2011/05/27 11:55:55

1本締めで「恥」をかく話

会の終わりに「1本締め」される所ありますね。
天神橋筋商店街関係は、全て「大阪締め」です。


「いよーっっっっ ポン」は、一本締めなのでしょうか?
そうではありませんね。
これは「1丁締め」という、手締めの方法です。
大阪は、関東のような武士の文化ではなかったので「手打ち」という呼び方の方が一般的ですね。
東京は「お殿様の手打ち」を連想するのか「手締め」が一般的ですね。
お祝いの席で「お手討ち」は、確かにマズイですから。

それでは、本当の「一本締め」とは?


要するに「3本締め」で、3回のフレーズを叩く内、ワンフレーズのみ手を叩くのが「1本締め」ということですね。
「1丁締め」とは、明らかに違います。
締めは会の最後に行われますから、参加者の印象にも残る。
知っている人は、知っている。
知らない人は、ずーっと恥をかき続ける。
中締めを担当する立場の人には、誰もなかなか指摘してくれない。

では、「大阪締め」は?
「うーちましょ ポンポン」
「もひとつせ  ポンポン」
「祝おて三度  ポポン  ポン」と、なります。
祝おては「いおうて」と読みます。
早い大阪締めだと「いよーって三度」で「寄って三度」に聞こえるからか、勘違いしている方も結構おられますけれど、確かに寄り集まっている訳ですから、別段大した問題ではありません。
少なくとも「1丁締め」と「一本締め」の混同よりは。
という訳で「一丁あがり!」






会社概要

会社名
(有)アムネット
カナ
アムネット
免許番号
大阪府知事免許(4)48126
代表者
西岡 祥富
所在地
5300041
大阪府大阪市北区天神橋4丁目6−25
TEL
代表:06-6355-7077
FAX
代表:06-6355-7088
営業時間
10:00〜19:00
定休日
毎週火曜日
年末年始・夏期・ゴールデンウィーク
最寄駅
大阪環状線天満
徒歩3分
メール送信はこちら
ログイン
 


このページのトップへ