2011/03/19 14:08:43

大学卒業と留年のはざま

今日は、子供の卒業式です。
後期試験で相当な単位を残していたので、心配が尽きませんでしたけれど、何とか単位を取得できたようです。


が、喜んでばかりもいられません。
民間が就職難のため、相当数が公務員を目指したようですけれど、各種公務員試験と面接の日程が、前期試験と重複したために「前期を捨てた」学生さんが多かったと聞きました。


3回生までに、単位を取るべき問題なのですが、健康面だとか、学費と生活のためのバイト等で、「余裕がある学生」ばかりを基準にする訳にはいかないのではないかな?と思います。
実際、一部上場企業の内定を貰いながら卒業できなかった学生さんもおられますから、公務員試験に通っても卒業できなかったケースがあるかもしれません。


別に、公務員試験受験者を優先しろなどという考えはありません(元々それほど多くないでしょうし)けれども、だからといって、受験は自分の勝手だから日程を一切考慮しないというのは、「大学」としてどうかな?と思ってしまいます。


試験日をずらすのが、物理的に不可能でも「試験を受けた」という証明があれば、レポートで代替する等の手段は執れるはずですよね?
うちは、卒業ですから、もう大学とは直接関係はありません。
とはいえ、後に続く学生さんのため、そしてその親御さんのために、ただ黙っている訳にはいかない。
それで、上記と同内容のメールを、大学の教務へ送りました。
たった一人の保護者の意見で、大学側が動くはずはありませんけれども、「これこれこういう問題が、実際にある」ということは、学校を運営する側には知っておいていただきたいと思います。
公務員試験対策講座を開く前に、やるべきことがあるかもしれません。






会社概要

会社名
(有)アムネット
カナ
アムネット
免許番号
大阪府知事免許(4)48126
代表者
西岡 祥富
所在地
5300041
大阪府大阪市北区天神橋4丁目6−25
TEL
代表:06-6355-7077
FAX
代表:06-6355-7088
営業時間
10:00〜19:00
定休日
毎週火曜日
年末年始・夏期・ゴールデンウィーク
最寄駅
大阪環状線天満
徒歩3分
メール送信はこちら
ログイン
 


このページのトップへ