2011/10/29 10:42:28

天神祭り反省会

昨晩は天神祭りを構成する講社連合の一つ「御羽車講」の反省会。
この講は、天神橋筋商店街の組合で成り立っているのですが、今年は「船渡御」の券が、随分と売れ残ったようです。

¥25,000円(ひとり)
数時間船にのり、花火を眺めながらお弁当とドリンクを楽しむ。
大抵は二人以上で参加しますから、5万円コースですね。
高い!ですか?
とはいえ、「満席」になっても収支トントンなんです。

船をチャーターして、飾りつけ、トイレを設置し、アルバイト君を雇う。
チケットの印刷費などもカウントしていくと、どうしても数百万円の経費が掛かるわけで、これはどの「講」でも事情は同じでしょう。
全国各地のお祭り同様、地元の費用負担で成り立っているわけであり、協賛してくれる大企業の理解があってこそというわけ。

景気の低迷もあって、今後も「黒字転換」とう絵は描けません。
けれども、各講社は船を出し続けるでしょう。
それが「お祭り」というものですから。
天神祭りで、天神橋筋商店街を練る「おみこし」や「獅子舞」も事情は厳しいですが、それは「お金」の面に限りません。

おみこしなら「担ぎ手」
獅子舞だったら「踊り手」
地域住民だけで手数を揃えるのが、もう相当前から難しくなっています。
特に、商店街の中で、獅子舞はわが町だけです。
こちらは「踊り手」はもちろん、「三味線・笛・太鼓」の奏者もいる。
いよいよ維持が難しいですね。
岸和田のだんじり祭りを見ていると、青年・壮年の多さに驚く。
「地元の人手不足」は、繁華街だけのことなのでしょうか?




会社概要

会社名
(有)アムネット
カナ
アムネット
免許番号
大阪府知事免許(4)48126
代表者
西岡 祥富
所在地
5300041
大阪府大阪市北区天神橋4丁目6−25
TEL
代表:06-6355-7077
FAX
代表:06-6355-7088
営業時間
10:00〜19:00
定休日
毎週火曜日
年末年始・夏期・ゴールデンウィーク
最寄駅
大阪環状線天満
徒歩3分
メール送信はこちら
ログイン
 


このページのトップへ