2011/06/17 16:41:38

登記印紙廃止の現実

今朝方、久しぶりに大阪法務局へ行って「登記印紙700円円分下さい」と窓口で言うと、収入印紙が700円分出されました。
それで「登記印紙ですけど、、、、」と確かめたら「登記印紙は廃止され、収入印紙に変わった」ということでした。


ここ数年、登記事項は全て「登記情報サービス」を利用していて、窓口に行かなかったので、発行手数料が下がった事は知っていたけれども、不動産に携わる者として、平成22年度で登記印紙が廃止になっていたことを知らなかったのは、恥ずかしいですね、、、、、


特別会計から一般会計に組み入れるために、「収入印紙」になったのだと思いますが、いずれにせよ法改正されるまでは、私たちが業務で主に使う印紙は「収入印紙のみ」ということになりそうです。


ちなみに、手持ちの登記印紙はそのまま「過去登記印紙を使っていた事務」には使えるということです。


また、領収書等に印紙を貼って、ボールペンか何かで二重線を引いて「消す」人もおられますが、それは「完全な間違い」ですね。
消した事にはならない。


それでは、シャチハタを押しても良いのか?
シャチハタでも100円のハンコでもゴム印でも、自筆のサインでも良いけれど、二本線は「印象や署名に当たらない」からダメとうことですね。これは国税庁のHPで確認しましたので、間違いありません。
それでは、当事者が複数いて「誰のサインなら良いのか?」


その当たりは、ご自身で確認いただく方が良いようです。
私自身も全て教えてもらった事は、すぐ忘れる。
自分で調べたことは、なかなか忘れない。
一度


http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/shitsugi/inshi/06/03.htm
のサイトをご訪問ください。








会社概要

会社名
(有)アムネット
カナ
アムネット
免許番号
大阪府知事免許(4)48126
代表者
西岡 祥富
所在地
5300041
大阪府大阪市北区天神橋4丁目6−25
TEL
代表:06-6355-7077
FAX
代表:06-6355-7088
営業時間
10:00〜19:00
定休日
毎週火曜日
年末年始・夏期・ゴールデンウィーク
最寄駅
大阪環状線天満
徒歩3分
メール送信はこちら
ログイン
 


このページのトップへ