2011/09/04 10:28:54

新近畿レインズの問題点(2)

前回は、「物件登録」の際に、必ず使用するボタンが右に寄りすぎて、モニタのサイズ14インチや15インチでは、「お気に入り」を閉じるなどしなければ、「スクロール」しても届かないという、操作上のちょっとした問題点をお話しました。


加えるなら、「物件登録」に限らず「検索」でも、検索実行のボタンが右に寄りすぎている
できるなら、検索実行(誰でも使うので)ボタンを左端に持ってきて(これならどんなモニタでも対応可能)、当初のボタン色を「青」とか「赤」などのカラーにして、押したら色が変わるようにして欲しい所ですね。 青から赤に変わるとか。


近畿レインズのホームページも、全日本不動産ナビのホームページも、基本的に、15インチ程度のモニタで、全て閲覧可能です。
スクロールバーで、比較的楽に情報が得られる訳です。
なぜ、新近畿レインズの各種画面のみ、スクロール不能なのか?


例えば、このマイページをアップする時には、「内容」欄のすぐ下に「掲載する」のチェックボックスがありますね?
「登録する」も同様です。
大変に使いやすく、気に入っています。
必ず使うボタン類は、「最小のマウスの動き」で到達できる設計になっている訳で、極めて当然なレイアウトでしょう。

以前書いたように、「ケチを付ける」つもりは毛頭ありません。
新たなシステムは、どんな場合でも不具合や操作性の悪さ、想定外の問題点が発生するものですし、「不具合」という点では、今のところ応答性が多少悪い(遅い・重い)だけで、トラブルを経験していません。
その意味では、良く作り込まれていると思います。
「新しくなった」だけでケチをつける人もいるし、「どっちでも良いこと」で文句を言う人もおられるので、全ての「声」に応えて欲しいなどとも思わない。
長い時間と数多い打ち合わせの上でできたシステムなのですから、担当された皆さんのご苦労も良く分かる。


ただ、「毎日使う」画面である以上、操作性は業務効率に大きく影響する訳ですし、「会員の声」を聞いていただけるのであれば、そして、それが合理的であれば、迅速に対応して欲しいものですね。
(それも、画面上で告知の上で)


運営側も、「良いモノを作りたい」と思うからこそ、多大な投資をして、新しいシステムに移行した訳ですから、今度は会員側から声を上げて、一緒に使いやすいシステムにして行くのが、「あるべき姿」だと思います。
変わって良い点も沢山ある訳ですから。


皆が黙って、使いづらいまま月日だけが過ぎていくのは悲しいものですし、「もっとこうした方が良い」と思っているのは、私だけではないと思うのですが、、、、、、






会社概要

会社名
(有)アムネット
カナ
アムネット
免許番号
大阪府知事免許(4)48126
代表者
西岡 祥富
所在地
5300041
大阪府大阪市北区天神橋4丁目6−25
TEL
代表:06-6355-7077
FAX
代表:06-6355-7088
営業時間
10:00〜19:00
定休日
毎週火曜日
年末年始・夏期・ゴールデンウィーク
最寄駅
大阪環状線天満
徒歩3分
メール送信はこちら
ログイン
 


このページのトップへ