2021/04/01 17:17:19

モルゲロンとかいう紐みたいな動く物がマスク繊維の中に!!

モ〇ゲッソヨならああ、あの有名な像のことだろうなあってすぐにわかるんだけど※ちと古いネタになってる?一部の人たちにしかわらないネタなのかな?これって。


数日前の話。Twitterでモルゲロンがどうたらこうたらと書かれている短文と画像が紹介されていて最初はなんだかわからなくて、じーっと見たら動いていました。紐状のものがマスクの繊維に混ざっていて・・・。


キモッっ。オエッ。なんじゃこりゃ。と視線を逃がしつつ、見てはいけないものに限って興味をそそられるのが人間のサガですよね。よくありがちなパターンをやっちゃってました。嫌だ嫌だと言いつつ二度見、三度見する例の反応をして確認してしまいました。


念のためネット検索をしてみたら゛モルゲロン゛っていうのはごく最近に突然出て来た話じゃなくて数年前の昔からこの手の話題があったようですね。皮膚の下でこんな摩訶不思議な謎の生物らしきものが動くとかって。想像しただけで体中がかゆくなってくるんですけど。


不織布マスクの繊維にいかにも元からそこにあるのが当然のごとく違和感なく絡まっているだなんていう、落ち着いて考えたら超おぞましい画像を見ちゃうと絶対にマスクしないもん。という気になります。あったかくなると動くんだそうですよ。あったかくなると活動するということは人が使用しだすとコレが生き生きと活動しはじめちゃうってことなんでしょ。気持ち悪すぎです。


まあ、マスクについては今までだってどうせよほど強制される場面にでも遭遇しない限りはノーマスク族なのですからマスクによって私がコレに何かされちゃうようなパターンは考えにくいのですけど。マスクを愛用していらっしゃる皆さまは十分にご注意くださいね。


拙ブログ主も時勢柄マスク完全ゼロ生活にはまだ成り切れてはいません。兎に角どこで作られたのかよく分からないようなマスクを体に着けるのだけは絶対に止めておこうなどと警戒感を新にしました。もしもこの話が本当だとしたら、モルゲロンなるものを1匹たりとて我が家に持ち込みたくはありませんからね。


増えちゃったらどうなっちゃうんだろうみたいな、どこぞの国のバッタの大群や、ヒッチコックの鳥とか、夏の蟻の行列とか、たくさん増えるあの手の連中は想像しただけでブログ主の健康と免疫に被害を与えそうな代物です。そもそもこの物の数え方が果たして「匹」なのか「個」なのか別物なのか単位すらまるで存じませんけど。願わくば一生縁が無いままで人生を終えたいものです。


なんでテレビとかのニュースにならないんだろう。なんてぼんやりと考えた読者様。想像するだけ無駄ですよ。マスコミは揃ってマスクをさせたい勢力側なんですから。あちら側の勢力が一ミリたりとてマスクをしたくない雰囲気になるような情報を大衆に向けて流してくれるはずないでしょ。


ノーマスクに対する言論弾圧がこの世に存在することは平塚正幸氏のYouTube動画のことだけで軽々と証明出来ます。14個目のアカウントが垢バンされたのは「マスクの弊害」を紹介した動画を配信したせいでした。平塚氏はその動画内で人間には鼻と口という天然のマスクがもともと備わってある。だから自身の免疫力を下げ表情を見せ合う機会を奪うことで子どもの情緒を育てることに弊害をもたらすマスクを外し、2019年のころのような暮らしに戻しましょうと呼び掛けたのがGoogleさんのお怒りに触れてしまった出来事は忘れられません。


私の記憶をたどりますと武漢肺炎流行当初からマスコミは異常なまでに不織布マスクを我々に着用させたがっていましたよね。マスクを買い求めたくても品不足であることを繰り返し放送しマスクの稀少性、必要性をアピールしました。一方でマスクを外した人に対しては感染をまき散らすテロリスト扱い、変人かのようにレッテル貼りしていきました。これでもかと執拗なほどに不織布マスクをゴリ押ししてくる圧力は半端なかったですよね。


後に現在のように様々な材質のマスクが出回り手作りマスク、ウレタンや布マスクでもなんとか世間体をしのげるような雰囲気になれたのは賛否両論のアベノマスク配布以降のことです。それまでは不織布マスクにあらずんばなんとやら状態、不織布一択になっていたものでした。


私がこのモルゲロンについての話題を知ったのは数日前の話です。今日ブログに書くために再度ネタ探しをしたらその間にこの話が広まったのでしょうかね。運よく上手にまとめてくださっているブログを発見できました。


画像貼りつけとかTwitter引用をするのが拙ブログ主は苦手です。もともと機械音痴で技術力が乏しいものですからちゃっかり人様の書いたものをお借りしちゃうことにして以下に貼りつけます。マスクを常時着用している方はぜひご覧あれ。たぶん日本人の99.9パーセントの人に関係あると思います。わずかながら存在するノーマスク派の皆さんにとってもPCR検査の綿棒の話題も書いてありますからやっぱり読んで頂きたいネタです。信じるか信じないかはもちろんアナタ次第。のノリでどうぞ。


以下引用


モルゲロン病ヤバい⁉️PCR検査の綿棒に⁉️マスクにも⁉️ | ありすママの東大に行ける子を育てる親学 (ameblo.jp)







会社概要

会社名
(有)グラントップ
カナ
グラントップ
免許番号
宮城県知事免許(5)4809
代表者
山田 嘉子
所在地
9811107
宮城県仙台市太白区東中田2丁目1−38
TEL
代表:022-741-0730
FAX
代表:022-741-2335
営業時間
09:30〜17:30
定休日
土日・祝 毎週水曜日午後
夏季・年末年始・大型連休
最寄駅
東北線南仙台
バス乗車4分
バス停名東中田六丁目分
バス停歩3分
メール送信はこちら
ログイン
 


このページのトップへ