2011/06/10 12:05:55

生活保護者が多すぎる、、、

10年とは言いませんが、4,5年前からか、お客様の中で「生活保護」を受けておられる方の割合が非常に高い。
多くの業者さんがそうなのか?
大阪市だけなのか?
詳しくは知りませんが、とにかく生活保護が多すぎる。
思いませんか?


加えて「若年層」の生活保護者が、なぜこれほど多いのか?


来店する生活保護受給者の半分は、確実に私より年令が下です。
中には20代で子連れの夫婦が生活保護を受けている例も珍しくない訳で、「この人たち、なんで働かないの?」と不思議で仕方ない。


大阪市内では、特殊な能力を要しない「時給900円以上の仕事」が、うなるほどある訳です。
8時間労働で、25日勤務だと「¥180,000円」になって、今年就職した息子より、よっぽど多い。

管理物件でも「母子家庭」で生活保護を受けているのに、なぜかひるの日中から、物件の奥の方では、男性の話し声がする。
ごく普通のケースになってしまっている。

加えて、以前は生活保護受給者が家賃をためたら、役所に言えば何とか早く是正されたけれども、今は違う。
初めから「生活保護費」と「住居費」の両方をつまんでやろう。
そうとしか思えない、賃料滞納者も出てきている。


その結果、本当なら「支払いが堅い」はずの生活保護受給者お断り物件がどんどん増えている。
東日本大震災の被災者の方々には、一律にでも生活保護を受給して欲しいと思いますが、30代40代で、のほほんと大都会で暮らしている、そして別段ビョーキとは思えない受給者って、どうなんでしょう?


では、老人だったら良いのか?
数年前に「私は障害と併せて毎月25万円貰っている」と自慢そうに店で話しておられた老夫婦がいましたが、年金も積み立てずに余裕のある老後を送っておられる訳ですから、何をかいわんやですね。


個人的には、生活保護で支給する金額は、国民年金の最低受給額を超えるべきではないと思います。
私は、南森町や天満、それに梅田の駅周辺の決まった場所で売られている「ビッグイシュー」を時々買うようになりましたが、ホームレスで苦労していても「自分の力で生きている」人の方が好きですね。
で、あまりに多い生活保護に反発して「ビッグイシュー」を買っている側面もある訳です。

それにしても生活保護受給者が多すぎる。







会社概要

会社名
(有)アムネット
カナ
アムネット
免許番号
大阪府知事免許(4)48126
代表者
西岡 祥富
所在地
5300041
大阪府大阪市北区天神橋4丁目6−25
TEL
代表:06-6355-7077
FAX
代表:06-6355-7088
営業時間
10:00〜19:00
定休日
毎週火曜日
年末年始・夏期・ゴールデンウィーク
最寄駅
大阪環状線天満
徒歩3分
メール送信はこちら
ログイン
 


このページのトップへ