2011/06/03 10:21:00

「雨、また良し」の知恵

「雨が降らないと、お百姓さんが困る」
「お米ができないと、結局わたし達が困る」


こういうありふれた、しかも子供にはなかなか実感のできない論法を使って「雨って、そんなに悪くないんだよ」と教えるかわりに、もっと心に響く方法があります。


「あめあめふれふれ、母さんが、蛇の目でお迎えうれしいな」
これで十分な訳ですね。
今は「蛇の目傘」を見かけなくなりましたが、キャラクターのプリントされた傘をさして、長靴で水たまりをぴちゃぴちゃやりながら歩く幼稚園児や小学校低学年の子供達を見ると、微笑ましい。


理屈や論理はいらない。
「あめあめふれふれ」の歌だけで、「雨、また良し」が伝わる。
童謡や昔話こそ、もっともっと教育に取り入れられるべきではないかな?と思ってしまいます。


人にやさしく、他人に迷惑をかけない。
標語を掲示し、うるさく唱えるよりも、童話アニメを見せればよい。
大震災以降、テレビで「ただいマウス」とか「さようなライオン」とかわいい動物アニメのCMが流れていますが、「知らない人にでも、挨拶しましょう!」という標語の何倍も優れた周知方法ですね。


「あめあめふれふれ」と同じ論法だと言って良いでしょう。

間接的に、しかし重要な情報を伝える。
震災以降、私自身強く「日本人であること」を意識しますが、やっぱり過去より大した人たちがおられたようです。
もちろん、現在も。






会社概要

会社名
(有)アムネット
カナ
アムネット
免許番号
大阪府知事免許(4)48126
代表者
西岡 祥富
所在地
5300041
大阪府大阪市北区天神橋4丁目6−25
TEL
代表:06-6355-7077
FAX
代表:06-6355-7088
営業時間
10:00〜19:00
定休日
毎週火曜日
年末年始・夏期・ゴールデンウィーク
最寄駅
大阪環状線天満
徒歩3分
メール送信はこちら
ログイン
 


このページのトップへ