2011/05/06 14:50:38

「ビッグイシュー」を買ってみた

地下鉄南森町駅の入口で「ビッグイシュー」が売られていた。
私より少し若い、小柄な、いかにも内気そうな男性に「1冊下さい」と声を掛けてみたら、「意外そうに」そして「ぎこちなく」バッグからビッグイシューを取り出してくれました。
ご承知の通り、1冊300円の半分が、販売しているホームレスの方の収入になる訳で、JR大阪駅近辺でも、売っておられる姿はよく見かけます。


今号のビッグイシューの特集は「無国籍」でした。
日本は属人主義(ビッグイシューでは血統主義と表示」ですから、日本人から生まれた子供は、日本国籍が持てる。
例えば、アメリカは属地主義(ビッグイシューでは生地主義)ですから、アメリカの国内で生まれたらアメリカ国籍が持てる。
ここまでは常識の範疇ですが、法律的に考えると、日本を出発した飛行機に妊婦さんが搭乗していて、アメリカ直前の「公海上空」で生まれたら、或いはアメリカの支配水域上空で生まれたら、その子の国籍はどうなるのか?
こういう問題を含んでいて興味深いところですね。


さておき、手に入れたビッグイシューを見て、そして今回の東日本大震災に鑑みて「日本国籍を持っていることの意味」を考えてみました。
ありがたいことに、私は男女両方の子供に恵まれた。
家内は、妊娠したら「母子手帳」を貰えたし、定期健診を受けて、出産補助金が支給され、乳児の時には予防接種が受けられ、就学年令になると、地域の小学校から、入学案内が届いた。
「日本国民である」というのは、そういうことなのですね。


残念ながら、普通に生活している限り「税金ばかり取られる」と思ってしまいがちですけれど、一面的に過ぎないことが分かります。
ビッグイシューを買ってみて、「自分が日本国民である意味」を、滅多に考えない事を考える機会を、もらったことが収穫でした。






会社概要

会社名
(有)アムネット
カナ
アムネット
免許番号
大阪府知事免許(4)48126
代表者
西岡 祥富
所在地
5300041
大阪府大阪市北区天神橋4丁目6−25
TEL
代表:06-6355-7077
FAX
代表:06-6355-7088
営業時間
10:00〜19:00
定休日
毎週火曜日
年末年始・夏期・ゴールデンウィーク
最寄駅
大阪環状線天満
徒歩3分
メール送信はこちら
ログイン
 


このページのトップへ