2011/06/24 10:16:10

ハンカチおやじの勧め

火曜日頃からでしょうか(21日)急に暑くなって、全国的に軽く30度を超えていますけれど、こうなると「ハンカチ」の出番ですね
もちろん、季節を問わずポケットにハンカチは常識ではありますけれども、使う頻度が違う。
冬場は、2日や3日ポケットに入れたままでも、不自由などしませんが、この暑さでは「毎日取り替える」しかない。


で、ハンカチです。
100円ショップに行けば、そこそこの柄のハンカチを売っている。
けれども「社会人」。
特に不動産業者は、それなりのハンカチを持たなければいけませんね。


バブル以前は、オーストリッチのセカンドバッグに、金色のロレックス、そしてクラウンに乗って、髪の毛はテカっている。
ズボンは黒で、シャツは太いストライプなどというのが、不動産業者の定番だったように思いますが、今は時代が違う。


私としては、極めて「トラディショナル」な服装が好きですね。
シャツはボタンダウン。時計はボーイズの薄いタイプ(シャツの袖が傷みません)、数珠やら指輪は一切付けず、ベルトはコードバンで、ズボンの裾はダブル。
夏場は大体こういう格好をしています。


そして、「ハンカチ」は500円以上のものを使う。
言っても、たかが500円です。
セブンスターより60円高いだけで、一夏余裕で使える。
100円ショップの悪口を言うつもりはありませんけれども、500円とか700円のハンカチと比べると可哀相ですね。
肌触りや、吸水性が全く違う。
柄も沢山選べます。


なぜ「ハンカチおやじ」を勧めるか?というと、不動産業者である以上、ボールペンにもこだわりを持つべきだと私は思う。
透明の100円ボールペンを使っていては「お里が知れる」というものでしょう。
何せ、普通に町で見かける各種店舗の中で、一取引当たりの金額が、おそらくは(平均して)一番多い業種だからです。
不動産業を始める時に、友人から「お客様には、最高の自分を見せろ」と言われました。
ただ、先に書いたように「ロレックス」の時代ではない。
安っぽすぎない、できれば清潔で、自分の生活レベルよりも「営業上」は多少上のクラスの物を持つべきだということですね。


中でも「ハンカチ」は一番分かりやすいでしょう。
どんなに高くても数千円ということはないし、そんなハンカチを買う必要もさらさらありません。
この時期「格好良いハンカチおやじ」でありたいものですね。


汗かきな私は「タオルハンカチ」を持ちたい気持ちをグッとこらえて、普通のハンカチを、毎日2枚使い分けています。
やっぱりそれなりのハンカチは使いやすい。。。。






会社概要

会社名
(有)アムネット
カナ
アムネット
免許番号
大阪府知事免許(4)48126
代表者
西岡 祥富
所在地
5300041
大阪府大阪市北区天神橋4丁目6−25
TEL
代表:06-6355-7077
FAX
代表:06-6355-7088
営業時間
10:00〜19:00
定休日
毎週火曜日
年末年始・夏期・ゴールデンウィーク
最寄駅
大阪環状線天満
徒歩3分
メール送信はこちら
ログイン
 


このページのトップへ