2012/01/10 11:14:15

10秒毎に5千円

十日戎の間、2時間程度ではありますが、「福笹」を作るお手伝いに行っていますが、夕方以降の繁忙時には、大体10秒毎に5千円ペースで、笹や熊手が出て行きます。
「売れる」のではありません。
戎神社いわく、「お賽銭」に対する「授与」なのですから。


とはいえ、「授与」ブースの裏方として、細い針金で「鯛」や「大福帳」に「小判」などを取り付けていると、縁起物とはいえ原価数百円のものが、数千円に化ける上、私たちは「氏子」ですので、無料奉仕です。


一定の時間帯には、昼食・夕食に夜食が出されますが、神社ですのでお寺のような「精進料理」ではないにしても、「取りあえず腹に入れる」グレード。
これでは、一年を3日で十分に暮らせるなぁ。と思いますね。


商店街団体を始め、各種の「講」がそれぞれに、朝から晩まで交代しながらほぼ12時間福笹を授与しますが、私のように2時間やって、はい終わりという人も少なからずいる訳ですし、町会長でもない限り3日間連続でお手伝いというのも、なかなかつらいものがある。
従って、神社から各種団体に多少のお礼ぐらいは回るでしょうが、おそらく年末に行われる「打ち合わせ会」で使い果たすでしょうね。

毎年不思議なのは、別に「仏教を信仰している」訳ではないのに、「神道を信仰している」こともないのに、年初から日本人は大混雑もいとわず、初詣でに繰り出し、十日戎に集まる。
年中行事だと言えばそれまでですが、この信心・信仰に対する愛らしくも節操のない姿には、驚きます。
加えて、自分もまさしくその一員であることに何の疑問もない。
習慣というのは恐ろしいものです。


ですが、この習わしこそが、「10秒5千円」の世界を支えているのでしょう。




コメント一覧

No.6850 防犯委員さんのコメント 2012/01/11 10:51:57
まとまりある長文のコメントを、ありがとうございます。
「画像」がある方が分かりやすいと思い、撮影してきました。

No.6848 花子さんのコメント 2012/01/10 17:02:57
私は神社にご縁がないもので、氏子さんのみぞ知る裏側のお話をとても興味深く拝読しました。

そして後段の

>毎年不思議なのは、別に「仏教を信仰してい  る」訳ではないのに、「神道を信仰している」 こともないのに、年初から日本人は大混雑もい とわず、初詣でに繰り出し、十日戎に集まる。
 年中行事だと言えばそれまでですが、この信  心・信仰に対する愛らしくも節操のない姿に  は、驚きます。
 加えて、自分もまさしくその一員であることに 何の疑問もない。
 習慣というのは恐ろしいものです。<

これは私も長いこと、子供の頃から疑問に思っていたことでした。特に家には仏壇も神棚もなかったこともあり普段から宗教を意識することがなかったのです。

ただ世界の国々から見ると「無宗教」というのは異常に映るらしいですね。特にイスラム教国に入国する際、入国カードの宗教の欄には必ず記入しなければならないとのことです(神様を信じていない人は恐れるものが何もないので何をするかわからないと考えられてしまうそうです。確かに神を否定する共産主義のスターリンや毛沢東が自国民を大量虐殺したことを考えると、なるほどと思ってしまいます)。

しかし道徳的規範として社会的役割を果たしてきた宗教が世界の多くの国々では生活に深く関わっているのに日本ではあまり意識されませんよね。
これは2670年以上もの間、日本では神道が生活に根付いていたことに起因するものではないでしょうか…。

神道は戦後、宗教として扱われてきましたが、そもそも他の宗教とは違い経典もなければ教祖もおらず、神様は八百万神(やおよろずのかみ)と言ってあらゆるものに宿ります(山、岩、かまど等)。

そして自然の恵みに感謝し太陽を拝みます。ですから悪いことをすれば「お天道様(おてんとうさま)が見ている」「ばちがあたる」などと言いますよね。

初詣に行くのも大晦日に年越しの準備をするのも長い間続いてきた神道を私たちは「無意識に」実践しているのではないでしょうか…?

この「無意識の」神道は世界的には奇異に映るかもしれませんがその一方で唯一無二の価値を有するような気がしています。

阪神淡路大震災や東日本大震災で略奪や暴動が起きなかったことに世界中の国々が驚き、そんな国は日本しかない、と言われたことも無関係ではないのではないでしょうか…?私たちにとって当たり前のことが世界では当たり前ではないのです。


神社にご縁のない者にとって、氏子さんとして神社の行事に関わることのできるブログ主さんがうらやましく思えた今回のエントリーでした。

もしよかったら時々裏話を教えてくださいね。









会社概要

会社名
(有)アムネット
カナ
アムネット
免許番号
大阪府知事免許(4)48126
代表者
西岡 祥富
所在地
5300041
大阪府大阪市北区天神橋4丁目6−25
TEL
代表:06-6355-7077
FAX
代表:06-6355-7088
営業時間
10:00〜19:00
定休日
毎週火曜日
年末年始・夏期・ゴールデンウィーク
最寄駅
大阪環状線天満
徒歩3分
メール送信はこちら
ログイン
 


このページのトップへ