2020/09/15 16:57:14

毎日が敬老の日以上に大切にされている日本のお年寄りたち

本日は9月15日。ちょっと前までは敬老の日だったのに平日になってしまっています。敬老の日はいったいぜんたいどこに行っちゃったのかと机の前のカレンダーを見てみました。とても記載があっさりしたもので、大安、仏滅の不動産会社必須のお日柄については表記されていましたが、祝日については赤い色に変色している箇所があるだけで、その日がなんのために休みなのかが微塵も言及されていません。


あらまあ。これじゃわかんないや。仕方なく他の暦を探して、そうか、今月21日に敬老の日、で、22日が秋分の日だから連休になってる訳なのね。と理解しました。


法律の正式名称は忘れてしまいましたが、このように国民がおめでたいことを揃って祝う、大事な大事な祝日、祭日を、カレンダーの並びを優先させてその年ごとに移動させてはまとまった休みを取らせるように法律を作った頃の風潮を覚えています。


企業や学校がまだ完全週休二日制でなかった頃は続けて休みがあるというだけで気持ちがとても上がっていたものでした。今よりは景気が良かったので娯楽にかけられるお金もそこそこ各家庭にありました。だからこんな風に旅行業界を盛り上げ、なおかつ遊び優先的な国民の受け狙いを最優先するかのような法律が出来る素地があったのだったと記憶しています。


でも令和の時代の国民はもう、気持ちが変化して来ているんじゃありませんかね。もうそろそろ、伝統的な筋を通す暦に戻してもいい頃だと考えてる人が一定数の割合でいらっしゃるのではないですかね。


少なくとも私にとってはつまらない感の方が大きいです。こんな風に連休だらけの暦にされてしまってから、季節感が滅茶苦茶にされてしまいました。祝日を寿ぐ気分、どうして祝うのかの意味、歴史を認識する機会が著しく削がれてしまいました。楽しみにしていた非日常感が遠ざかりとても詰まらなくなりました。この法律が出来てしまったことがとても残念です。


平日の曜日に、たまに休む、あの特別感。なんか違う日常の空気、いつもと違う街の雰囲気がとても好きでした。小さい頃は多くの家が門に日の丸を飾っていました。でも今はめったにそのような風景を見ることができません。今の祝日は皆さん、ただ仕事を休んでいるだけです。のへーっ とした高揚感もお祝い気分も厳粛さもちっとも感じられないただの週末のような日常になり果ててしまっています。


以前ならば連休が珍しいからこそ、よっしゃ、出かけるぞ、とやる気満々気分になっていましたが、こうもしょっちゅう休みだらけになると、その度に旅行や外出していては、先立つもの(お金)がかかるから限度があります。まとまった休みがたいして珍しくないと、日曜大工とか趣味とかもそんなに頑張らなくなってしまっているのではないでしょうかね。知らんけど。


まあ、今年は武漢肺炎騒動真っ最中ですからステイホーム続行中の人が大半なのでしょうかね。仮にこの騒動が終わったことにされたとしても、マインドとして遠出を喜んでするような気持ちを持てるように回復するまでには相応の時間がかかりそうです。それほど精神に強いダメージを与えられて続けてしまっています。


そこでなんですけど、いっそ、日帰り旅行とか、近場に出かけやすいように「暦を昔に戻す」なんて提案をしたいんですけど。どうでしょうか。細切れの祝日、意味を寿ぐことを最優先のお休みにした方がかえって面白くなりそうじやありません?だってさ。絶対にもったいないのが体育の日だって皆さん気づいているでしょ。


もともと10月10日が晴れの確率が高いから、だから意味があったのにねえ。次は体育じゃなくてスポーツの日だっけ?日付を変えられただけでなく、日本語ですら無い日にされてしまっていますよ。腹立たしくありませんか?


国会議員の先生方には、ただちに、今もっとも母国語を大事にしたいと熱望して命をかけているモンゴル人の皆様の言語に対する熱意、爪の垢を煎じて飲んで欲しいです。あら。敬老の日から明後日の方に脱線しちゃっていましたね。


今、街中ではほぼ全員に近い人が老若男女問わずマスクを着けて歩いています。理由は「お年寄り、体の弱い人に移したくないから」です。ホント、すごいですね。日本人の皆さんは。


毎日毎日、厚くても苦しくても、皮膚炎を起こしても、取り込み酸素量を少なくしてしまうことで免疫力を下げ、自分自身がガン罹患率を上げることがわかっていたとしても、赤ちゃんに大好きなお母さんの顔半分を見せられなくてとても寂しい想いをさせたとしても、少子化解消に向け恋人探しに励む若者たちが合コンでイケメン、美女探しをしにくくなったのだとしても、とにかく「お年寄りが病気にならないために」という単一目標のためならマスク大好き生活を絶賛継続中です。我慢、我慢、我慢、辛抱の連続をずっと何カ月も続けています。少しでも逆らえば、異を唱えれば、テロリスト扱いで職を失い、賠償をさせられ世間からは抹殺さてしまう勢いでどんなことをしてでもお年寄りを病気にしないようにお守りしています。


これってさ。毎日が 今までの 敬老の日以上に絶賛大切にされちゃってる行動の継続中ってことですよね。ここまで、揃いも揃って敬い大切にされているのが令和2年9月に日本で生きている高齢者の皆さんたちなのです。


すごいなあ。この若者の優しさ蔓延状態。むしろ、お年寄りの皆様から現役世代に感謝状を差し上げて頂きたいくらいです。




コメント一覧

No.15870 嘉子さんのコメント 2020/09/17 10:16:51
ジュミさん コメントありがとうございます。
とても励みになります。


No.15869 ジュミさんのコメント 2020/09/16 12:00:50
初めまして 私は貴女様より8歳年上の昔は可愛い女の子です。正しく仰る通りで大笑いしました。最近このブログに出会えウキウキです。私が常日頃考えていることを理路整然と記されているのでブログを遡り、相槌を打ちながら毎日少しずつ読んでいます。私の大好きな桜井誠様をお慕いしていることも分かり。近くに住んでいたのなら飛んで行ってお喋りしたい想いです。ブログ続けてくださいね御願い致します。


コメントを投稿する

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。
その他ご利用上の注意点はこちらをご参照下さい。





コメントの削除
  投稿時に入力した「削除キー」によりコメントを削除します。
  削除したいコメントのNoと削除キーを入力して、
  「削除」ボタンを押してください。
  
 


会社概要

会社名
(有)グラントップ
カナ
グラントップ
免許番号
宮城県知事免許(5)4809
代表者
山田 嘉子
所在地
9811107
宮城県仙台市太白区東中田2丁目1−38
TEL
代表:022-741-0730
FAX
代表:022-741-2335
営業時間
09:30〜17:30
定休日
土日・祝 毎週水曜日午後
夏季・年末年始・大型連休
最寄駅
東北線南仙台
バス乗車4分
バス停名東中田六丁目分
バス停歩3分
メール送信はこちら
ログイン
 


このページのトップへ