2012/03/23 13:32:43

ファクスを紙で受けている場合ではない件

相当前にもアップした筈ですけれど、いまだにファクスを「紙」で受けている業者さんがおられる。
(着信したファクスの情報が、紙で出てくるということですね)
紙で受ける=「ファクスマシンで受けて、プリントされた物が出てくる」ということですね。
「当たり前だ!」ですか? いえいえ、当たり前ではありません。

最近知り合った売買業者さんも、そうでした。
で、「まいと〜く」を教えてあげた。
これは、ファクスをパソコンで受けて、データはPCに保存される。
そして必要な文書だけを選択して、プリントできるというソフトです。
バージョンを変えながら、もう10年は使っています。

何が良いか?
まずファクスの種類を振り分けられる。
自分で「契約関係」とか「家賃保証審査」、そして「近隣空室」などというフォルダを作って、受信したデータを振り分けることができます。
何もしないと、着順にずーっとデータが並んでいるだけなので、お目当てのデータを取り出すのに、順繰りにクリックしていかなくてはなりませんから、非効率的ですね。
それに、不動産業者には、どうでも良いファクスが多く送られてくる。

とにかく、「必要な分しかプリントしなくて済む」訳ですから、まずトナー代と用紙代が相当浮きます。
また、「大事なファクスが、どこかへ行った!!」ということがなくなる。
1枚の内でも、必要な部分だけを取り出して、自分の所の用紙に貼り付けることもできますし、着信したファクスをそのまま、転送もできる。

家賃保証の審査などでは、プリントしたデータを送ると「文字が潰れる」などの弊害がありますが、着信データをそのまま転送することで、着信時の品質のまま、よそへお届けすることができます。

保管・分別・経費節約・紛失防止と、良いことだらけですね。
私のお店では、ファクス用の回線を2分配し、パソコンとファクスマシンにつないでいます。
着信はパソコンへ、PC不調時はファクスマシンがバックアップ。
まだ「ファクスを紙で受けている」方は、土日にヨドバシへ走るか、ネットですぐに注文するべきでしょう。
「まいと〜く」に限らず、ファクスソフトは色々あります。
ただ、「無料ソフト」を使うのはおすすめできないですね。
事業で使うソフトは、パッケージ品に越したことありませんから。



2012/03/22 18:22:24

年金保険料の強制徴収

国税庁が、年金機構から「滞納保険料徴収の委任」を受けたそうですね。
私の場合、ずーっと社会保険ですが、サラリーマン時代は月額で最高16万円以上、保険料を支払っていました。
今の何倍もの金額ですね。

厚生年金保険に加入しているとはいえ、それは一応「法人組織」となっているだけで、「社員と会社が保険料を折半する」と言っても、一人社長ですから、実際は自分で全部払っているようなものです。
パパママ営業の零細店は、ご同様でしょう。

で、何が頭に来るか?
昨年は一年間で保険料が、2回上がりました。
手軽ですよね?勝手に引き落とせば良いだけだから。
我々の場合、仲介手数料は下がるばかり。
仲介手数料1ヶ月が、いつのまにか(80%とか70%を経ることなく)半月分になってしまった上、賃料は値下がり傾向ですから、1案件あたりの手数料収入は、確実に減っている。

零細家主さんは、もっと悲惨な場合がありますね。
業者は、少なくとも「お金と各種書類」が揃わないと、契約しない。
ですから、店舗で面積をしっかり自分で計算しなかったとか、上下水や電気ガスをよく調べなかったために、トラブルが発生して、損したなど、基本的に自己責任で、無用な賠償や出費がかかることはあります。
が、零細家主さんの場合、家賃を溜められて夜逃げされた部屋は無茶苦茶で、滞納賃料にリフォーム費、物品の処分費用や訴訟費用など「丸損」になるケースが、この頃少なくありません。

どこへ行ったか分からないし、判明してもお金などない。
「強制徴収」など、夢のまた夢ですね。
裁判で勝っても、判決文が残るだけで、お金は全く回収できない。
つくづく「強制徴収」できる組織がうらやましいですね。。。。



2012/03/21 18:51:34

ブログの楽しみと限界

このブログよりも、もっぱらアップしているのはフェースブックですね。
不動産ブログの場合、どうしても同業者さんの役に立つような情報をアップしたいですから、すぐにネタ切れを起こします。
フェイスブックなら、日記代わりですから気楽に記事をアップできる。

楽しいけれども、他人様の目に触れる以上は制約がありますね。
先頃「同窓会」の様子を書いて、集合写真をアップしましたけれど、当時好きだった人も参加していたし、写真も撮らせていただきました。
(二人で写っている分も)
しかし、とてもではありませんがアップできません。

今更どうこうもないのですが、思わぬ迷惑が掛かりそうですから。

それに、「良い話」でなければ名字も出せない。
フルネームなどとんでもない。
その辺りに「限界」を感じますね。
私など、フェイスブックでは素顔をさらしていますが、自分のホームページでもアップしていますし、お店と自宅は所在地も電話番号も違うので、こと店舗に関する限り、詳細な情報を出しています。

「個人レベル」になると、話は別ですね。
ふとした室内の写真から、マンションの号室まで分かる場合がある。
フェイスブックでも、慎重な人は「漢字」の名前ではなくて、アルファベットでだけ表記しておられますが、良いことでしょうね。
特に女性は。

10年ほど前、個人でホームページを作ることが流行し始めた頃、携帯電話番号を含めた全ての情報を公開している方が、何人も何人もおられて、それはそれはびっくりしたものです。
匿名の世界はひたすら「汚い」気がしますけれど、実名の世界は危険が一杯ですから、自分で「線引き」して楽しむことが求められますね。
自分を守るためにも。




会社概要

会社名
(有)アムネット
カナ
アムネット
免許番号
大阪府知事免許(4)48126
代表者
西岡 祥富
所在地
5300041
大阪府大阪市北区天神橋4丁目6−25
TEL
代表:06-6355-7077
FAX
代表:06-6355-7088
営業時間
10:00〜19:00
定休日
毎週火曜日
年末年始・夏期・ゴールデンウィーク
最寄駅
大阪環状線天満
徒歩3分
メール送信はこちら
ログイン
 


1234

このページのトップへ