2012/01/02 16:23:08

大人になって全く買わなくなったもの

お菓子のたぐいではありません。
20代の時には毎週のように買っていたのに、ここ20年ぐらい「全く買わなくなった」代表は、カー用品でしょうか。
それでも、ワックスやバッテリーは買いますが、ドリンクホルダーとか、なにやらライトがつくものなど、千円前後から2千円ぐらいの小物ですね。


やっぱり、壊れるし、飽きる。


考えてみれば、嫁さんは正しかったようです。
20年以上前の結婚当時から(ということは、その前から)、家内は良いものや高いものを、少数買う。
翻って私は、安物を買っては使わなかったり、壊れたり。
おつむの中身が幼かったのでしょう。


わかりきったことですけれど、なかなか実行できないのが「高くても良いものを買って、大事に使う」ことでしょうね。
もちろん、人間の性格もあればタイプもあるでしょう。
そして、トイレットペーパーにお金を使っても仕方ないかもしれません。
けれども特売品の「100円トイレットペーパー」は、肌触りが悪いし、元値が安い物と、バーゲンで安くなった物は、全く違う。


日頃、ハサミにしても、ステープラーにしてもよく使います。
安物は、切れない上に機能も悪い。

洋服がてきめんですね。
実は、昨年の初めに「無印良品」のベストを2枚買いました。
安い。
けれども、現実に「1回着たら終わり」のグレードでしたね。
というのも、洋服類はウエストを合わせる必要があるボトムスを除いて、カッターにしても、肌着にしても家内が買ってくれる。
私よりも、よっぽど色やデザインのセンスが良いので、ほとんど任せきりですけれど、年末にちょっと臨時収入があったので、近くの同級生の洋服店で、シャツやジーンズを買ってみました。


シャツは、カステルバジャックの上代2万7千円のもの。
ジーンズも同じく上代ベースで2万7千円で、3割同級生割引をしてくれましたが、まあデザインや材質は当然ですが、縫製からして全く違う。
どうせ休みにしか着ない「私服」ですから、安物でも良い訳ですけれど、こう不景気だと、いや不景気だからこそ、「安物買いを止めよう」と決めました。
今まで、ジーンズに5千円以上出したこともなければ、シャツに1万円以上出したこともありません。
高い服というと、私服ならゴルフ用の衣類ぐらいでした。
(それでも、やっぱり1万円を超えることはありませんが)


所得の関係もありますから、高級品をしょっちゅう買えるはずはない。
ですが、たまにしか自分のためにお金を使わないのであれば、ここは「迷わず高くて良い物を買う」べきですね。
大体、年齢からして50歳を超えると、あんまり安物を身につけていると、相手の印象も違ってくるでしょう。
ベンツにも乗っていないし(クラウンにも)、ロレックスの時計をはめている訳でもありませんけれど、「最高級」である必要などありません。
そんなものは、私のような業者ではなく「家主さん」の持つものでしょう。
ただ、カシオの数千円のデジタル時計は、はめられない。


迷ったら、高いもの。
いえ、迷わずに高くて良いもの。
生産国なら「日本製」
今年は、せいぜいシャツ1枚買えるか買えないか?でしょうけれど、文具にしても日用品にしても、「安物買い」をそれこそ「絶対にしない」と決めました。
結局は、節約にもなるしエコにもなるというものでしょうから。






会社概要

会社名
(有)アムネット
カナ
アムネット
免許番号
大阪府知事免許(4)48126
代表者
西岡 祥富
所在地
5300041
大阪府大阪市北区天神橋4丁目6−25
TEL
代表:06-6355-7077
FAX
代表:06-6355-7088
営業時間
10:00〜19:00
定休日
毎週火曜日
年末年始・夏期・ゴールデンウィーク
最寄駅
大阪環状線天満
徒歩3分
メール送信はこちら
ログイン
 


このページのトップへ