サイトなどに忙しくてコマーシャルだらけのものは面倒らしいです。


昭和時代はコマーシャルが花盛りでした。かっぱえびせんのコマーシャル「やめられないとまらない」を知っている世代はどの年齢層なんでしょうかね。


今まで生活時間のかなりの部分を占めていたため、テレビ視聴は止められないと信じていた時期がありました。テレビを持っていない知人がいましたが、どうやってニュースとかの話題に同調できるんだろうと訝ったりしてね。紀子様がご婚約中にご実家にテレビが無いとかいう噂があったやに記憶しています。だから浮世離れした雰囲気なのかなあとそれはそれで妙に納得したものでした。


我が家のことについて何度か書いていますが、そう。我が家は只今絶賛テレビ離れ実験継続中なんです。テレビの電源を抜いて数カ月経過しています。あらまあ。まったく問題無しです。それどころか絶好調。気分爽快。なんて清々しい。皆さまにしつこくお勧めしないとバチが当たりそうなのでしつこく述べさせていただいております。


どうやらテレビに関しては止められる、止められる。であることが実証実験されました。かっぱえびせんについてはどうかと申しますと・・・。しばらく食べた記憶がありません。スナック菓子自体あまり縁がなくて。


えびせんには無関係なのですが拙ブログ主は袋菓子はなるべくはまらないように注意しているんです。学生寮の同室だった女の子がポテトチップス依存症になり大変な目に遭った実話を今からかれこれ40年ほど前に聞きました。病院に通って治したと。へえってかなり驚きました。


それと今でこそあの人、もしかしたら「ペットボトル症候群」だったんじゃないのかなと推理できるのですが、缶コーヒーガブ飲みすぎさんが知人にいました。同業他社の、当時20代だった男性です。缶コーヒーを一日に1箱近く飲んでしまうんだ・・・。と困った風に世間話をしていました。彼の営業車には本当に缶コーヒーが箱買いしてありました。缶コーヒーってただではないから、出費が大変そうだな。なんてその直後は病気の方じゃない方に頭が行きまして、そのしばらく後に、あれって異常じゃないかな。なんてね。他人事ってこんな程度の認識でスルーしゃうものです。


だけど心のどこかで引っかかってはいたんですよ。昭和末期の当時の私は10代、20代前半。寮の女の子のポテトチップスの話と数年後の缶コーヒーの話が何となく共通点ありそうに思えて気になって。それから数年後なのか数カ月後なのかは定かではありませんが、どちらも病気として社会に知られるところになりました。缶コーヒーにそんなにたくさんお砂糖が入っていただなんて超びっくりしたりしてね。


私自身の昭和の生活は古風そのものでした。周囲に私の実家のような暮らし方をしている家は少なかったと思います。実家は祖母が食べ物に厳しい人でしたので母はとにかく大変でした。インスタント食品が禁止されていたんです。だしはいちいち煮干しや鰹節を煮だし、インスタントは絶対にバレるのでご法度。大変な家事なので家族は必然的に母を手伝わないと成り立ちません。


私は家族の中で一番のおチビちゃんでしたからやらせてもらえることは端役ばかり。味付けをしたり、お鍋の中のものをかき混ぜたり盛り付けしたりの御料理らしい作業は姉たちがいましたから最年少の私にはそんなカッコいいことはさせては貰えないんです。


だけど役割はあって、鰹節を削る係をお手伝いさせてもらえていました。


例の木箱、懐かしいです。料理開始直前に鰹節を削ったものでないと祖母に許して貰えず、作り置きなんてあり得ませんでした。私はあの作業をさせてもらえるのがすごく誇らしらしかったなあ。お浸しにかける鰹節も花かつおのビニール袋に入った鰹パック利用が許されたのはだいぶ後になってからのこと。


私にも家族のお料理を手伝える一員としていられる、端役だけど端役なりの居場所があって顔はふくれっ面して、また手伝うのーっ。みたいな面倒そうにするくせに、シャカシャカ手の中で動かす度に鰹節が小さくなって歯の下に柔らかいアレが溜まっていく達成感を喜んでいました。


実家の鰹節はいつも同じ場所で製造されたものでした。女川のよしこちゃんの家で作った鰹節です。そう。私とおなじ名前の人。親戚です。苗字も知らないし、どこだったのかも知りません。ただ、女川のよしこちゃいとだけ。ちなみに「ちゃい」とは「〇〇ちゃんの家」の方言です。


祖母と暮らしてる間はずっと古風な暮らしでした。今振り返りますといかに贅沢な自然食品を毎食食べていたことかと懐かしいです。


そうだ!!今思い出したんだけど、実家でのテレビ視聴は子供は夜8時、段階を経て9時、10時までと厳格に決められ茶の間から追い出されていました。決められた時間以後は必ず就寝または自室にいるよう育てられました。姉たちは深夜まで勉強をしていてはその度に母に叱られて泣いていました。姉たち曰く、なんで勉強すると親に叱られるんだって(笑)。


だから当時人気だった「時間ですよ」を観られないため学校の友達とは話が合いませんでした。10時まで許可が出たのは何歳だったかは記憶にございません。





2021/04/28 10:04:12

朝の挨拶でマスク談義に花が咲いたよ

朝っぱらから敬愛する平塚正幸氏の歴史的名言「コロナはただの風邪」のお話を近所のご婦人と交わすことができました。拡散活動で一日をスタートできました。ここの所は良い事続きです。昨日から引き続き絶好調。コロナ関係の井戸端会議では覚醒者の当たり続き、連勝続きで気持ち良いです。


まず、昨日お会いした2名はなかなかの使い手でした。コロナ談義が出来た2名は2名ともビルゲイツ氏の話を知っている方でした。導入のコロナはただの風邪であり、マスクには弊害がある。ワクチンは副反応が多いため大変危険であることについて話を振りましたら、二人とも全部難なくクリアしていました。


ただ両名とも知識として「知ってはいる」のですが自分から積極的にそのことに対する改善改革行動・・・。他の人に話を提供したり意見を述べたりしているのか・・・?というともう一息そこまでの熱心さはまだありませんでした。ありがちなことですが優しい人ほど他人さまの考えにこちらから波風を立てるような口出を敢えてしてはいかないという雰囲気でした。


まだ若い人たちでしたからせめてご実家のご両親にはワクチンを打たないように言ってくださいとお願いしましたらそうすると約束してくれました。だってね。どっでもいい、みたいなぼんやりした反応じゃご両親様が心配です。ご子息からキリッと接種したらダメだ、副反応が心配だからとしっかりと言葉で伝えるように意識のレベルアップをお願いした次第です。


良かった。


これで2人の若者のご両親2人+2人。少なくとも4名のご家族様に不要なワクチン接種に警鐘を鳴らしていただけます。


で、今朝の話。たまたま今朝は大型連休前に片付けたい仕事がありましたのでいつもよりも30分ほど早く出勤しようとしていました。朝はパターンが決まっているのが通常です。出かける時間帯が変わりますと顔が合うメンバーも変化します。その変化の効果がありました。我が家のすぐそばの土手方向に散歩に向かっている70代後半から80代前半らしき奥様と目が合いごく自然に挨拶をかわしたのがきっかけでした。朝の挨拶は知らない人同志でもとても気持ち良いものですね。


それで普通ならば相手の方は過ぎ去ってしまうはずなのですが、彼女がブロック塀越しに車に乗り込もうとする私にきっちりと近寄ってきました。私と話をしたそうな雰囲気がみなぎっています。ここに引っ越して20年以上ですがこの方と声を掛け合うのは初めてです。おそらく初対面のはずなのですがそこまで急いでもいませんでしたので ? と足をとめ次の言葉を待ちました。


リフォーム工事などの井戸端会議で盛り上がり、それで終わるのかと思ったらいつの間にか話が自然にマスクの話に移っていっていました。どちらから始めたのかは思い出せません。おそらく拙ブログ主は会う人ごとに会話をマスクとワクチンに誘導する癖がついているのできっと分厚いガーゼマスクを着用しているご婦人に対しマスクを指摘してしまっていたのかも知れません。


蛇足ですが自宅近所の人たちは私がノーマスク派であることはすでに周知の事実。ですから考え方を隠す必要性はゼロです。よく、マスクをしていないとご近所にどう思われるのか怖いからと人目を気にして極端にコロナを恐れて暮らしている人たちがいらっしゃいますよね。


私は真逆なんです。むしろ公言してしまっています。だから今更何をかいわんやです。コロナ談義を堂々として仮に白い目で見られてしまったとしても根拠、考えがしっかりとありますから動じる理由はありません。むしろコロナの茶番を知らせて、ワクチン接種の危険性を教えて皆様を副反応の苦しみから遠ざけ助けて差し上げたい気持ちが大きいです。


彼女に対してはマスク越しの空気はばい菌が繁殖するため健康に良くないことを説明したら納得いただけました。その上で、コロナはただの風邪ですし、厚労省にコロナの存在証明を問い合わせをしても根拠を示すことは出来ないのですから・・・。と申し上げました。すると「コロナはただの風邪」の言葉を知っていて・・・。


でも旦那様がマスクは効果があると信じている・・・。という趣旨でした。考察を深めたい気持ち誰かと話をしてみたい気持ちがおありだったのでしょうね。これから先、彼女がマスクとどう付き合っていくのかはたぶん窓越しに眺めるお散歩姿で確認する日が来るでしょうからその日まで結果はお預けです。





コメント一覧

No.15974 嘉子さんのコメント 2021/04/29 18:21:33
たっくんさん コメントありがとうございます。

No.15973 たっくんさんのコメント 2021/04/28 23:35:55
お姉さん深夜に失礼致します。昨年からマスク、自粛、ソーシャルディスタンス等を真面目にやっている日本がコロナを収束出来ないと言うことはこれらのやり方はあまり意味がないと言うことに国民は気づかないんでしょうか? 良くも悪くもお上の言うことを聞く日本人ならコロナなどとっくに収束していてもおかしくはないと思うんですが。(苦笑)


会社概要

会社名
(有)グラントップ
カナ
グラントップ
免許番号
宮城県知事免許(5)4809
代表者
山田 嘉子
所在地
9811107
宮城県仙台市太白区東中田2丁目1−38
TEL
代表:022-741-0730
FAX
代表:022-741-2335
営業時間
09:30〜17:30
定休日
土日・祝 毎週水曜日午後
夏季・年末年始・大型連休
最寄駅
東北線南仙台
バス乗車4分
バス停名東中田六丁目分
バス停歩3分
メール送信はこちら
ログイン
 


123

このページのトップへ