2022/12/01 11:12:47

12月

今年も早いもので、12月になりました。


残り1カ月で新年を迎えることになります。


今年1年振り返るとロシアの戦争に始まり、


円安、コロナの影響で半導体不足、物価上昇と


様々な事が全世界で起こりました。来年は平和な1年であって欲しいと思います。


京都市内の不動産状況としても土地の高騰、建築資材の高騰、


住宅設備の不足により、建築期間の延長など様々な事が起こりました。


来年度もしばらくこの状況が続くのでないでしょうか。


先月に都市銀行が住宅ローンの金利を見直しされています。


今後、徐々に金利も上昇するように見受けられます。


来年の景気状況や世界情勢、金利上昇を注視していく必要が有ります。





2022/11/05 10:34:44

11月になりました。

いつも弊社のブログ及びホームページを


閲覧して頂き誠に有難う御座います。


今年も早いもので11月になりました。


少しずつ朝晩の冷え込みが厳しくなってきました。


不動産の動きも少しずつ冷え込みが見受けられるように


なってきました。


行楽シーズンになり、コロナも落ち着き?旅行に行かれる


方が増加しており、ステイホームも無くなっていると思います。


今迄、我慢をいていたので、気候も良いので皆様旅行をされていると思います。


世の中はコロナ前に戻りつつ有り、元の生活スタイルに戻りそうです。


不動産売買も以前の様になればいいのですが、京都の土地は以前に比べて


1.5倍以上価格が高騰しており、建築資材についても同様に高騰しており、


価格上昇がまだしばらく続くと見受けられます。


世帯の収入は現状と変わらずもしくは減収していると見受けられ、


不動産売買は冷え込みが厳しくなるように思われます。





2022/10/03 12:18:59

秋のシーズン

いつもホームページ及びブログを閲覧して頂き


誠に有難う御座います。


10月になり、秋のシーズンに到来いたしました。


9月から少しずつ不動産の売買件数が増えてい来ていると


見受けられます。10月になるとより一層活発に売買が行われると見受けられます。


但し、新物件が売買されているとは見受けられず、以前から販売されていた


物件が売買されていると思われます。


以前から販売されていた物件価格が当時では高く設定されていたのが、


今となっては、相場がその価格に追いついていると見受けられます。


従って、新物件は現在の相場より高くなっており、新物件よりも


以前の物件が売れていると思われます。


京都の不動産価格はまだしばらく高騰したままになるのではないでしょうか。






会社概要

会社名
グートクライス(株)
カナ
グートクライスカブシキガイシャ
免許番号
京都府知事免許(3)13086
代表者
倉ヶ市 さゆり
所在地
6158074
京都府京都市西京区桂南巽町36−2
TEL
代表:075-925-6928
FAX
代表:075-925-6938
営業時間
10:00〜19:00
定休日
水曜日
最寄駅
阪急電鉄京都線桂
徒歩2分
メール送信はこちら
ログイン
 


123

このページのトップへ