2011/10/02 13:50:48

警察のどこがあてにできないか?

私は基本的に、警察信頼派です。
第一、私自身が防犯委員であり、年末パトロールなどでも管轄警察署長以下の激励を受けて、寒空を見回ったりしています。
が、今回「自分で明け渡し訴訟をやってみた」の記事にあるように、「薬物中毒の不良入居者が室内で暴れまわって器物を破損した」事件を受理してくれなかった。


理由は「原状回復の問題で、民事です」
はぁ?
こちらは不動産業者ですから、「原状回復」の問題が起こるのは、当然退去後の話であって、退去時に私が立ち会わず、後になって「部屋が荒らされていた」というのなら、原状回復の問題にはなるでしょう。
第一、退去立会いしない方が悪い。
そんなことは皆分かっているから、退去に立ち会わない管理業者など一人もいない。


しかし、今回のように「入居中にガラスをすべて割り、ドアやふすまを破損した」というのは、立派に器物破損ではないでしょうか?
専有部分だからか?
共有部分の、たとえば「置いてある消火器」を盗んだり壊したら、犯罪です。
室内なら、何をしても良いのか?

東京大学の駐輪場で、東大生が自転車のサドルを、「ブロッコリー」に取り替えて、サドルは前かごに入れた。
これに警察が動いて、立件はしなかったけれども捜査はした。
かわいい学生のちょっとしたイタヅラでは動くのに、建物を壊された事件では動かない。


実は、私、確実性を期すために、わざわざ事前に当該区選出の市会議員から、警察へ連絡を入れてもらってあった。
にも関わらず、この体たらくです。
この議員の所属政党が気に入らなかったのか?
それとも、仕事が増えるのがいやなのか?
単純に、「民事と刑事」を峻別する能力がないのか?
この件では、相当頭にきたので、検察にも、この薬物中毒で、生活保護の夜逃げ犯が、犯罪を犯して拘束されているのでは?あるいは死んでいるのでは?と問い合わせてみましたが、「親族」でないと動いてくれない。


これは、まあ仕方ないでしょう。
ただでさえ「個人情報保護」には、皆敏感ですから、たかが夜逃げ犯などどうでもよいのかもしれません。


週明けに、もう一度裁判所へ行って見ますが、どう考えても「自転車のサドルを取られたら警察は事件で受理する」のに、「入居中の器物破損では動かない」のは、納得できないですね。
「見解の相違」で済ます問題なのでしょうか?


本当に「民事の問題ですよ」と教えてくれる人がおられたら教わりたい。
家具備品付きのマンションで、テレビからベッドから皆壊され、カーテンが引き裂かれて、窓ガラスが割られ、それが面した廊下から丸見えである場合、「器物破損ではなくて、原状回復の問題」と言えますか?
それも賃貸借契約の継続中に。






会社概要

会社名
(有)アムネット
カナ
アムネット
免許番号
大阪府知事免許(4)48126
代表者
西岡 祥富
所在地
5300041
大阪府大阪市北区天神橋4丁目6−25
TEL
代表:06-6355-7077
FAX
代表:06-6355-7088
営業時間
10:00〜19:00
定休日
毎週火曜日
年末年始・夏期・ゴールデンウィーク
最寄駅
大阪環状線天満
徒歩3分
メール送信はこちら
ログイン
 


このページのトップへ