2011/09/25 13:44:29

盗撮の不思議

書店の棚に、小型の鏡を貼り付けた所、盗撮が減った。
今日のニュースでやっていましたけれど、「スカートの中」を撮影して、何が面白いのか?
私には不思議でならないのですが、どうなんでしょ?


「スカートの中」の、そのまた中。
興味がない人は少ないと思いますけれども、「スカートの中」を見て、或いは撮影して、どうなるというのか?
私の小学生時代には「スカートめくり」が流行りました。
同級生の女の子たちは、赤やら紫やら、毛糸のスカートをはいていた。
色気も何もありませんが、「めくること」自体が面白かったのでしょう。


遠い昔の事ですから、「なぜめくっていたのか?」は分からない。
「盗撮」とスカートめくりは、まあ同じレベルなのでしょうね。


何が違うか?
小学生のスカートめくりは、先生に怒られたり、女子の反撃に遭うぐらいでしょうけれど、盗撮は仕事も信用も社会的地位もなくす。
大抵は、「実名」で報道される。
「殺人」やら「強盗」と、さほど扱いが変わらない訳です。
本名で、新聞やネットの目立つ部分を飾るのですから。
全く、ばからしい話です。


曰く「むしゃくしゃしていた」
曰く「会社でイヤなことがあった」
これ、おそらくウソですね。
こういう精神状態だったら、呑んで帰る時に立て看板を蹴ったり、段ボール箱を殴ったりしても不思議ではない。
憂さを晴らすという心理的原因から、「盗撮」を導くのは無理がある。
やっぱり、子供じみた「エッチ」としか言えないですね。


何より、非常に恥ずかしい。
天神橋筋商店街は、都会のように思えますが、その実近隣の人間関係がなかなかに深く、角のたばこ屋さんはおしゃべりで、良いことも悪いことも、頼みもしないのに、あっという間に広がります。
こういう地域に住んでいたら、まず「飲酒運転」は絶対にできない。
被害者に迷惑を掛けるのは当然ですが、居住親族全員が肩身の狭い思いをするどころか、まあ、引っ越ししなくてはならないでしょう。
増して「盗撮」となったら、、、、、、


誘拐・偽札造りと並んで、割に合わない代表的な犯罪ですね。
それなのに、毎日のように盗撮しては捕まっている。
そんなもの見なくても、ネットでそれほど手間を掛けなくても、信じられないような動画が氾濫しているのですから、「子供じみてエッチな人」は、そちらを選ぶべきでしょう。

誰にも迷惑は掛かりません。
犯罪は昔から「エスカレートした挙げ句に足がつく」ものです。
スカート内の盗撮から露天風呂などの盗撮へ進んで、結局捕まる。
今の季節だったら、そんなもの写さずに「トンボや花」のマクロ撮影がお勧めですね。
少なくとも、こちらの方がずーっとキレイだと思うのは、ある意味失礼かもしれませんが、、、、、、






会社概要

会社名
(有)アムネット
カナ
アムネット
免許番号
大阪府知事免許(4)48126
代表者
西岡 祥富
所在地
5300041
大阪府大阪市北区天神橋4丁目6−25
TEL
代表:06-6355-7077
FAX
代表:06-6355-7088
営業時間
10:00〜19:00
定休日
毎週火曜日
年末年始・夏期・ゴールデンウィーク
最寄駅
大阪環状線天満
徒歩3分
メール送信はこちら
ログイン
 


このページのトップへ