2019/07/19 12:56:35

水道の話(その3)

ようやく梅雨らしくなった、と思ったら台風が接近中とか。何でもかんでもまとめて来ないでほしい…。水道ネタ、まだ続きます。


電話して5日後、ようやく水道屋さんが来てくれました。


プロの見解「人の仕業ではない」「水栓はそれほど傷んでいない」「水は(配管や部品の損傷などで)一度出始めると止まらない、止まるけどまた出てくるのはおかしい」「深夜時間帯に近所一帯が水を使わずに水圧が上がりすぎて、ということはあるが、何でここだけ」


プロの結論「こんな話は初めて聞いた」


素人の口答え「水の出入りをコントロールするのは蛇口しかないので、とりあえず交換して」「メーカーはDIYを勧めるけど取付部のシーリングが自分では無理やし」


プロはものの数分で新品と交換し、帰ってゆきました。「これでアカンかったらすぐ呼んで。待ってもろたし安くしとく」との優しい言葉を残して。


最終回に続く。





2019/07/12 13:35:57

水道の話(その2)

 昨日は久しぶりにまとまった雨が降りました。本来梅雨はこんな感じのはずなんですが。水道の話の続きです。


 その次の日、朝6時に水の音が。そんな馬鹿な、ともう一度よくよく調べると、ナット(六角形の角張ったリング部分)が手で回せるほど緩いことに気づきました。そういえば、部品を交換する際もスパナをほとんど使わなかったような。


 水栓には常に水圧がかかっていますので、一定時間を超えると、水圧がパッキンを抑える力を上回り、バン、と水が出ていたのかも。昼間は大丈夫だけど、夜間は水を使わない時間が続くので、早朝に限界を超えた、と推理しました。


 とりあえずギチギチにナットを締め、ようやく怪現象は終わり…ではなかったのです。数日後の朝、同じことが起きてしまいました。あわてて飛び出すとまだ水は半径50センチほどにしか広がっておらず、周りに人の気配は全くなし。もうお手上げだ、と近所の水道屋さんに助けを求めました。忙しくてしばらく無理ということだったので、その日から夜は止水栓を閉め、朝になったら開けるようにしてやり過ごすことに。…まだ続きます。





2019/07/11 10:44:17

朝顔(3)

こんにちは!


すっかり梅雨模様ですね!


昨日つぼみだった朝顔が


今日濃いピンク色の花を咲かせてくれました。


一時は萎れてしまって、とっても心配していたのですが


100均に走って植え替えた甲斐がありました!


娘は大喜びで眺めていました。


雨の中でも元気にきれいな花を咲かせてくれて


よかったです!







会社概要

会社名
(株)亀岡住販
カナ
カブシキカイシャ カメオカジュウハン
免許番号
京都府知事免許(3)12793
代表者
原田 平男
所在地
6210013
京都府亀岡市大井町並河2丁目3番9号ジョイフル郷1F
TEL
代表:0771-29-2728
FAX
代表:0771-29-2729
営業時間
09:00〜18:00
定休日
毎週火曜日・水曜日
お盆、年末年始
最寄駅
山陰線並河
バス停歩2分
メール送信はこちら
ログイン
 


123

このページのトップへ