2011/09/29 12:50:04

印紙の正しい消し方

印紙税法によると、第8条で、


 課税文書の作成者は、前項の規定により当該課税文書に印紙をはり付ける場合には、政令で定めるところにより、当該課税文書と印紙の彩紋とにかけ、判明に印紙を消さなければならない。

となっています。
人によると、「二本線で消す」かもしれませんし、ネット上では「Q&A」などで、使いまわしを防ぐのが目的だから「二本線で十分」という記載を、個人でも法人でも目にします。


が、税務署の見解は
「印鑑または署名で消す」方法が正しいとのことでした。
過去詳細に調べたのですが、今はソースがはっきりしませんが、間違いのないところと思ってください。

二通り以上の見解があって、どちらが正しいか?
証明に時間がかかる場合は、「邪魔くさいほう」を常に選ぶべきでしょうね。
特に不動産業では、「常に邪魔くさいほうを選ぶ」ことが、絶対的に求められていると思ってちょうど良いでしょう。


「謄本をつけようか?」迷ったら、所得して交付するべきでしょうし、スケルトンの店舗で、家主が高齢、そして手書きで「小数点一桁までの面積」が書いてあったら、自分で再計測するべきでしょう。
「月額総支払額」でくくりたいところも「賃料・共益費・定額水道代・駐輪場代」などの詳細な項目に分けたほうが良い。


印紙の正しい消し方も、まず「認印で消す」「シャチハタで消す」どちらも手持ちがなかったら「自署で消す」方が正解ということですね。


お客様に書類をお渡しする場合、必ず「クリアファイル」に入れてから、大きな封筒に入れてお渡しします。
汚れたりなくしたりされると、結局こちらの手間が増える。
面積が間違っていたら、重要事項説明書の追加程度で済めばましですが、下手をすると「賠償問題」にもなるわけです。


以前、大変重大な問題をアップしました。

それは、ビルの売買で、販売側の業者さんが、売主の持っていた重要事項説明書(その人が買ったときに交付されたもの)を、そのまま使いました。

FRKの作った重要事項説明書ですから、信用するのも無理ないでしょう。

そして、浄化槽と下水が間違っていて、新たに下水を引き込む費用負担の問題で、大損をされた。

邪魔くさがらずに、現地で少し調査確認すれば済むことでした。


印紙の正しい消し方など、実際のところどうでも良い。
「貼っていない」事に比べたら、小さなことでしょう。
ただ、「邪魔くさいほうを選ぶ」には、ちょうど良い題材でした。




2011/09/28 18:18:07

家賃回収の鉄則

「業者さん」よりも、「家主さん」が家賃を集金(振込み含む)するケースの方が、滞納率がはるかに高いように思います。


なぜか?
近所の家主さんたちは、圧倒的に「連絡回数」と「訪問回数」が少ない。
何より、動きが遅いですね。
3ヶ月以上たまってから、初めて動くとか。

本当の所、早く対応してあげたら、入居者の方も助かります。
放っておくから、たまる。
「本当は、そんなにためる気などなかった」というのは、決して言い訳ばかりではなくて、家主さんが何もしないためにそうなった、ということもある。
ためるのは悪いに決まっていますし、「確信犯」もいれば「常習者」も「うそつき」もいますが、防げる滞納は、防ぎたいものですね。


従って、回収のコツは、
1、月末に入金がなければ、「ついたち」に必ず連絡する。
2、連絡したら、面談する。
3、面談したら、「いつ払う」か、文書にして署名捺印してもらう。

家賃で生計を立てている以上、最低限これだけはしておくべきですね。
「ここの家主は、きっちりしている」
そう思われただけで、滞納リスクは激減します。

家賃の発生日を勘違いする人も結構おられます。
特に、入居早々は前家賃を「さて、何月まで払ったか?」
覚えておられない方もいらっしゃるわけです。
「念のため」に、初回支払いの場合、月末までに「お願いと確認」文書を投入しても良いくらいかもしれません。
(私はありませんが)

早めの連絡は、本当に「お互いのため」です。
これから年末にかけて、今まで滞納がなかった人でも、たまるかもしれない。
そのときには、「とにかく早く」が大切ですね。





2011/09/26 11:11:19

挨拶の「タネ」に困ったら

コンペに釣り、旅行に忘年会や新年会と、これからのシーズン立場によっては、「挨拶」する機会が多くなりますね?
議員さんほどではないにしろ、「同じような顔」を前にしてお話することも多いでしょう。
挨拶のネタやタネに困る。
そんな時には、下記サイトがお勧めです。

「今日は何の日?」
http://www.nnh.to/09/26.html

子供の日や、みどりの日など誰でも知っている「記念日」以外に、大抵毎日何かの記念日ですよね?
例えば、今日は「台風来襲の日」
統計上、最も日本に台風がやってくる日だそうです。


それで、12号関連災害で被災された皆様への義援金の話題であるとか、日頃の備えとか、関西広域連合など、関わりのある話題で、3分や5分、「単なる時候の挨拶」以上に中身のある話ができる。


新聞やネットの話題は、ありきたりですよね?
そして挨拶の度に「興味深い記念日の話」をしていると、時間を重ねていけば「記念日のだれだれ」ということになるかもしれません。
一度サイトを覗いて見てはいかがでしょうか?


自分の誕生日は、何の記念日なのか?
会合の主催者・創立に関係した日は、何の記念日なのか?
興味が尽きない有益な情報が得られるでしょう。
私の場合、「記念日サイト」で、何の記念日か?分かったとしても、ウィキペディアなどで、最終的に確認を取るようにしています。
人様の前で、間違った情報をお話するのは恥ずかしい。
ただで得られる情報ですから、せめてその程度の手間を掛ける必要は、ありそうですね。






会社概要

会社名
(有)アムネット
カナ
アムネット
免許番号
大阪府知事免許(4)48126
代表者
西岡 祥富
所在地
5300041
大阪府大阪市北区天神橋4丁目6−25
TEL
代表:06-6355-7077
FAX
代表:06-6355-7088
営業時間
10:00〜19:00
定休日
毎週火曜日
年末年始・夏期・ゴールデンウィーク
最寄駅
大阪環状線天満
徒歩3分
メール送信はこちら
ログイン
 


1234

このページのトップへ