2012/01/06 9:30:13

君が代を歌いました

昨日の「北区友会新年互礼会では、冒頭全員で「国歌と大阪市歌」を歌いましたが、君が代を歌うのはひょっとして、中学生以来かもしれません。
大阪市歌に至っては、生まれて初めて。
それだけで、「参加した意味」がありましたね。


司会者は、頭の側面にわずかに白髪が残るおじいさんで、喉を振り絞るように声を出しておられた。
「老人虐待か?」
司会進行というのは、一定「会の顔」である。
女性のプロを頼めば、華やかになるし、多少下手を打っても若手を起用すれば、経験にもなるのですが、よわい80歳ほどの方を持ってくるのは、いかがなものか?直ちに是正すべきだと、私には思えました。


挨拶は、3人で5分も掛からなかった。
こちらは、良かった点の一つでしょうね。
時間を考えても、見るべき内容ではありませんでしたが、「人を唸らせるような挨拶」など、なかなか難しい。
それより、早く終わって、すぐに乾杯の方がずっと気が効いている。


今月は、私自身何度か挨拶する機会がありますけれど、話題には、「絆」を持ってこようか?と思います。
なぜ「絆」の右側「半」の文字が、「きづな」では、上の点々がすぼまっているのか?
半分の半も、湖畔の畔も、同伴者の伴も、皆「半」の上の点々は、上開きであるのに、「絆」のハンの上の点々は、下開きである。
それは、なぜなのか?


事情を調べていくと、「当用漢字」に突き当たり、絆の語源など、それで完結するようなお話ではなく、膨らむ話ができる。
そして、何より自分自身、「当用漢字」と「常用漢字」の区別すら知らなかった事に気づく訳ですね。
別に、物知りになる必要はないし、分からないことはこの10年間で、調べる手立てが格段に増えましたから、知らないことは調べれば良い。


注意すべきは、「なぜなのか?」と自分に問いかけるのがじゃまくさくなることでしょうね。
特に年齢というものが、邪魔をする。
疑問を持って、尚且つ調べて解決する。
他の業種より、不動産業の方が習慣付いている分、有利でしょう。


例によって「君が代、、、」から、大きく脱線してしまいましたが、、、、、、、






会社概要

会社名
(有)アムネット
カナ
アムネット
免許番号
大阪府知事免許(4)48126
代表者
西岡 祥富
所在地
5300041
大阪府大阪市北区天神橋4丁目6−25
TEL
代表:06-6355-7077
FAX
代表:06-6355-7088
営業時間
10:00〜19:00
定休日
毎週火曜日
年末年始・夏期・ゴールデンウィーク
最寄駅
大阪環状線天満
徒歩3分
メール送信はこちら
ログイン
 


このページのトップへ