2011/05/19 9:56:46

逮捕された近隣業者さん

私のお店から、徒歩100m以内の業者さんが逮捕されました。


http://osaka.yomiuri.co.jp/e-news/20110518-OYO1T00276.htm


名義貸しで、「3名」ほど契約したそうで、いずれも貧困ビジネスがらみの生活保護のお客様であり、契約書を複数巻いて、上限の4万2千円との差額をどうにかしていた事件に関係していた、ということです。

割に合うかどうか?というお話ではなく、世の中の目が特に厳しい「対社会的弱者」ですけれど、それでも「あまりに割に合わない」ですね。
景気が悪く、「悲鳴の出そうな月」でも、後日付帯業務の増えそうなお客様は、ご遠慮しています。
「法律を守るのは、自分のお店を守る」ということでしょう。
決してお客様のため、だけではありませんね。


また、l社会的弱者と言うけれど、「業者」は、ことトラブルがあったら、ほぼ一方的に悪者にされる。
全く意図しない事や、明らかに「はめられた」ような事案であっても、片方が「業者」で、もう一方が「素人消費者」だったら、必ず前者が「悪者」であり後者が「善良」という図式は、今後も変わることはないでしょう。


で、以前より他の業者さんの情報や、家主さんから直接の情報であっても、特に「店舗」などは、自分でスケールを持っていって、図面や文書の数値と合っているかどうか?は、必ず点検しています。
或いは、お客様の目の前で、一緒に計測します。


鵜呑みにした資料が「10.21坪」だとしましょうか。
現実が「9.33坪」で、図面上を引いたら、入るはずのテーブルが入らず、座席の計算が狂った。
それだけで、ひょっとしたら数百万以上のお話になり、事実違っていたら、間違いなく100%業者の責任になる。


または、内装業者さんに「坪いくら」で依頼して支払ったのに、実際は聞いた面積より小さいから、差額を支払えということもあるでしょう。
(こちらの方が、実害・損害はずーっと少ないですが)


いずれにしても、日常「まあ、いいか」と、ちょっとした手間を惜しんだだけで、仲介手数料の何ヶ月分も吹っ飛ぶ事案に巻き込まれても、全く不思議ではないジャンルの仕事に携わっている。
そのことだけは、忘れてはいけませんね。

逮捕された業者さんどうこうより、ごく近くでこういう事件があると、我々が決して犯すはずのない「逮捕に直接関連した違法行為」よりも、普段それほど意識していないが、ひとたび事が起これば、違法行為に匹敵する大損害と遭遇する危険が、毎日のちょっとしたやりとりの中で、ふと起こっても不思議ではない。
そのことは、皆で意識したいものです。


それでなくても、我々は「弱い立場」なのですから。






会社概要

会社名
(有)アムネット
カナ
アムネット
免許番号
大阪府知事免許(4)48126
代表者
西岡 祥富
所在地
5300041
大阪府大阪市北区天神橋4丁目6−25
TEL
代表:06-6355-7077
FAX
代表:06-6355-7088
営業時間
10:00〜19:00
定休日
毎週火曜日
年末年始・夏期・ゴールデンウィーク
最寄駅
大阪環状線天満
徒歩3分
メール送信はこちら
ログイン
 


このページのトップへ