2011/10/05 18:03:19

外資系の対応あれこれ

ハードディスクを交換したので、ついでにメモリをシステム上限まで積もうと思い、T社の2GBメモリ2枚を購入。
元のメモリと入れ替えたところ「ピー音」が続いて、マシンが認識してくれず、あれこれ試しましたが結局ダメで、元のメモリに戻したのですけれど、今度はメモリ容量を認識してくれなくなり、とうとう再インストールするしかなくなってしまいました。

大丈夫とは思っていたのですが、メモリが不良品だったようです。
で、T社のサービスに電話して、症状や受付番号、それにメモリの製造番号等をしたため、「着払い」で送りました。
数日して、メモリが送られてきましたが、はて私が送ったのが結局不良品だったのかどうか?も分からず、また一言も添えられておらず、「0円」の納品書が付いていただけ。

ままよ!
とばかり、T社を信じてメモリを再び付け替えたところ、今度はまともにメモリ容量を認識してくれました。
しかし、、、、
「ただただ、交換した品物だけを送り返す」というところが、外資系らしいですし、メモリ関係(それも安いメモリ)を製造しているのは、まずお近くの国ですから、こういう対応になるのか?
それとも、当たり外れが多すぎて、いちいちコメントなど添えられないのか分かりませんけれど、まず国産メーカーだったら違った対応になったと思いますね。
いずれにしても、良品を早く、送料なしで送ってくれてよかった。

ところで、どうせ再インストールするのだからと、T社より更に廉価のK社のメモリを、もう一台のマシンのために買ったら、こちらは正常に動いてくれました。
非国産品は当たり外れが大きいとは聞いていましたが、自分の身に降りかかるとは、、、
このパソコン騒動で、何やかやと元の状態近くに戻すまでにおおよそ1ヶ月近く掛かりました。
それでも、「期待通り」には動いていません。
まったくの投資倒れの上に、PC関係は膨大な時間が無駄になりますね。

以前「メモリ交換は自分でどんどんやりましょう!」と書いたのに、自分がエライ目にあっていては、いけませんね、、、、



2011/10/05 13:19:24

お金を借りに来ないでください

お昼時に、50代のおばさんがやってきて、「すぐに東京に行かなければならないが、現金もカードもなくしたか、取られたか(この辺はむにゃむにゃ言うので分からなかったのですが)で、15万円貸して欲しいとのたまいました。


もちろん面識はありません。


近くのマンションにお住まいで、権利証をお持ちだと言うことだったのですが、大体仲介業者が10万円も20万円も店にあるはずがない。
決済直後だったらいざしらず、買い取り業者さんでもない限り、まとまった現金など置いていないし、だからこそ仲介業者の所に、泥棒に入る馬鹿も少ない。


私のお店にも、現金で15万円などない。
それで、取引銀行を聞いて、マンションを買うときに利用した銀行だったら、そして身分証明を持っているなら、相談に乗ってくれるかもしれませんよ、とお伝えして、お役に立つことなく、お帰り願いました。


ただ、この人の場合「怪しさ」は感じませんでした。
普通なら、相手が持っていそうな額を言うでしょう。
それとも、私が「今すぐ出せるお金で」15万円持っているように見えたのか?


数日前は、町会行事で年に数回一緒になる、70代後半の役員さんが、銀行に決済に来たが、2万円足りないので、貸して欲しいと言って来ました。
2万円だったら、(小遣いを貰った直後なので)財布に入っている。
ほとんど口を聞いたことはないにしろ、顔を知っているし、名刺を貰って、その裏に「借用証」も書いていただいたということで、お貸ししました。
で、翌日夕方持って来ると言ったのに、こちらが電話するまで持ってこない。
閉店後数十分待つのも馬鹿らしいので、翌日の午後に返していただくようにお願いし、無事お礼として、千円乗せて返していただきました。


まあ、返ってきただけましでしょう。


しかし、一定自由になる程度のお金を借りたら、せめて翌朝一番に返しにくるべきだと、私は思う。
ゴルフ帰りにマージャンしたり、飲みに行ったときに、友人が手持ち不足で、お金を貸したら、必ず翌朝一番に返しに来る。
千円でも二千円でも、いの一番に返しにきます。
私も当然そうするでしょう。
特に、お酒が入っていたりすると忘れやすいものです。
まして、数万円なら別ですが、千円程度で借用書など取らないし、あまり「悪いなぁ」という気もしませんから、余計に早く返さなければならないでしょう。


信用は、こんなところから傷ついていくものです。


それにしても、私の所は残念ながら人様にお金を貸せるほど手持ちもなければ、何もないので、もう借りに来ないでください、、、、、
本当の所、貸したくありませんから、、、、


私は?ですか?
なければ、嫁に借ります。
嫁に言えない理由(そんな良いことがあるのなら)だったら、親に借りる。
あるいは、使った経験はありませんが、カードローンでしょうかね。
とにかく、「他人様」に借りるのは、本当の最終手段になるでしょう。
良くないことほど「癖」になる。


ゴルフでは、ノータッチで回りますが、6インチする人は、ボールがどんなライにあっても、必ず触るし、動かす。
いずれ、6インチが8インチになるわけです。
「もっと良いライはないか?」と触らずにおれなくなる。
何人も見てきました。
お金は?
財布にあっても、借りたくなる。
悪い癖とは、そういうものなのでしょう。






会社概要

会社名
(有)アムネット
カナ
アムネット
免許番号
大阪府知事免許(4)48126
代表者
西岡 祥富
所在地
5300041
大阪府大阪市北区天神橋4丁目6−25
TEL
代表:06-6355-7077
FAX
代表:06-6355-7088
営業時間
10:00〜19:00
定休日
毎週火曜日
年末年始・夏期・ゴールデンウィーク
最寄駅
大阪環状線天満
徒歩3分
メール送信はこちら
ログイン
 


このページのトップへ