2011/10/21 10:09:04

周年行事に思う

来月は「卒業した小学校創立90周年」で、その行事に参加するわけですけれど、土曜日なので、当然お仕事優先になる。
式典は無理でも、夕方からの懇親会には何とか顔を出せるため、正規の会費を払って早めにお店を閉めてタクシーで出かけるわけですね。

会費は「¥10,000円」です。
大抵の人は、「10年に1度だから良いだろう」と考えるでしょうけれど、小学校関係なら、PTAの方は、ほぼ参加義務があると思って間違いない。
子育て真っ最中で、一番お金のかかる時です。
若いお母さん方にとって、¥10,000円という金額は、「はい、了解」と簡単に出せるものなのか?

学費の支出が終了に近づいた、我々50代世代でも、負担になる会費だと思うのですが、皆さん「楽に」出しておられるのでしょうかねぇ?

¥10,000円出すなら、家族でお寿司を食べに行くほうがマシだという方にとっては、地域役員は務まらないでしょう。
確かに、仲良しだけで「フレンチ」とか「イタリアン」を食べに行くほうが、楽しくて安く付く。
小学校の創立90周年に¥10,000円払って、出かけていく世代には、おそらく高校生や大学生は含まれないのでは?と思います。
節目に当たった役員さんは「お気の毒」ということでしょうか?

結局、地域でお祭りやイベント、安全関係に子供のお世話と、日常的に費用も時間も使っている「同じような顔」が参加することになるでしょう。
で、「それでよいのか?」ということですね。

私だったら、「懇親会」などせずに、「連合町会」に地方公共団体から拠出される交付金で、数年前にノーベル賞を受賞された方に講演をしてもらい、周年対象の卒業生のみ「聴講無料」とするでしょう。
一般からは費用を頂戴すればよい。
「学び舎」の周年行事では、高齢者中心の「懇親会」に参加するより、ひょっとしたら人生でそうそう機会がない講演を聴く方が、より記念になるし思い出にも残る上に、「学校らしい」と思うのですが、、、、、

周年行事は、誰のためか?
もちろん「卒業生」のためですし、それも「一般の卒業生」のためであるべきだと私は思います。
久しぶりに顔をあわせるのは「同窓会」でよい。
「10年経ったから仕方なくやる」ように思えてならないのは、私だけかもしれませんね、、、、、、、、




会社概要

会社名
(有)アムネット
カナ
アムネット
免許番号
大阪府知事免許(4)48126
代表者
西岡 祥富
所在地
5300041
大阪府大阪市北区天神橋4丁目6−25
TEL
代表:06-6355-7077
FAX
代表:06-6355-7088
営業時間
10:00〜19:00
定休日
毎週火曜日
年末年始・夏期・ゴールデンウィーク
最寄駅
大阪環状線天満
徒歩3分
メール送信はこちら
ログイン
 


このページのトップへ