2011/10/22 18:19:13

返事はいつも「何でもどうぞ」

電話が掛かってきて、「お願いがあるんですが、、、」と言われると、必ず「何でもどうぞ」と返答するようにしています。
言外に「何でも引き受けます」という意味ですね。
一つには、「それほど難しい用件だったら、電話でお願いされるはずもない」ということでしょうね。
中には「貰って欲しい」という、こちらにとっては逆にうれしい「お願い」もあります。

居酒屋さんだったら、注文したら「喜んで」という。
当然でしょう。
注文の分だけ利益が上がるはずですから。

私が受ける「お願い事」の場合は、
1、私が動かないといけない
2、私が人脈を使わないといけない
3、私の時間やお金をある程度犠牲にしなくてはいけない
と、まあその程度のお話です。

もちろん、「お願いされた日時」には、既に予定が入っている事もありますから、「何でもどうぞ」とは進まない場合もあります。
仕方ないことです。
それ以外は、ほぼ全てお願いごとには応えるようにしています。

なぜなら、私の周りはほぼ全員が「こちらの頼み」を聞いてくれる。
その人に直接返せなくても、誰かから頼まれたら応えるべきでしょう。
第一、他の誰でもなく(既に頼んだのかもしれませんが)、私のところへお願いに来られたわけですよね?
「できもしない」人に頼みに来るはずがない。
頼られたり、当てにされる方が、その反対よりずーっと良い。
少なくとも、一成人・一社会人として生きていくうえでは。

実際のところ、各種団体でも「出て行きたがり」の人はおられますけれど、どの団体でも「役員就任」を要請される人がおられる。
近くでは、区商連のYさんなど、その典型でしょうね。
普通の人とは違う。明らかに。

例えば、私が不動産業をしていることを知ったとしましょうか。
多くの人は、「また紹介します」と言う。
こちらは「ありがとうございます、よろしくお願いします」
と答えるけれども、その場限りのお話でしょう。
「また紹介します」よりも「よく覚えておきます」の方がスマートですね。
少なくとも、何もしていない段階で相手に頭を下げさせないですから。

ところが、Yさんの場合「今度紹介します」
そう言われた次の日に、実際にお二人ご紹介をいただきました。
単に、タイミングでしょうか?
私が嬉しかったことは、「間髪を入れずに紹介いただいた」ことなどではありません。
こういう人に信用していただいた。
そのことでしたね。




会社概要

会社名
(有)アムネット
カナ
アムネット
免許番号
大阪府知事免許(4)48126
代表者
西岡 祥富
所在地
5300041
大阪府大阪市北区天神橋4丁目6−25
TEL
代表:06-6355-7077
FAX
代表:06-6355-7088
営業時間
10:00〜19:00
定休日
毎週火曜日
年末年始・夏期・ゴールデンウィーク
最寄駅
大阪環状線天満
徒歩3分
メール送信はこちら
ログイン
 


このページのトップへ