2011/06/15 10:36:27

100人いて、半袖は私だけ、、、、

昨日は、天満宮青年親睦会10周年記念式典にお呼ばれしましたので参加してきたのですが、約100人の来賓・親睦会員の中で「半袖」だったのは、私だけでした。


普通、衣替えは「6月と10月」ですけれど、この頃はゴールデンウィーク前後からでも暑ければ半袖だし、9月上旬でも寒かったらブーツを履く人もおられる。


それはそれで良いと思うのですが、6月も半ばになって、最高気温が28度前後。 しかも世の中クールビズやらスーパークールビズなどと喧伝されている中、いかな「式典」とはいえ、クソ暑い中何をわざわざスーツ或いは上着を着ていくのか?


私には不思議でなりません。


「汗を拭き拭き、スーツを着ている」
営業マンが会社方針で無理矢理着せられているのならともかく、まあこの時期のスーツや上着姿というのは、見ているだけで暑苦しい。
式典の「重み」に従えば、この時期といえども「上着着用」が相応しいこともあるでしょう。
皇居に呼ばれたり、礼服・略礼を着るべき場面が、そういうシーンということになりますが、果たして公的ではない任意団体のアニバーサリーで、この時期「上着が必要か?」
少なくとも、私は最高気温が25度を超えたら、上着など着るべきではないと思う。


その会場までの道のりで、すでに大汗をかく。
会場では、上着に合わせて不要な温度でエアコンが設定される。


震災を機に、「格好や体裁よりも実質重視」という機運が高まっている中、余計に「上着不要」と思ってしまいます。
ゴルフ場の場合は「酷暑シーズンは上着不要」という掲示のあるコースが多いですけれど、ただゴルフ場に「入る時だけのために」上着を着るというのは、どうしても馬鹿げているとしか思えない。


それでも、4月5月だったら仕方ない。
6月〜9月の「夏服季節」は上着を着る必要を感じないですね。
100人いて、「半袖は私だけ」という現実に、ただただ驚きました。


私の方が非常識なのでしょうか?






会社概要

会社名
(有)アムネット
カナ
アムネット
免許番号
大阪府知事免許(4)48126
代表者
西岡 祥富
所在地
5300041
大阪府大阪市北区天神橋4丁目6−25
TEL
代表:06-6355-7077
FAX
代表:06-6355-7088
営業時間
10:00〜19:00
定休日
毎週火曜日
年末年始・夏期・ゴールデンウィーク
最寄駅
大阪環状線天満
徒歩3分
メール送信はこちら
ログイン
 


このページのトップへ