2011/05/28 13:42:06

足元の悪い中、、、とは?

英語では、「足元の悪い中、わざわざお越し下さいまして、、、、」という表現は、思い浮かばないですね。
遠路はるばるだったら、何とかなりますけれど、どなたかご存じでしたら、是非ご教授いただきたいところです。
ネットで探しても、英語での同表現は探せませんでした。


私、この「足元の悪い中」という言葉、好きですね。
確かに、都市部の今は足元がぬかるむこともなければ、泥が跳ねて足元が汚れることもないでしょう。
ですから、若い人だったら「滑りやすいから、足元の悪い中」と決めつけてしまうかもしれませんね。
確かに、床の材質とか靴のヒールによっては、良く滑ります。
正確には、昔のような「足元の悪い」状況ではない。
(あくまで私のいる大阪市北区などの都市部に限ってですが)


土や泥とは無縁でもなお「足元の悪い中」を使う。
私には、意味があることだと思っています。
雨の日には、飲食店を中心に一気に売り上げが減る。
誰でもそれだけ外へ出たくない訳です。


その中をなお来て頂いた。
「足元の悪い中、、、、」には、その感謝の気持ちが凝縮されているように思えるのです。
定型文のような挨拶が続くと、うんざりする。
「ご商売のご繁栄とご家族皆々様のご健康、、、、、、」は、もうそろそろ省略しても良いのでは?とさえ思う。


しかしながら、「足元の悪い中、、、」の一言に隠された日本人特有の相手に対する思いやりや感謝の念に、思いをはせる時、定型文も悪くないかな?と感じます。
話してが「そういう気持ちで話しているかどうか?」は、別にして。






会社概要

会社名
(有)アムネット
カナ
アムネット
免許番号
大阪府知事免許(4)48126
代表者
西岡 祥富
所在地
5300041
大阪府大阪市北区天神橋4丁目6−25
TEL
代表:06-6355-7077
FAX
代表:06-6355-7088
営業時間
10:00〜19:00
定休日
毎週火曜日
年末年始・夏期・ゴールデンウィーク
最寄駅
大阪環状線天満
徒歩3分
メール送信はこちら
ログイン
 


このページのトップへ