2012/01/22 10:12:33

人を黙らせる凄技

関西大倉高校時代ですから、もう30数年前になります。
けれども、昨日のことのように鮮明に思い出される。
今でこそ、関西大倉は、関関同立へ毎年数百名を送り出しますが、私の在学当時は、その十分の一ぐらいでしたね。


それでも、通常の教科の授業では生徒は静かだった。
ただ、音楽や美術になると、とたんに騒がしくなる。
私は音楽を取っていたのですが、当時の音楽の先生は授業の前に、まず「昨日の阪神戦」の話をした。


それもジェスチャー付きで、ある日など先生が縦笛を持ってスイングしたら、先がすっぽ抜けてガラスに当たり、危うく割れそうになりました。
(その日以後、先生は決して笛で素振りをしませんでした)


阪神戦が常にある訳ではありません。
シーズンもあれば、天気もある。
オフシーズンで、授業前に騒がしかったときのこと。
高校生ですから「静かに!」と言って、素直に聞くわけがない。


先生は、「ろ」を持って船をこぐ真似をした。
教室の前の方で、端から端まで、船をこいで往復した。
それは、生徒皆笑います。
笑いが一段落したところで、授業に入ったわけですが、これはもう「技」の域に達していると言っても良いでしょう。


大声も論理も必要ない。
この先生、病気のお母さんを看病しながらの授業で、フットワークが効くように原付で通勤しておられたのですが、悪い生徒が「プラグ」を盗んだりする。
授業で「返せ!返せ!」と言っておられましたけれど、基本、生徒が好きで10代後半の気持ちが分かる良い先生でした。
その時代の関西大倉には、こういう先生が結構おられた。
だからこそ、伸びてきたのでしょう。


人を黙らせるのに「船をこぐ」
一般的に使える方法ではありませんが、間違いなく凄技ですね。
50年生きてきて、これ以上スマートな黙らせ方は、見たことありません。






会社概要

会社名
(有)アムネット
カナ
アムネット
免許番号
大阪府知事免許(4)48126
代表者
西岡 祥富
所在地
5300041
大阪府大阪市北区天神橋4丁目6−25
TEL
代表:06-6355-7077
FAX
代表:06-6355-7088
営業時間
10:00〜19:00
定休日
毎週火曜日
年末年始・夏期・ゴールデンウィーク
最寄駅
大阪環状線天満
徒歩3分
メール送信はこちら
ログイン
 


このページのトップへ