2011/03/09 18:57:41

クロスの値段の差

m480円でも1,200円でも貼り上がりは、それほど違わない。
この価格帯だったら、サンゲツあたりの「量産品」を使用している訳で、品物が悪いということはないでしょうね。


では、3倍の価格差は何なのか?
安いクロス貼りの場合、ひとつは「境目」の処理ですね。
正しくは、まず「和紙」を下地に貼ってから、クロスを合わせる。
そうすることで、めくれにくくなる訳です。


そして、「糊」の処理でしょうか。
安いクロス貼りだったら、大抵「糊」があちこちについている。
これが、フローリングについた糊だったら、施工後、比較的すぐに分かりますけれども、クロスそのものについた「糊」は分かりにくい。


2年後3年後に、クロスが部分的に「黄ばんだら」そこに拭き残しの「糊」がついていたということですね。
ですから、価格差というのは要するに「手間の差」だと言うわけです。
中には、激安でもきちんとした処理をする業者さんがおられるかもしれませんけれど、常識的には、施工価格とかけた手間は比例する。


継ぎ目があろうが、スイッチブレードがあれば、見事に貼っていくクロス屋さんの技は見事なものですが、貼り上がりだけでは、価格差はなかなか分からないものです。
高いのに「和紙」も貼らず、「糊」も拭き取らないという職人さんに当たったら目も当てられませんが、、、、、、






会社概要

会社名
(有)アムネット
カナ
アムネット
免許番号
大阪府知事免許(4)48126
代表者
西岡 祥富
所在地
5300041
大阪府大阪市北区天神橋4丁目6−25
TEL
代表:06-6355-7077
FAX
代表:06-6355-7088
営業時間
10:00〜19:00
定休日
毎週火曜日
年末年始・夏期・ゴールデンウィーク
最寄駅
大阪環状線天満
徒歩3分
メール送信はこちら
ログイン
 


このページのトップへ