2020/02/28 18:08:48

違法広告「ステカン」を調べてみました


前橋市で活動する「不動産売却専門ナビ 甚不動産相談事務所」です。本日は「ステカン」についてご案内いたします。



「ステカン」または「マキカン」という言葉をご存じでしょうか?


不動産業界では、電柱などに張り付けたチラシを「捨て看」「巻き看」などと呼びます。


「捨ててしまう看板」という意味です。



迷惑防止条例などで禁止されていることもありますが、そもそも街の見た目も悪くなりますし、雨ざらしになってボロボロになったりと、非常に迷惑なものです。


そして一番問題なのが、その物件がたいていロクデモナイという点です。



そんなステカンが我が家の目の前の電柱に貼られていましたので、折角ですので物件を調べてみました。



ステカンの宣伝文句は以下です。【つづきはこちら





2020/02/28 17:55:58

【住宅ローン減税2】住宅ローン減税が使えない!



前橋市で活動する「不動産売却専門ナビ 甚不動産相談事務所」です。本日は「住宅ローン減税」についてご案内いたします。



今回から住宅ローン減税をテーマに解説いたします。


「資産価値が下がりにくい不動産売買を応援するwebマガジン」でも何度も取り上げているテーマなのですが、制度がややこしくて上手く伝えるのが難しい問題になります。


中古住宅の住宅ローン減税がややこしいのは、建物の構造・工法、築年数によって判断が変わるからです。


住宅ローン減税はこれから家を買う人にとって欠かせない重要な補助制度です。


まさかの事態に追い込まれないためにも、業者任せではなく、正しい知識を身につけておきたいところです。



念願のマイホーム購入!でも住宅ローン減税が使えないって?【続きはこちら







2020/02/27 18:04:19

空き家活用、中古住宅流通へ 耐震補強などを要件にして、金利優遇幅が広がる?!

前橋市で活動する「不動産売却専門ナビ 甚不動産相談事務所」です。本日は「空き家活用、中古住宅流通」についてご案内いたします。



119日(日)の日本経済新聞の朝刊に、『中古住宅流通へ 金利優遇広げる』という記事が出ていました。




その記事の内容は、国土交通省と住宅金融支援機構は中古住宅の流通に向け、2021年からリフォーム向け融資の優遇対象を広げるという内容でした(空き家活用にも使えそうです)。





2020年の住宅購入には使えないようですが、来年以降に住宅購入をご検討の方は、このような制度も把握しておくと、少しお得に住宅購入が出来るかもしれません。





耐震性やバリアフリー、断熱性の向上などで一定の要件を満たせば、低い金利で融資が受けられるようになりそうです。空き家の増加が都市の問題となっているのを受け、中古住宅が取引されやすいように政策面で支援する事が今回の発表につながっています。





ちなみに、2020年の人口は12400万人、2030年は11662万人と予想されており、今後、益々人口が減少していく事が、空き家の増加につながっていきます。





また、今回の優遇対象は長期固定金利型の住宅ローン「フラット35」の利用条件を緩和するとの事でした。住宅の購入とリフォーム費用を融資する商品について、適用要件の水準を住宅ローン減税と同等にするような案が挙がっています。リフォーム費用が200万円以上となることが条件のようですが、借入金利が5年間にわたって年0.5%下がる予定です。現在、かなりの低金利なので、このような優遇を行う事で、かなりお得な住宅ローン支払いになりそうです。【続きはこちら









会社概要

会社名
甚不動産相談事務所
カナ
ジンフドウサンソウダンジムショ
免許番号
群馬県知事免許(1)7389
代表者
関口 孝司
所在地
3792152
群馬県前橋市下大島町742−3
TEL
代表:027-226-6751
FAX
代表:027-226-6752
営業時間
9:00〜19:00
定休日
毎週水曜日
最寄駅
両毛線駒形
徒歩30分
メール送信はこちら
ログイン
 


123

このページのトップへ