2011/03/31 10:24:37

自粛することを、自粛する

日本の文化は「これでもか!」文化でしょう。
悪い奴が出てきたら、ここぞとばかりに年令やら背景などを考えずに、叩きに叩く。
携帯電話を見るまでもなく、落とそうが水を浴びようが平気で使えるレベルにまで、これでもかこれでもかと質を上げる。
良いことも悪いことも、大体においてこんなものでしょう。
とにかく「これでもか!」とばかりに全てを推し進めていく訳です。


かつてない大災害に見舞われているのに、「華美」な装飾やら「浪費」をしていては、当然社会から「これでもか!」と叩かれるおそれがありますけれど、逆に自粛も「これでもか!」とばかりにトコトン縮小するばかりですから、果たしてそれが正常なことなのか?
時間が必ず解決する問題ではありますが、「月が変わった」とか「1ヶ月経過した」とか、一定の区切りをもって、「一億総自粛」を終了させる必要があるでしょう。


平和時にもかかわらず、これほど国民が連帯してまとまった事は、かつてないと思いますけれど、国家的規模で考えると、所詮は輸出でしか生きていけない国ですから、国民の命や生活と同時に、産業(特に工業)も国の心臓ですから、血液を行き届かせないと生きられない。
募金義援金は、いくら「これでもか!」」とやり続けても、誰も困りませんが、「自粛」の方はいかがなものかな?と思います。
特に、一応平静に生活できる西日本以西では。


話しとしては、極めて単純です。
1,復興には、国家予算を充てる。
2,その財源の多くは租税である(国債は別にしてです)
3,産業・消費が活発にならないと、税収が減る
義援金と共に、国民レベルで復興に立ち向かうには、ある程度のお金を使って、税収に結びつけなければならない。
そういうことですね。
もちろん、「消費」すと、買い占め・買と間違ってはいけませんが、、






会社概要

会社名
(有)アムネット
カナ
アムネット
免許番号
大阪府知事免許(4)48126
代表者
西岡 祥富
所在地
5300041
大阪府大阪市北区天神橋4丁目6−25
TEL
代表:06-6355-7077
FAX
代表:06-6355-7088
営業時間
10:00〜19:00
定休日
毎週火曜日
年末年始・夏期・ゴールデンウィーク
最寄駅
大阪環状線天満
徒歩3分
メール送信はこちら
ログイン
 


このページのトップへ