2022/06/23 17:18:24

母、動揺する、の巻

みなさんこんにちは、小野です。





須賀川に帰ってきた母、


娘への連絡を放置して、愛犬との再会を最優先していた模様です。





おうちに着いて、まず玄関で


ちゃーちゃん(愛犬トイプードル)の大興奮に対応できるよう部屋着に着替え、


大興奮ちゃーちゃんの様子を動画に収めるべく、携帯を構え、







そーっと、リビングの扉を開け、


「ちゃーちゃんっっ・・・!(小声で再現中)」







と、声をかけたところ、









愛犬「「ん????なに?だれ????」」








と首を傾げられ、








自分の予想と違った反応をされた母は、


大慌てで、ケージを開け、


「ちゃーちゃん!(大声)ママだよ!!!」


「マーマ!!!!!!!(懇願)」








とちゃーちゃんをなでなでなでなで。









一方主人公の愛犬は、


「え?ママ?なにそれ?」


と言わんばかりにクンクンクンクン・・・


クンクンクンクン・・・


ひたすらにクンクンクンクン・・・・








「ちゃーちゃん!ママの事、忘れちゃったの?????(TT)」








と、すぐに外に連れ出して、


お散歩でご機嫌とり。








その後も、ねだられる毎におやつを献上し、


何とか事なきを得たとの事。










いいのか?それで。









母の東京出張(孫との対面)の前までは、母と一緒に寝ていた愛犬トイプードル。







「今日、ママと寝てくれなかったらどうしよう・・・」







と心配する母。








娘、「さすがにそれはないよ〜、ずっと寂しがってたよ?今日はママと寝るって絶対!」


と、母を気遣うも、母にはそれが勝者の余裕に見えるらしく、落ち込み度が加速。








主人公の愛犬は、いつも以上におやつをたくさんもらえてご満悦の模様。








結果、一旦先住娘の顔の上にお座りしたのち、母の部屋へと行きました。






いや、そこ床じゃないんよ、わたしの顔の上なんよ。







母「夜中、暑いー−−、、、と思って目が覚めたら、ちゃーちゃんが隣にいたの( *´艸`)ふふふ」








良かったね、幸せそうで。








ちなみに、娘へのお土産を買う暇もなかったそうで、最寄り駅で買ったクランチチョコレートを頂きました。







無事に帰ってきてくれればそれでいい、と世の親がよく言うセリフは、本当に本心なんだろうな、と実感した32歳独身娘。







それにしても、母の愛犬への愛は無限大です。


通常のトイプーちゃんの成犬が2.5キロくらいなのに対し、うちのちゃーちゃんは9歳にして現在7キロ!


決して太ってるわけではなく、体のつくりが大きい子なんです。








母いわく、「トイプードル界の大谷翔平くん!」









何をしたってかわいい、そんなトイプードルちゃたさんと小野’s 母のお話。









「奇数はね〜嫌い。偶数がいい!だって、奇数は割り切れないでしょう????」







うん、それが奇数というものだよ・小野







コメントを投稿する

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。
その他ご利用上の注意点はこちらをご参照下さい。





会社概要

会社名
(株)住専ノザキ
カナ
カブシキガイシャジュウセンノザキ
免許番号
福島県知事免許(2)3164
代表者
野ア 五十六
所在地
9620814
福島県須賀川市前田川字宮の前166−146
TEL
代表:0248-76-2533
FAX
代表:0248-94-5063
営業時間
8:30〜18:00
定休日
毎週日曜日
最寄駅
東北線須賀川
バス停名前田川分
メール送信はこちら
ログイン
 


このページのトップへ